4297 Movies

大いなる西部 The Big Country (1958)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ドナルド・ハミルトンの短編連載記事”Ambush at Blanco Canyon”を基に、1958年に発表された小説”The Big Country”を基にした、巨匠ウィリアム・ワイラーと主演のグレゴリー・ペックの製作による、ジーン・シモンズチャールトン・ヘストンキャロル・ベイカーバール・アイヴスチャールズ・ビックフォードチャック・コナーズ他共演の西部劇超大作。


西部劇

グレゴリー・ペック / Gregory Peck / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ウィリアム・ワイラー
製作
ウィリアム・ワイラー

グレゴリー・ペック
原作:ドナルド・ハミルトン“Ambush at Blanco Canyon”
脚本
ジェームズ・R・ウェッブ

サイ・バートレット
ロバート・ワイルダー
撮影:フランツ・F・プラナー
編集
ロバート・ベルチャー

ジョン・ハウアー
音楽:ジェローム・モロス

出演
グレゴリー・ペック:ジェームズ・マッケイ
ジーン・シモンズ:ジュリー・マラゴン
チャールトン・ヘストン:スティーヴ・リーチ
キャロル・ベイカー:パトリシア”パット”テリル
バール・アイヴス:ルーファス・ヘネシー
チャールズ・ビックフォード:ヘンリー・テリル少佐
チャック・コナーズ:バック・ヘネシー
アルフォンソ・ベドヤ:ラモン・グィテレス

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1958年製作 166分
公開
北米:1958年10月1日
日本:1958年12月


アカデミー賞 ■
第31回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(バール・アイヴス)
・ノミネート
音楽賞(ドラマ・コメディ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
果てしなく広がる西部の原野を駆ける駅馬車に乗り、東部の船会社の御曹司ジェームズ・マッケイ(グレゴリー・ペック)が、地元の有力者で牧場主のヘンリー・テリル少佐(チャールズ・ビックフォード)の娘パトリシア”パット”(キャロル・ベイカー)と結婚するため、その地を訪れる。

テリルの牧場の牧童頭スティーヴ・リーチ(チャールトン・ヘストン)は、マッケイを迎えに来る。

しかし、パットに思いを寄せるリーチは、育ちの良い優男のマッケイを、軽蔑の眼差しで見ていた。

パットに再会したマッケイは、彼女の親友で教師ジュリー・マラゴン(ジーン・シモンズ )を紹介され、その後、二人はテリルの農場に向かう。

その途中、二人は、テリルと敵対するルーファス・ヘネシー(バール・アイヴス)の息子、バック(チャック・コナーズ)らの嫌がらせに遭う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
東部の船会社の御曹司ジェームズ・マッケイは、大牧場主テリルの娘パットと結婚するため、西部の地に到着する。
テリルの牧場の牧童頭リーチや、彼らと争いを続ける牧場主ヘネシーの息子バックらの、自分への敵意の視線を気にもせず、マッケイはパットとの再会を喜ぶ。
テリルとヘネシーの争いの元である、水場を所有する女教師ジュリーに会ったマッケイは、血で血を洗う争いを、解決させる手段を考えるのだが・・・。
___________

ウィリアム・ワイラーにとっては、「西部の男」(1940)以来18年ぶりの西部劇となるが、そのスケールの大きさと、重厚で奥深い演出で、一級の作品に仕上がってはいる。

第31回アカデミー賞では、助演男優賞(バール・アイヴス)を受賞した。
・ノミネート
音楽賞(ドラマ・コメディ)

まず、アカデミー賞候補にもなった、ジェローム・モロスの主題曲で始まる力強いオープニングで、早くも圧倒されてしまう。

西部に生きる人々の逞しさと頑なな生き様が、大いなる大地に新しい息吹を感じさせるラストも感動的だ。

ジョン・フォード作品のように、詩情豊かな物語の展開から、突然、登場する追跡シーンのスピード感と迫力などとは違う作風も楽しめる。

西部劇の中では、もちろん本作はA級ではあるが、自分を含め、フォード作品への思い入れがある者にとっては、いささか物足りなさも感じる作品でもある。

主演のグレゴリー・ペックは、製作も兼ねているので、多彩な出演者の中でも、群を抜き存在感がある。

正義感が強く実直な役柄は、彼のイメージにぴったりだ。

2年前の「十戒」(1956)、そして翌年公開される「ベン・ハー」(1959)を控え、主演が製作者のグレゴリー・ペックでなければ・・と言いたげな、チャールトン・ヘストンの、恨めしそうな目つきが、役柄とだぶり何とも気になるが、大物らしい貫禄ある演技が印象的だ。

本作のキーポイントとなる、水場の”ビッグ・マディ”の地主で、思慮深く理知的な女性を演じたジーン・シモンズの好演も光る。

対立する両家では、圧倒的な迫力でアカデミー助演賞を受賞した、バール・アイヴスも出色の名演を見せてくれる。

敵役ではあるが、その度胸と潔さは痛快でもある。

また、その息子を演じたチャック・コナーズも、嫌味な役ではあるが、長身を生かし存在感を示している。

牧場主チャールズ・ビックフォードキャロル・ベイカーの頑固な親子も好演してはいるものの、インパクトと迫力で敵親子にかなわなかったというところだろうか。

グレゴリー・ペックに気に入られ、最後まで傍らで行動を共にする、アルフォンソ・ベドヤも、人間味、そして愛嬌のあるメキシコ人役でいい味を出している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020