4296 Movies

スウィンガーズ Swingers (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

恋人と別れ心に傷を負いながら、成功を夢見るコメディアンの仲間達と過ごす日々を描く、監督、撮影ダグ・リーマン、製作、脚本、主演ジョン・ファヴローヴィンス・ヴォーンロン・リヴィングストンヘザー・グレアム他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ダグ・リーマン
製作
ジョン・ファヴロー

ヴィクター・シンプキンス
製作総指揮:ケイリー・ウッズ

脚本:ジョン・ファヴロー
撮影:ダグ・リーマン
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:ジャスティン・ラインハート

出演
マイク・ピーターズ:ジョン・ファヴロー
トレント・ウォーカー:ヴィンス・ヴォーン
ロブ:ロン・リヴィングストン
スー:パトリック・ヴァン・ホーン
チャールズ:アレックス・デザート
ロレイン:ヘザー・グレアム
クリスティ:ディーナ・マーティン
リサ:キャサリン・ケンドール
ニッキ:ブルック・ラングトン

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

1996年製作 96分
公開
北米:1996年10月18日
日本:1997年9月13日
製作費 $200,000
北米興行収入 $4,555,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
成功を夢見てハリウッドに来たコメディアンのマイク・ピーターズ(ジョン・ファヴロー)は、ニューヨークで別れた恋人ミシェルのことが忘れられず、友人ロブ(ロン・リヴィングストン)にそれを相談する。

俳優仲間のトレント・ウォーカー(ヴィンス・ヴォーン)からも励まされたマイクはラスベガスに誘われ、気が進まないまま現地に向かう。

ラスベガス
あっという間にスってしまったマイクだったが、それを気にしないトレントは、ウエイトレスのクリスティ(ディーナ・マーティン)を誘って楽しもうとする。

クリスティと待ち合わせた二人は、彼女の友人リサ(キャサリン・ケンドール)を紹介される。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
成功を夢見てハリウッドに来たコメディアンのマイク・ピーターズは、ニューヨークで別れた恋人のことで悩み、友人のロブに励まされる。
俳優仲間のトレントからラスベガスに誘われたマイクは、気乗りしないままそれに付き合い、あっという間にスってしまう。
その場で出会った女性に、元恋人の件で励まされるものの、心晴れないマイクはロサンゼルスに戻る。
新たな恋を見つけようとしてチャレンジするマイクだったが、それに失敗してさらに落ち込んでしまう。
ロブから、過去を忘れて前向きに生きるよう助言されたマイクは、同じような境遇の魅力的な女性ロレインに出会う・・・。
_________

既に俳優としてキャリアを積んでいたジョン・ファヴローが、初めて製作、脚本を担当して主演した作品で、同世代のダグ・リーマンが監督と撮影を務めた作品。

公開当時はさほど気になる存在でなかったジョン・ファヴローだが、その後に活躍するダグ・リーマンとのコンビということで、今観ると非常に興味深い注目作。

ちょっとした電話の会話なども気が利いている、ジョン・ファヴロー自身が担当した脚本がなかなか見事で、主人公の悩みや歯車の合わない人生の様子が切実に伝わって来る。

各若手スターの個性を生かした、ややナンセンスな描写が実に可笑しいダグ・リーマンの演出は、メリハリを効かせた描写が愉快で、交友関係のコンビネーションの良さがまたいい。

当時を知らないと、痩せているので彼とは分からない別人のようにも思える、悩める主人公を好演するジョン・ファヴロー、鬱陶しい男ではあるが友人を思う、怪演が光るヴィンス・ヴォーン、正統派的助言をする主人公の友人ロン・リヴィングストン、少々荒っぽい友人パトリック・ヴァン・ホーン、友人アレックス・デザート、主人公と意気投合する女性ヘザー・グレアムラスベガスのカジノのウエイトレス、ディーナ・マーティン、その友人キャサリン・ケンドール、主人公がバーで出会う女性ブルック・ラングトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020