4237 Movies

容疑者 Suspect (1987)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

権力の裏に潜む陰謀に巻き込まれながら、障害を持つ依頼人(容疑者)を必死に救おうとする弁護士と、彼女を献身的に支える陪審員との、禁じられた関係と恋愛を絡めた、監督ピーター・イエーツシェールデニス・クエイドリーアム・ニーソン共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・イエーツ
製作:ダニエル・A・シャーコウ
脚本:エリック・ロス
撮影:ビリー・ウィリアムズ
編集:レイ・ラヴジョイ
音楽:マイケル・ケイメン

出演
シェール:キャスリン・ライリー
デニス・クエイド:エディ・サンガー
リーアム・ニーソン:カール・ウェイン・アンダーソン
ジョン・マホーニー:マメシュー・ヘルムズ判事
ジョー・マンテーニャ:チャーリー・ステラ検事
フィリップ・ボスコ:ポール・グレイ司法副長官
E・キャサリン・カー:グレース・コミスキー
フレッド・メラメッド:モティ・ローゼンタール
リチャード・ガント:エヴェレット・ベネット
マイケル・ビーチ:駐車係
ビル・コッブス:フランクリン判事
ジャック・ジェソップ:デイヴィス

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1987年製作 121分
公開
北米:1987年10月23日
日本:1988年5月
北米興行収入 $18,782,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントンD.C.
クリスマス直前に、最高裁判事が謎の自殺を遂げ、彼から封筒を預かった司法省の女性職員の死体も発見される。

その職員の所有物を持っていた、ホームレスのカール・ウェイン・アンダーソン(リーアム・ニーソン)が容疑者として逮捕される。

そして、官選弁護人キャスリン・ライリー(シェール)が、カールの弁護を担当することになる。

刑務所で、何も話そうとしないカールに襲われたキャスリンだったが、彼が失語症であることを知る。

キャスリンは、カールに必死に問いかけるものの彼は心を閉ざしたままだった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
最高裁判事が謎の自殺を遂げ、彼から封筒を預かった司法省の女性職員の死体も発見される。
死亡した職員の所有物を持っていた、ホームレスのカールは、容疑者として逮捕されてしまう。
官選弁護人キャスリン・ライリーが、カールの弁護を担当することになる。
キャサリンの問いかけに、失語症のカールは心を閉ざしていたが、ようやく、ある言葉を黒板に書き、やがて裁判は始まる。
法廷でキャサリンは、検事ステラと激しい論戦を繰り広げ、ロビイストでもあり陪審員のエディが彼女に協力しようとする。
しかし、弁護人と陪審員の接触は禁じられているために、キャサリンは、エディの協力を拒絶するのだが・・・。
__________

ピーター・イエーツの、無駄のない軽快な演出と、どんでん返し的なクライマックスは面白味はあるが、余りにも公然とした、弁護人と陪審員との接触に、いくらドラマとはいえ冷や冷やしてしまう。

結局、犯人のように見せかけられ、殺されることになるホームレスの存在は、いったい何だったのかなど疑問が残る。

何といっても注目は、1980年代に入り、歌手に加え俳優としても活躍し始めたシェールの、演技と魅力に尽きるといってもいい作品で、彼女は直後に公開される「月の輝く夜に」(1987)で、ついにアカデミー主演賞を受賞することになる。

プレイボーイ風のやり手のロビイストを演ずるデニス・クエイドも、突然、改心して弁護人に協力する若者を爽やかな雰囲気で演じている。

キャリアはあったものの、まだ脇役時代のリーアム・ニーソンも若々しく、大柄であり、その風貌などが当時から妙に印象に残った俳優だった。

事件の黒幕で犯人、しかも担当判事という驚きの役を演ずるジョン・マホーニー、主人公と論戦を繰り広げる検事のジョー・マンテーニャ、最後まで犯人だと思わせる司法副長官フィリップ・ボスコ、「ロッキー5」(1990)の派手なプロモーターが印象的なリチャード・ガントが、私立探偵役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020