4238 Movies

スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐 Star Wars: Episode III Revenge of the Sith (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

スター・ウォーズ・シリーズの6作目で、6作中の第3話。
ついに完結するシリーズの最終話で、ジェダイの掟を破りパドメと結婚してしまったアナキンに、ダークサイドのパワーが襲い掛かり、”ダース・ベイダー”になり、共和国は滅び銀河帝国が誕生するまでを描いた作品で、旧三部作に見事に継承されるストーリー展開はファンにはたまらない。
監督ジョージ・ルーカスユアン・マクレガーナタリー・ポートマンサミュエル・L・ジャクソン,ヘイデン・クリステンセン他共演。


SF

ジョージ・ルーカス / George Lucas 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・ルーカス
製作:リック・マッカラム
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
脚本:ジョージ・ルーカス
撮影:デヴィッド・ タッターサル
特撮:ILM
編集
ロジャー・バートン
ベン・バート
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー
パドメ・アミダラ:ナタリー・ポートマン
アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン
ダース・ベイダー:ヘイデン・クリステンセン/ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)
ヨーダ:フランク・オズ
メイス・ウィンドゥ:サミュエル・L・ジャクソン
パルパティーン最高議長/シディアス卿/銀河系皇帝:イアン・マクダーミド
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ
R2-D2:ケニー・ベイカー
ベイル・オーガナ:ジミー・スミッツ
ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス:クリストファー・リー
ヌート・ガンレイ:サイラス・カーソン
コマンダー・コーディ/クローン・トルーパー:テムエラ・モリソン
グリーヴァス将軍:マシュー・ウッド
チューバッカ:ピーター・メイヒュー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2005年製作 140分
公開
北米:2005年5月19日
日本:2005年7月9日
製作費 $113,000,000
北米興行収入 $380,262,560
世界 $848,998,880


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・・。

ついに戦争が始まる!
共和国を襲う、シスの暗黒卿ティラナス/ドゥークー伯爵(クリストファー・リー)。
双方に英雄が生まれ、悪が世を支配した。
ドロイド軍を率いるグリーヴァス将軍(マシュー・ウッド)は、共和国の首都コルサントを奇襲し、パルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)を誘拐した。

分離主義者のドロイド軍が人質を連れ出そうとする頃、二人のジェダイの騎士がその阻止に向かった。
__________

宿敵ドゥークー伯爵を倒し、パルパティーンを救い出したアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)は、戦いで負傷したオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)を連れて脱出を図るが、グリーヴァス将軍に捕らえられてしまう。

しかし、隙を見て攻勢に出たオビ=ワンとアナキンは敵を倒し、グリーヴァス将軍は逃亡するものの、指令船を奪いコルサントに不時着する。

アナキンは、妻パドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)の元に戻り、彼女が妊娠していることを知り、ジェダイの掟を破った不安よりも希望を抱こうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
スター・ウォーズ エピソード1:ファントム・メナス(1999)
スター・ウォーズ エピソード2:クローンの攻撃(2002)
スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐(2005)
スター・ウォーズ エピソード4:新たなる希望(1977)
スター・ウォーズ エピソード5:帝国の逆襲(1980)
スター・ウォーズ エピソード6:ジェダイの帰還(1983)
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)

*(簡略ストー リー)
クローン戦争が始まり、暗黒卿ティラナス/ドゥークー伯爵に誘拐されたパルパティーン最高議長を、ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーが救出する。
負傷したオビ=ワン・ケノービと共に、銀河帝国の首都コルサントに戻ったアナキンは、妻パドメが、出産で命を落とす悪夢を見てしまう。
パルパティーンの不穏な行動と、彼に接近するアナキンに、ジェダイ評議会のヨーダやメイス・ウィンドゥ、そしてオビ=ワンは警戒する。
そして、シスのシディアス卿と化したパルパティーンは、アナキンの心理を巧みに操りながら、彼ダークサイドに引き込んでいく・・・。
__________

旧作の最大の敵”ダース・ベイダー”登場ということもあり、前作で落ち込んだ興行収入はE1に迫る大ヒットを記録した。

製作費 $113,000,000
北米興行収入 $380,262,560
世界 $848,998,880

第78回アカデミー賞では、メイクアップ賞にノミネートされた。

主演のユアン・マクレガーは、地味ではあるが堅実なジェダイ・マスターを好演しているが、前作に続きラジー賞を受賞してしまったヘイデン・クリステンセンの存在が、シリーズ最大のキャラクター”ダース・ベイダー”へと変貌していく役柄のインパクトに欠けている。

非の打ち所が無いハンサムボーイは、この作品には似合わないキャラクターで、ルークやハン・ソロなど、平民に近い雰囲気の者達が底知れぬパワーを発揮するところがこのシリーズの魅力であり、何もしなくてもスーパーマンのように見える登場人物には魅力を感じない。

子供達を、オビ=ワンに託しながら息を引き取るナタリー・ポートマンは、妊婦でもあり、今回は控えめな演技でもの悲しい役柄だ。

前作に続き、CG化されてから見事な戦い振りを見せるヨーダ(フランク・オズ)、そして、サミュエル・L・ジャクソンは、ダークサイドに屈したアナキンに命を奪われてしまう。

前2作で徐々に変貌を遂げてきた、銀河帝国皇帝となり、宇宙の支配者となることを企むイアン・マクダーミドは、圧倒的な存在感を見せる。

これまでの記憶を消去される、C-3POアンソニー・ダニエルズとR2-D2ケニー・ベイカー、後のレイア姫、パドメの子供を引き取る元老院議員ジミー・スミッツ、前作であれほど強力なパワーを見せ付けながら、今回はあっけなく倒されるクリストファー・リー、ドロイド軍を率いる将軍のマシュー・ウッド、 通商連合総督サイラス・カーソン、クローン軍団の指揮官テムエラ・モリソン、そして旧作の人気者、チューバッカのピーター・メイヒューなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020