4240 Movies

ソイレント・グリーン Soylent Green (1973)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

SF作家ハリー・ハリスンが、1966年に発表した小説”Make Room! Make Room!”(人間がいっぱい)を基に製作された作品。
人口増加問題による食糧政策の秘密を描く、監督リチャード・フライシャー、主演チャールトン・ヘストンエドワード・G・ロビンソンチャック・コナーズジョゼフ・コットン共演によるSFサスペンス。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・フライシャー
製作
ウォルター・セルツァー
ラッセル・サッチャー
原作:ハリー・ハリスン
『人間がいっぱい』”Make Room! Make Room!”(1966)
脚本:スタンリー・R・グリーンバーグ
撮影:リチャード・H・クライン
編集:サミュエル・E・ビートリー
音楽:フレッド・マイロー

出演
チャールトン・ヘストン:ロバート・ソーン
エドワード・G・ロビンソン:ソル・ロス
チャック・コナーズ:タブ・フィールディング
ジョゼフ・コットン:ウィリアム・R・サイモンソン
リー・テイラー=ヤング:シャール
ブロック・ピーターズ:ハッチャー
ウィット・ビッセル:サンティーニ知事
ロイ・ジェンソン:ドノヴァン
スティーブン・ヤング:ギルバート
ポーラ・ケリー:マーサ
リンカーン・キルパトリック:神父

アメリカ 映画
配給 MGM
1973年製作 97分
公開
北米:1973年5月9日
日本:1973年6月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2022年、ニューヨーク、人口4000万人。
人口増加による食料不足で、一部の裕福層を除き、市民は、週一回の食料配給で、何とか生き延びている状況だった。

この食料を供給するソイレント社は、材料のプランクトンの減少により、新製品ソイレント・グリーンを開発した。

しかし、品不足から、配給を待つ市民の不満は暴動になりかねない状態だった。

刑事ロバート・ソーン(チャールトン・ヘストン)は、元大学教授で、アドバイザーでもある老人ソル・ロス(エドワード・G・ロビンソン)と暮らしていた。

ある日、ソイレント社の幹部ウィリアム・R・サイモンソン(ジョゼフ・コットン)が、ドノヴァン(ロイ・ジェンソン)に指示を受けた、ギルバート(スティーブン・ヤング)という青年に殺害される事件が起き、それをソーンが担当することになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2022年。
人口増加による世界の食料不足が深刻化して、食料供給会社ソイレント社は、プランクトンなどの減少もあり、新製品”ソイレント・グリーン”を開発した。
そんな時、ソイレント社の幹部サイモンソンが殺害される事件が起きる。
事件の担当刑事ロバート・ソーンは、同居する老人で、元大学教授のアオバイザーのロスの協力で捜査を始める。
事件の背後に、大きな陰謀が隠されていることを察知したソーンは、サイモンソンのボディーガードだったタブを疑い調査を始める。
自分自身も尾行され、捜査打ち切りを言い渡されたソーンは命を狙われる。
そして、協力者ロスは、サイモンソン殺害に関係する、恐ろしい真実を知り絶望する・・・。
__________

希望もない未来に不安を感じながらも、必死で生き抜こうとする刑事と、絶望して自ら死を選ぶ老人、現実を知った二人の苦悩を含め、リチャード・フライシャーは、単なるSFアクションとしてでなく、友情や悲哀もストレートに描いている。

公開当時から50年後に、人口増加で食糧難が起きるという、1970年代前半に考えても、かなり現実味のある内容が話題を呼んだSF作品でもある。

住まい、仕事、食料、全てが不足し、その生活に疲弊しきった住民の苦悩が見事に描かれ、そんな中で逞しく生き抜く刑事役をチャールトン・ヘストンは熱演している。

彼とは、かつて「十戒」(1956)で共演しているエドワード・G・ロビンソンの、全てを悟り、自ら現実と別れを告げようとする博学の老人役は、本作のテーマを象徴した名演で、ドラマに深みを与えている。

残念ながら、本作は、公開を待たずに亡くなった彼の遺作にもなった。

彼が、安楽死を希望しホームに向かい、ベートーヴェンの「田園」を聞きながら、目の前に映し出される、かつての大自然の風景を見るシーンは印象的で、生き抜く価値のない世界だと悟った老人なら、死を選ぶだろうという気持ちが切実に伝わってくる。

冒頭で殺害されてしまい、やや物足りなさを感じる、事件の要になる人物で登場するジョゼフ・コットンも、懐かしい顔を見せてくれる。

こちらも「大いなる西部」(1958)でチャールトン・ヘストンと共演した、凄みや体力で彼を上回るチャック・コナーズも、インパクトある役柄で登場する。

サイモンソン(J・コットン)の世話係として豪邸に滞在するリー・テイラー=ヤング、主人公の上司ブロック・ピーターズ、州知事のウィット・ビッセル、その部下ロイ・ジェンソン、殺し屋のスティーブン・ヤング、タブ(C・コナーズ)の同棲相手ポーラ・ケリー、真実を知ってしまう神父リンカーン・キルパトリックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020