4213 Movies

アンコール!! Song for Marion (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

気難しい老人が、愛する妻の唯一の楽しみだった合唱を通して、周囲の人々との親交や不仲の息子との絆を取り戻すまでを描く、主演テレンス・スタンプヴァネッサ・レッドグレイヴジェマ・アータートンクリストファー・エクルストン他共演、監督、脚本ポール・アンドリュー・ウィリアムズによるドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
製作
ケン・マーシャル

フィリップ・モロス
製作総指揮
アリステア・ロス

タラ・モロス
クリスティアン・アンガーマイヤー
マルク・ハンゼル
ジュディ・トッセル
ティム・スミス
ポール・ブレット
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
撮影:カルロス・カタラン
編集:ダン・ファレル
音楽:ローラ・ロッシ
主題歌:セリーヌ・ディオン”Unfinished Songs”

出演
アーサー・ハリス:テレンス・スタンプ
マリオン・ハリス:ヴァネッサ・レッドグレイヴ
エリザベス:ジェマ・アータートン
ジェームズ・ハリス:クリストファー・エクルストン
ブレンダ:アン・リード
スティーヴン:ジャメイン・ハンター
医師:カリータ・レインフォード
チャーリー:ラム・ジョン・ホルダー

イギリス/ドイツ 映画
配給
Entertainment One

ワインスタイン・カンパニー
2012年製作 93分
公開
イギリス:2013年2月22日
ドイツ:2013年3月14日
北米:2013年6月21日
日本:2013年6月28日
北米興行収入 $1,702,670
世界 $7,041,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
無口で気難しいアーサー・ハリス(テレンス・スタンプ)は、近所でも頑固者で通っていたが、妻マリオン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)にだけは優しく接していた。

マリオンは、病弱ではあったものの陽気な性格で、公民館でレッスンをする合唱団で歌うことを楽しみにしていた。

アーサーは、息子のジェームズ(クリストファー・エクルストン)との仲もしっくりいっていなかった。

合唱団のレッスン担当のエリザベス(ジェマ・アータートン)は、グループの名前を”OAPZ”(老齢年金受給者)に決める。

アーサーが、合唱コンクールへの参加を否定的に考えているため、エリザベスは理解を求める。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
無口で気難しい老人アーサー・ハリスは、唯一、病弱の妻マリオンだけには優しく接していた。
マリオンは陽気な性格で、公民館で合唱団のレッスンを受けることを楽しみにしていた。
アーサーは、息子のジェームズともしっくりいかない仲で、当然、合唱団にも興味はなかった。
そんなアーサーは、倒れたマリオンが、検査の結果、癌の再発と余命短いことを知らされる。
マリオンがいない人生が考えられないアーサーは気持ちが沈む一方で、合唱のレッスンを担当するエリザベスに心を開きかけるのだが・・・。
__________

監督のポール・アンドリュー・ウィリアムズが、家族の体験を基にしてストーリーを書き上げ脚本も担当している。

イギリスのベテラン俳優で、共に70歳を過ぎたテレンス・スタンプヴァネッサ・レッドグレイヴが夫婦を演じる味わい深い感動のドラマであり、現在でも精力的に活動を続ける二人に、まず拍手を贈りたい。

頑固な老人や張り切る老人、親子の溝の修復などは見慣れた内容ではあるが、やはり、主人公二人の重厚な演技により引き込まれるものがある。

恐れていた現実が訪れる妻の死は中盤であるため、その後、残された夫がどう生きていくのか、また、息子を拒絶してしまった主人公の苦悩など、後半は重々しい雰囲気で展開する。

それがメインのドラマではないため、コンサートの模様は意外にもあっさりと描かれている。親子の和解が、直接的ではなく心を開いた老人の安堵の様子で描かれる映像、そしてそのラストもシンプルで実に心地よい雰囲気で終わる。

主人公二人にとっては孫の世代となる、合唱のレッスン担当者を好演するジェマ・アータートン、主人公と和解することができる息子クリストファー・エクルストン、合唱団のメンバー、アン・リードラム・ジョン・ホルダー、医師役のカリータ・レインフォードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020