4511 Movies

青春の輝き School Ties (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

フットボールの奨学生として名門校に編入しながら偏見に遭うユダヤ人少年の苦悩を描く、監督ロバート・マンデル、主演ブレンダン・フレイザーマット・デイモンクリス・オドネルコール・ハウザーベン・アフレック他共演のドラマ。


ドラマ

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・マンデル
製作
スタンリー・R・ジャッフェ

シェリー・ランシング
製作総指揮:ダントン・リスナー
脚本
ディック・ウルフ

ダリル・ポニクサン
撮影:フレディ・フランシス
編集
ジャクリーン・キャンバス
ジェラルド・B・グリーンバーグ

音楽:モーリス・ジャール

出演
デヴィッド・グリーン:ブレンダン・フレイザー

チャーリー・ディロン:マット・デイモン
クリス・リース:クリス・オドネル
リップ・ヴァン・ケルト:ランダル・バティンコフ
ジャック・コナーズ:コール・ハウザー
チェスティ・スミス:ベン・アフレック
リチャード”マクグー”コリンズ:アンソニー・ラップ
”マック”マクギヴァン:アンドリュー・ロワリー
サリー・ウィーラー:エイミー・ロケイン
バートラム:ピーター・ドナット
クリアリー:ジェリコ・イヴァネク
マクデヴィット:ケヴィン・タイ
ギーラッシュ:マイケル・ヒギンズ
アラン・グリーン:エド・ローター

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1992年製作 106分
公開
北米:1992年9月18日
日本:1993年5月8日
北米興行収入 $14,715,070


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1950年代半ば、ペンシルベニア州、スクラントン
労働者階級の家庭で育ったユダヤ人デヴィッド・グリーン(ブレンダン・フレイザー)は、フットボールの奨学生としてマサチューセッツ州の、国内屈指の大学予備校である名門”セント・マシューズ”高校に編入することになる。

ユダヤ人であることをからかわれて喧嘩をしてしまったデヴィッドは、父アラン(エド・ローター)に軽率な行為を批判される。

この町から出てハーバード大学を目指す夢のために、我慢する必要があることをアランはデヴィッドに語る。

そしてデヴィッドは、アランそして妹と弟に見送られて旅立つ。

フットボール部のコーチ、マクデヴィット(ケヴィン・タイ)に迎えられたデヴィッドは、故郷とは全く雰囲気が違う高校の様子に驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1950年代半ば。
労働者階級の家庭で育ったユダヤ人デヴィッド・グリーンは、フットボールの奨学生としてマサチューセッツ州の大学予備校である名門”セント・マシューズ”高校に編入することになる。
ルームメイトのクリスや同じチームのチャーリーらに歓迎されたデヴィッドは、上流階級で育った者達の中で、ユダヤ人であることを隠した方が得策だと考える。
そんなデヴィッドは、チャーリーのポジションだった正クォーターバックを任されて大活躍し、彼の幼馴染だったサリーとも惹かれ合うようになる。
嫉妬したチャーリーは、デヴィッドがユダヤ人であることを知り、それを仲間達に伝えてしまう。
その後、クラスメイトの自分に対する偏見に遭うデヴィッドの苦悩の日々は続き、サリーまで態度を一変させる・・・。__________

労働者階級の家庭で育った少年が、場違いとも言える名門校で、階級社会の問題に苦悩する姿を描くだけでなく、アメリカ社会に根付くユダヤ人への偏見を大きなテーマにした問題作でもある。

階級社会に絡む人種問題が題材のため、それが高校内で大きな事件になるという後半は、悲壮感も漂う重々しい雰囲気の展開となり、ラストもやや後味が悪い。

公開当時はさほど注目された作品ではないが、その後、ハリウッドを代表するスターとなる若手スター競演が注目の作品。

そんな中で、卑劣な富豪の息子を演ずる、非常に嫌な役柄ではあるがマット・デイモンの演技が印象に残る。

マット・デイモンとは、5年後に「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)で共演と脚本を共に担当して脚光を浴びるベン・アフレックは、同僚学生を演じている程度で、同じく同作で共演したコール・ハウザーが重要な役を演ずるのだが、撮影当時16歳とは思えない。

学業優秀でスポーツでも活躍しながら、人種問題で苦悩する主人公を好演するブレンダン・フレイザー、主人公を偏見の目で見ないルームメイトのクリス・オドネル、同じく主人公を擁護する学生ランダル・バティンコフユダヤ人を毛嫌いするアンソニー・ラップフランス語教師ジェリコ・イヴァネクのプレッシャーに耐えきれずに正気を失うアンドリュー・ロワリー、主人公と親交を深める良家の子女エイミー・ロケイン、学校長ピーター・ドナット、フットボール部コーチ、ケヴィン・タイ、歴史教師マイケル・ヒギンズ、主人公の父親エド・ローターなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021