5166 Movies

最終絶叫計画5 Scary Movie 5 (2013)

ホラー・ムービーなどのパロディをベースにしたシリーズの5作目。
チャーリー・シーンの3人の子供を引き取った弟夫婦に襲いかかる恐怖を描く、監督マルコム・D・リー、出演アシュリー・ティスデイルサイモン・レックスエリカ・アッシュチャーリー・シーンリンジー・ローハン他共演のコメディ・ホラー。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


コメディ


スタッフ キャスト
監督:マルコム・D・リー
製作
デヴィッド・ザッカー
フィル・ドーンフェルド
原作(キャラクター)
ショーン・ウェイアンズ
マーロン・ウェイアンズ
バディ・ジョンソン
フィル・ボーマン
ジェイソン・フリードバーグ
アーロン・セルツァー
脚本
デヴィッド・ザッカー
パット・プロフト
撮影:スティーブン・ダグラス・スミス
編集:サム・セイグ
音楽:ジェームズ・L・ヴェナブル

出演
ジョディ・サンダース:アシュリー・ティスデイル
ダン・サンダース:サイモン・レックス
ケンドラ・ブルックス:エリカ・アッシュ
キャシー:グレイシー・ホイットン 子供
リリー:エヴァ・コルカー 子供 エイダ
マリア:リディア・ポルト
本人:チャーリー・シーン
本人:リンジー・ローハン
マーティン:テリー・クルーズ
ブルックス夫人:ジャスミン・ガイ
ホール博士:ダレル・ハモンド
バーバラ:ヘザー・ロックリア
ピエール:JP・マヌー
ダンドル:マック・ミラー
ミア:サラ・ハイランド
デヴィッド:タイラー・ポージー
エリック:シャッド”バウ・ワウ”モス
ナタリー:カトリーナ・ボーデン
クリスチャン・グレイ:ジェリー・オコンネル
ヘザー・ダーシー:モリー・シャノン
ジャ・マーカス:スヌープ・ドッグ
本人:マイク・タイソン
アイラ:アッシャー 用務員
ドム・コブ:ベン・コーニッシュ
モル・コブ:ケイト・ウォルシュ
ブレイン・フルダ:カット・ウィリアムズ
ブルックス:リル・デュヴァル
ケンドラのいとこ:アンジー・ストーン
メイベル”マデア”シモンズ:ルイス・トンプソン
本人:ビッグ・アン
本人:シェリー・ホイットフィールド
ナレーター(声)/シーザー(声):ジョシュ・ロバート・トンプソン
シーザー:クリストファー・アントヌッチ

アメリカ 映画
配給 ディメンション・フィルムズ
2013年製作 86分
公開
北米:2013年4月12日
日本:未公開
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $32,015,790
世界 $78,378,740


ストーリー
チャーリー・シーンは、リンジー・ローハンを部屋に呼び、20台以上のカメラを設置して、セックステープをつくるために撮影を始めようとする。
2人は、様々なことをして楽しむが、人影が見えた後、超常現象が起き、何かにとり憑かれたリンジー・ローハンチャーリー・シーンを殺す
チャーリー・シーンの遺体はその日に発見されたが、3人の子供が行方不明のままで、リンジー・ローハンは逮捕され、子供たちの捜索に報奨金が出された。
数か月後、カリフォルニア州、ハンボルト郡
ジャ・マーカス(スヌープ・ドッグ)とダンドル(マック・ミラー)は、森を歩き大麻を探していた。
その後、2人はある小屋に向かい、奇妙な姿の子供に気づき発砲する。
子供たちが行方不明のチャーリー・シーンの子供であることが分かったジャ・マーカスとダンドルは、報奨金目当てで3人を捕らえる。
野生化した子供たちキャシー(グレイシー・ホイットン)、リリー(エヴァ・コルカー)、エイダは、家族の保護下で生活できると判断されるまで、児童発達研究センターで3か月間隔離された。
センターに向かったチャーリー・シーンの弟ダン・サンダース(サイモン・レックス)と妻ジョディ(アシュリー・ティスデイル)は、ホール博士(ダレル・ハモンド)の説明を受ける。
ジョディは気乗りしなかったものの、監視カメラが設置された郊外の大きな家に住むことを条件に、ダンは彼女を説得して3人を引き取るのだが・・・。


解説 評価 感想

参考:
・「最終絶叫計画」(2000)
・「最’新’絶叫計画」(2001)
・「最’狂’絶叫計画」(2003)
・「最終絶叫計画4」(2006)
・「最終絶叫計画5」(2013)

ホラー・ムービーなどのパロディをベースにしたシリーズの5作目。

コメディを得意とするマルコム・D・リーが監督し、出演はアシュリー・ティスデイルサイモン・レックスエリカ・アッシュチャーリー・シーンリンジー・ローハンなどが共演した作品。

チャーリー・シーンの3人の子供を引き取った弟夫婦に襲いかかる恐怖を描くコメディ・ホラー。

いつものように、ホラー・ムービーをはじめとした話題作のパロディなのだが、内容が下品で見るに堪えないシーンもあり、批評家、一般からは酷評され、興行収入も、前作の半分以下に激減した。
北米興行収入 $32,015,790
世界 $78,378,740

チャーリー・シーンの子供たちを引き取る弟夫婦サイモン・レックスアシュリー・ティスデイル、彼女のバレエ仲間エリカ・アッシュチャーリー・シーンの野生化した子供たちグレイシー・ホイットン、エヴァ・コルカー、弟夫婦のメイド、リディア・ポルト、チャーリー・シーンとセックステープを撮るリンジー・ローハン、ダン(サイモン・レックス)の上司テリー・クルーズ、ケンドラ(エリカ・アッシュ)の母親ジャスミン・ガイ、児童発達研究センターの医師ダレル・ハモンド、ジョディの母親ヘザー・ロックリア、バレエのコーチ、JP・マヌー、子供たちを発見するマック・ミラースヌープ・ドッグ、「死霊のはらわた」(2013)の登場人物ミアのサラ・ハイランド、デヴィッドのタイラー・ポージー、エリックのシャッド”バウ・ワウ”モス、ナタリーのカトリーナ・ボーデン、”フィフティ・シェイズ”の登場人物クリスチャン・グレイのジェリー・オコンネル、バレリーナのモリー・シャノン、本人役でマイク・タイソン、用務員のアッシャー、「インセプション」(2010)の登場人物ドム・コブのベン・コーニッシュ、モル・コブのケイト・ウォルシュ、霊能者のカット・ウィリアムズ、ケンドラの弟リル・デュヴァル、そのいとこアンジー・ストーン、メイベル”マデア”シモンズのルイス・トンプソン、本人のビッグ・アン、ナレーターとチンパンジーの/シーザー(声):ジョシュ・ロバート・トンプソン、シーザーのクリストファー・アントヌッチなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022