4237 Movies

オレゴン魂 Rooster Cogburn (1975)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジョン・ウェインアカデミー主演賞を受賞した「勇気ある追跡」(1969)の主人公”ルースター・コグバーン”が登場する続編と言える作品。
製作ハル・B・ウォリス、監督スチュアート・ミラー、主演ジョン・ウェイン、そして大女優キャサリン・ヘプバーンが共演した西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:スチュアート・ミラー
製作:ハル・B・ウォリス
脚本:マーティン・ジュリアン
撮影:ハリー・ストラドリングJr.
編集:ロバート・スウィンク
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:ローレンス・ローゼンタール

出演
ジョン・ウェイン:ルーベン・J“ルースター”コグバーン
キャサリン・ヘプバーン:ユーラ・グッドナイト
リチャード・ジョーダン:ホーク
アンソニー・ザーブ:ブリード
ジョン・マッキンタイア:パーカー判事
ストローザー・マーティン:シャンハイ・マッコイ
ポール・コスロ:ルーク
リチャード・ロマンチート:ウルフ
ジャック・コーヴィン:レッド
レイン・スミス:リロイ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1975年製作 107分
公開
北米:1975年10月17日
日本:1976年10月30日
北米興行収入 $8,022,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
連邦保安官ルーベン・J“ルースター”コグバーン(ジョン・ウェイン)の行き過ぎた行動を非難するパーカー判事(ジョン・マッキンタイア)は、彼からバッジを取りあげてしまう。

同じ頃、無法者ホーク(リチャード・ジョーダン)は、道案内役のブリード(アンソニー・ザーブ)ら仲間と共謀して、軍のニトログリセリンを奪い金と交換する計画を実行する。

その事件の知らせを受け、パーカー判事は、手のひらを返したように、犯人一味のブリードと、かつて親交のあったルースターに、ホークらの追跡逮捕を依頼する。

報奨金2000ドルと、倍額の退職金や終身保安官の地位保証を条件に、ルースターはそれを快諾する。

ホークは、休息のために、伝道活動をする牧師親子の元を訪ねる。

牧師の娘ユーラ(キャサリン・ヘプバーン)を脅すホークだったが、彼女は動ずることなく毅然とした態度で対応する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

同じ1907年5月生まれの大スターの二人、ジョン・ウェインキャサリン・ヘプバーンが共演した痛快西部劇。*キャサリン・ヘプバーンが2週間年上。

*(簡略ストー リー)
軍のニトログリセリンが、無法者ホーク一味に奪われる事件が起きる。
行過ぎた行動でパーカー判事にバッジを奪われていた連邦保安官ルースター・コグバーンは、一味を追うため復職を許される。
ホークに父を殺された伝道師ユーラと先住民ウルフを保護したルースターは、ホーク一味の追跡に単独で向かう。
しかし、無法者を許せないユーラは、ウルフを連れてルースターに同行しようとする。
ルースターは、ユーラの説教じみた言動に梃子摺りながらも、ニトログリセリンを奪い返す。
しかし、ホークらは、執拗にルースターらを追う・・・。
__________

既に正統派西部劇が作られなくなっていた1970年代半ばに、これだけの雰囲気の西部劇を世に出せたのは、やはりジョン・ウェインの長年のキャリアの賜物だろう。

翌年の遺作「ラスト・シューティスト」(1976)では、痛々しくて見るに耐えないシーンが多かったウェインだが、本作では、傍若無人で豪放磊落な主人公を豪快に演じ、実にウェインらしい作品になっている。

キャサリン・ヘプバーンの細身で華奢な体とウェインの巨体の対比、自分の主張を通そうと、一歩も引かない二人のやり取りがコミカルに描かれ、両者共に楽しそうに演じているのが感じ取れる。

既に3回のアカデミー主演を受賞していたキャサリン・ヘプバーンは、この6年後に「黄昏」(1981)で4度目の受賞を果たすことになり、70歳手前にして、その”マシンガン・トーク”も冴え渡り、説得力ある見事な演技を見せてくれる。

聖職者でありながら、イデス・ヘッドの衣装をお洒落に着こなす姿も注目だ。

疲れた彼女をウェインがマッサージする、ほのぼのしたシーンも印象に残る。

ウェインの勇気や愛すべき人柄を、称えながら去っていくラストもなかなかいい。

ラスト・シューティスト」(1976)は未公開になりかけて、ウェイン死亡と同時に公開された経緯があったが、本作も日本公開が危ぶまれ、北米公開から1年遅れの公開になった。

当時、その劇場公開を心待ちにしていた私は、オープニングで、スクリーンに”JOHN WAYNE”と映し出されるクレジットを見ただけで、涙が溢れ出たことを、今でも鮮明に覚えている。

ローレンス・ローゼンタールの軽快かつ勇ましい音楽も心に残る。

無法者のリーダー、リチャード・ジョーダン、その一味だがルースターに恩があり、彼らを助けるアンソニー・ザーブ、判事ジョン・マッキンタイア、ルースターにいかだを強引に持っていかれる「勇気ある追跡」(1969)でも違う役で登場したストローザー・マーティン、悪党一味のポール・コスロ、ルースターに憧れる先住民の少年リチャード・ロマンチート、そしてまだ若いレイン・スミスも、悪党一味の端役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020