4213 Movies

ライジング・サン Rising Sun (1993)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1992年に発表された、マイケル・クライトン同名小説を基に製作された作品。
アメリカ企業を買収した日本の大企業で起きた殺人事件の裏に隠された陰謀を描く、監督、脚本フィリップ・カウフマン、製作総指揮、主演ショーン・コネリーウェズリー・スナイプスハーヴェイ・カイテルマコ岩松他共演で描くサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:フィリップ・カウフマン
製作総指揮:ショーン・コネリー
製作:ピーター・カウフマン
原作:マイケル・クライトン
脚本
マイケル・クライトン

フィリップ・カウフマン
マイケル・バックス
撮影:マイケル・チャップマン
編集
ステファン・A・ロッター

ウィリアム・S・シャーフ
音楽:武満徹

出演
ジョン・コナー:ショーン・コネリー

ウェップ・スミス:ウェズリー・スナイプス
トム・グレアム:ハーヴェイ・カイテル
エディ・サカムラ:ケイリー=ヒロユキ・タガワ
ボブ・リッチモンド:ケヴィン・アンダーソン
ヨシダ:マコ岩松
ジョン・モートン上院議員:レイ・ワイズ
イシハラ:スタン・エギ
フィリップス:スタン・ショー
ジンゴ・アサクマ:ティア・カレル
タナカ:クライド・クサツ
ウィリー”ザ・ウィーゼル”ウィルヘルム:スティーヴ・ブシェミ
シェリル・リン・オースティン:タチアナ・パティッツ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1993年製作 130分
公開
北米:1993年7月30日
日本:1993年11月6日
製作費 $15,100,000
北米興行収入 $63,095,270
世界 $107,198,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
日本の大企業”ナカモト”が、アメリカの”マイクロコン”に買収を仕掛けていた。

ジョン・モートン上院議員(レイ・ワイズ)をはじめ議会は、”マイクロコン”が軍事開発企業だけに、売却に反対する意思を表明していた。

そんな中、”ナカモト”の超高層ビル落成記念パーティーが開かれる。

市長をはじめ名士が集まり、盛大なパーティーが開かれる中、シェリル・リン・オースティン(タチアナ・パティッツ)というコールガールが会議室で遺体で見つかる。

ロサンゼルス市警のトム・グレアム警部補(ハーヴェイ・カイテル)は、同僚のウェップ・スミス警部補(ウェズリー・スナイプス)をナカモト・ビルに呼び出す。

スミスはビルに向かう途中、日本通であるベテラン警部ジョン・コナー(ショーン・コネリー)を拾い現場に向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

前月に公開された「ジュラシック・パーク」(1993)に続き、翌年の「ディスクロージャー」(1994)と、マイケル・クライトン作品は、立て続けに映画化され話題となった。

*(簡略ストー リー)
アメリカ企業の買収に動いていた日本の大企業ナカモト社屋ビル完成披露のパーティーの夜、会議室で、コールガールの他殺体が見つかる。
日本に対して偏見を持つ現場担当の警部補グレアムは、同僚のスミスと日本通である警部ジョン・コナーとで捜査を始める。
しかし、ナカモト側は関与を否定し、コナーは、日本人の心を読みながら、冷静な捜査を始める。
やがて、日本の”系列”企業の対立が、事件の裏に隠されていることが分かるのだが・・・。
__________

バブル時にアメリカ進出ラッシュとなった日本企業を皮肉ったのか、その実態を見事に描いた作品などと、公開前には評判になったのだが、内容を見た殆どの日本人は絶句したというほど、一部日系人及び企業からも猛烈な批判を浴びた作品でもある。

前評判ほどの興行成績は残せなかったものの、それでも、全世界トータルで1億ドルは突破した。

北米興行収入 $63,095,270
世界 $107,198,800

まるで、エイリアンのように描写される日本人の性格や習慣、これだけ長きに渡り付き合っていても、この程度の認識しかされずに、それを、ハリウッドのメジャー作品として全世界に発信さされてしまうことを、情けなく感じたのは自分だけではないはずだ。

日本人スタッフが参加していないのかと思うほど、頭を傾げたくなる場面の連続で、日系企業名”ハマグリ”には呆れて言葉が出ない。

殺人に関る者も見当がついてしまう展開など、サスペンスとしての緊迫感も感じられない、フィリップ・カウフマンの演出にしては荒差が目立ち平凡な作品だ。

とは言うものの、その辺りはさて置き、”異文化交流”を推進する日本通の警部を演じたショーン・コネリーの円熟の演技は、期待程ではなかったものの、たどたどしい日本語も彼なら許せるとかいう、貫禄と渋さを見せてはくれる。

得意のアクションシーンも、やや抑え気味のウェズリー・スナイプスは、”先輩”警部の言動に感化されていく警部補を無難に演じてはいる。

彼にしては少々重みのない役柄で、終盤姿を消してしまうのが残念な警部補ハーヴェイ・カイテル、悪党でありながら、クライマックスで警官に仁義を果たす、日系企業の重役の息子ケイリー=ヒロユキ・タガワ、殺人犯である企業合併の仲介役の弁護士ケヴィン・アンダーソン、当時は日本人俳優と言えばこの人しかいなかった、日本企業社長のマコ岩松、その補佐役で、混乱を招くスタン・エギ、ビルの警備担当スタン・ショー、主任のクライド・クサツ、ディスクの解析をするティア・カレル、事件に巻き込まれる上院議員レイ・ワイズ、新聞記者スティーヴ・ブシェミ、そして被害者タチアナ・パティッツなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020