4296 Movies

リッチー・リッチ Richie Rich (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

世界一の資産家の御曹司が、普通の子供のようになりたい願望に悩みながら父の事業を乗っ取ろうとする悪党に対し子供達の知恵で戦うという、監督ドナルド・ペトリーマコーレー・カルキン主演の痛快キッズ・ムービー。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ドナルド・ペトリー
製作総指揮
ダン・コルスルッド
ジョー・ビレラ
ジョン・シャンピロ
製作
ジョエル・シルバー
ジョン・デイヴィス
原作:ニール・トルキン
脚本
トム・S・パーカー
ジム・ジェニウィン

撮影:ドン・バージェス
編集:マルコム・キャンベル

音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
リッチー・リッチ:マコーレー・カルキン
リチャード・リッチ:エドワード・ハーマン
レジーナ・リッチ:クリスティン・エバソール
ローレンス・ヴァンドー:ジョン・ラロケット
ハーバート・アーサー・ランシブル・キャドベリー:ジョナサン・ハイド
ダイアン・パジンスキ:マリアンジェラ・ピノ

グローリア・パジンスキ:ステフィ・ラインバーグ
キーンビーン教授:マイケル・マクシェイン
ファーガソン:チェルシー・ロス
エアロビクス・インストラクター:クラウディア・シファー
本人:レジー・ジャクソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1994年製作 94分
公開
北米:1994年12月21日
日本:1995年3月
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $38,087,760


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
世界一の資産家リチャード・リッチ(エドワード・ハーマン)と妻レジーナ(クリスティン・エバソール)の間に、待望の男の子リッチー(マコーレー・カルキン)が生まれる。

生まれた時から、企業家の父リチャードの経営哲学を叩き込まれつつ、リッチーは何不自由なく伸び伸び育つ。

執事ハーバート・アーサー・ランシブル・キャドベリー(ジョナサン・ハイド)の監視の下、大人のような行事にも参加させられていたリッチーは、次第に普通の子供らしい生活に憧れるようになる。

リッチーの楽しみは、一家のお抱え発明家キーンビーン教授(マイケル・マクシェイン)との研究くらいしかなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

世界一の資産家であるリチャード・リッチと妻レジーナの一人息子リッチーは、当然のことながら、何不自由ない暮らしをしていた。
しかし、リッチーは企業家リチャードの経営哲学を叩き込まれ、子供らしい生活も出来ずに
楽しみは、発明家のキーンビーン教授との研究くらいしかなかった。
そんな時、リッチ産業の重役であるヴァンドーは、リッチ家のボディガード、ファーガソンと共謀し、企業の乗っ取りを企んでいた。
ファーガソンは、リッチ家の自家用機に爆弾を仕掛け、一家の抹殺を計画する。
管理された生活に我慢できなくなったリッチーは、少女グローリアと知り合い、彼女と友人らを屋敷に招待することになる。
そして、リッチーを残し、リッチ夫妻が乗った飛行機は、爆破で損傷し消息を絶ってしまう・・・。
__________

アルフレッド・ハーヴェイによる、ハーヴェイ・コミックのキャラクター”Richie Rich”を基に製作されたキッズ・コメディ。

半端でない、世界一の金持ちを表現する描写がなかなか面白く、両親なども傲慢さなどなく、気さくな人々に描かれているところが、いかにも子供向けの演出だ。

アラン・シルヴェストリの愉快な音楽も楽しい。

しかし、「ホーム・アローン」(1990)の大ヒットで”時の人”になったマコーレー・カルキンの演技やそのストーリーなどに新鮮味がなく、興行的にも失敗に終わった作品。

北米興行収入 $38,087,760

さらに、マコーレー・カルキンは、その後に紆余曲折あり、約十年間休業に追い込まれることになってしまう。

マコーレー・カルキンは、大金持ちで上品になった「ホーム・アローン」の主人公”ケヴィン”を演じているだけという感じがある。
成長する過程を考えると、このまま大成功を続けるとは考えられなかったのが、結局は、それが現実になってしまった。

気さくで心温かい両親エドワード・ハーマンクリスティン・エバソール、企業の乗っ取りを企むジョン・ラロケット、大奮闘する執事役のジョナサン・ハイド、一家のお抱え発明家役のマイケル・マクシェイン、屋敷内部の裏切り者チェルシー・ロス、主人公の親友になるステフィ・ラインバーグとその母親マリアンジェラ・ピノ、またレジー・ジャクソンクラウディア・シファーも特別出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020