4298 Movies

ルイーズに訪れた恋は… P.S. (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2002年に発表された、ヘレン・シュルマンの小説”P.S.”を基に製作された作品。
年下の学生に恋した離婚歴のある独身女性の揺れ動く心を描く、主演ローラ・リニートファー・グレイスガブリエル・バーンマーシャ・ゲイ・ハーデンポール・ラッド他共演、監督ディラン・キッドによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ディラン・キッド
製作
アン・チェイソン
ジョン・ハート
ロバート・ケッセル
ジェフ・シャープ

製作総指揮
ヴァウター・バレンドレクト

マイケル・ホーガン
ジュリアン・イラゴーリ
マイケル・J・ワーナー

原作:ヘレン・シュルマン”P.S.”
脚本
ヘレン・シュルマン

ディラン・キッド
撮影:ホアキン・バカ=アセイ
編集:ケイト・サンフォード
音楽:クレイグ・ウェドレン

出演
ルイーズ・ハリントン:ローラ・リニー

F・スコット・ファインスタウト:トファー・グレイス
ピーター・ハリントン:ガブリエル・バーン
ミッシー:マーシャ・ゲイ・ハーデン
サミー・シルヴァースタイン:ポール・ラッド
エリー・シルヴァースタイン:ロイス・スミス
レベッカ:ベッキー・ニュートン
リッキー:クリス・メイヤー

アメリカ 映画
配給 ニューマーケット・フィルムズ
2004年製作 97分
公開
北米:2004年10月15日
日本:2006年9月9日
北米興行収入 $180,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
コロンビア大学芸術学部の入学選考部長である、39歳で離婚歴のあるルイーズ・ハリントン(ローラ・リニー)は、別れた夫で胴体額の教授ピーター(ガブリエル・バーン)とは友好関係を保っていた。

ルイーズは、投資家の弟サミー・シルヴァースタイン(ポール・ラッド)に資金を渡したと言うピーターに呆れながら、自分達の結婚生活についてを考える。

今でも友人同士なので、結婚生活は上出来だったということで同意する二人だった。

友人ミッシー(マーシャ・ゲイ・ハーデン)からセックスレスの生活に我慢できないという相談を受けたルイーズは、夫を牽制してなびかないなら、他の男を探すという過激な発言を聞く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
コロンビア大学芸術学部の入学選考部長である、39歳で離婚歴のあるルイーズ・ハリントンは、別れた夫ピーターとは友好関係を保っていた。
ある日ルイーズは、一通の入学願書の差出人の名前”F・スコット・ファインスタウト”を見て驚く。
高校時代の初恋の相手で事故で亡くなった”スコット”のことを思い出したルイーズは、願書の相手であるスコットに連絡を入れて面接の予定を組む。
現れたスコットは亡くなった”スコット”に似ているだけでなく、同じく絵画を愛する青年だったため、衝動にかられたルイーズは、年下の彼をアパートに誘い愛し合ってしまう・・・。
__________

高校時代の恋人と同じ名前で雰囲気まで似ている青年が出現するという、ファンタジック的なドラマの始まりから、進行と共に現実が切実に描かれて深い内容のドラマ。

誰もが経験したことがある、高校時代の甘く辛い思い出が一気に甦り、それに浸りたい主人公の気持ちが、迷いや不安に変化していく様子などが微妙な雰囲気で描かれている。

大人の社会の醜さとの対比もさらりと描かれ、それまでは受け入れられなかった事柄が、その体験により理解できるようになる人間の成長と共に、それらの過程などを注目して観ると更に興味深く鑑賞できる。

魅力的なキャスティングなのだが、北米では拡大公開されなかった。

様々な役柄をこなせる実力派ローラ・リニーが、揺れ動く女心を繊細に演じて好演している。

主人公と親交を深め愛し合う学生トファー・グレイス、主人公の元夫ガブリエル・バーン、主人公の友人マーシャ・ゲイ・ハーデン、主人公の弟ポール・ラッド、母親ロイス・スミスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020