4217 Movies

プロジェクト X Project X (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

冴えない高校生の4人組が親の留守に盛大なパーティーを計画し、そのエスカレートした大騒動を描く、出演トーマス・マンオリヴァー・クーパー他、監督ニマ・ヌリザデによるコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ニマ・ヌリザデ
製作:トッド・フィリップス
原作:マイケル・バコール
脚本
マット・ドレイク

マイケル・バコール
編集:ジェフ・グロス
撮影:ケン・セング

出演
トーマス・カブ:トーマス・マン

コスタ:オリヴァー・クーパー
JB:ジョナサン・ダニエル・ブラウン
ダックス:ダックス・フレイム
カービー:カービー・ブリス・ブラントン
エヴェレット:ブラディ・ヘンダー
マイルズ:マイルズ・テイラー
アレクシス:アレクシス・ナップ
本人:ジミー・キンメル
本人:ジュリアン・レイノルズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2012年製作 88分
公開
北米:2012年3月2日
日本:未公開
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $54,731,870
世界 $102,731,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、パサデナ
高校生のコスタ(オリヴァー・クーパー)は、ダックス(ダックス・フレイム)と共に、親友のトーマス・カブ(トーマス・マン)の家に向かい、ビデオ・カメラを持って撮影しながら勝手に入ろうとする。

コスタは、トーマスの17歳の誕生日を祝い”プロジェクトX”と名付けて盛大に祝おうとしていたのだ。

冷蔵庫のバースデー・ケーキに手をだしたコスタは、トーマスの母親に見つかり、撮影するJBを紹介して二階に上がる。

週末で両親は留守になる予定で、父親はその間の注意事項をトーマスに伝える。

母親は、トーマスを置いて行くことが心配だと言い始めるが、父親は、真面目なトーマスが羽目を外し過ぎることはないと言って彼女を説得する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

マイケル・バコールの原案を、彼自身の脚本によって製作された作品。

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、パサデナ
裕福な家庭で暮らす高校生のトーマス・カブは、17歳の誕生日を迎える。
両親が週末で留守にするため、トーマスは、友人コスタにそそのかされて、自宅でパーティーを催すことになる。
二人の親友JBと、その日の様子を映像で記録するダックスと共に、彼らは学生達にパーティーの件を知らせ準備を始める。
そして夜となり、出足の遅かったその場に一気に若者達が集まり始める。
予想以上の盛り上がりに驚くトーマスやコスタだったが、騒ぎは次第にエスカレートしていく。
トーマスは、近所からの苦情に対処し、家を荒らされて焦り、ついに事態は彼の手に負えなくなってしまう・・・。
__________

冒頭で、パサデナの住民と警察に対しての謝罪文が明記されるのだが、それを気にせずに観ていると、予想外の大事になる展開に驚いてしまう。

親の留守にパーティーで羽目を外す高校生・・・、
それほど珍しくもない、映画ではよく見る展開が、ハンディ・カメラで追う映像により妙に新鮮に思えたりする演出が面白い。

観てのお楽しみだが、大惨事の映像か大暴動に近い事件に発展する”子供達の計画”に、唖然、呆然・・・。
ここまでやれば怒る気にもなれない、感心したかは不明だが、対応する父親の表情に納得もしてしまう。

スターが出演している訳でもない作品が、若者を中心に大いに受け、評判は口コミで広がり、北米興行収入は約5500万ドル、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。
日本では劇場未公開に終わった。

とんでもない大騒動を引き起こしてしまう主人公トーマス・マン、その友人でお調子者オリヴァー・クーパー、同じくジョナサン・ダニエル・ブラウン、撮影係ダックス・フレイム、主人公が心を寄せる女友達のカービー・ブリス・ブラントン、警備係の少年ブラディ・ヘンダー、パーティーを盛り上げる問題児のマイルズ・テイラー、主人公と愛し合う寸前までいくアレクシス・ナップ、本人役でジミー・キンメルジュリアン・レイノルズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020