4478 Movies

ポーキーズ2 Porky’s II: The Next Day (1983)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット爆笑コメディ「ポーキーズ」(1981)の続編。
高校で開催される”シェイクスピア”劇を阻止しようとする牧師らと生徒達が巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本ボブ・クラーク、出演ダン・モナハンマーク・ヘリアーワイアット・ナイトロジャー・ウィルソン他共演の青春コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ボブ・クラーク
製作
ドン・カーモディ
ボブ・クラーク
製作総指揮
ハロルド・グリーンバーグ
メルヴィン・サイモン
脚本
ボブ・クラーク
ロジャー・スウェイビル
アラン・オームズビー
撮影:レジナルド・H・モリス
編集:スタン・コール
音楽:カール・ジットラー

出演
エドワード”ピーウィー”モリス:ダン・モナハン
ビリー・マッカーシー:マーク・ヘリアー
トミー・ターナー:ワイアット・ナイト
アンソニー”ミート”トゥペレロ:トニー・ガニオス
ブライアン・シュワルツ:スコット・コロンビー
ウェンディ・ウィリアムズ:カーキー・ハンター
ミッキー・ジャーヴィス:ロジャー・ウィルソン
カーター:エリック・クリスマス
ビューラー・バルブリッカー:ナンシー・パーソンズ
テッド・ジャーヴィス:アート・ヒンデル
グッドイナフ・コーチ:ビル・ハインドマン
ボブ・ゲブハート:エドワード・ウィンター
ジョン・ヘンリー:ジョセフ・ランニングフォックス
バッバ・フレイヴェル:ビル・ウィリー
モリス夫人:イルサ・アール

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1983年製作 98分
公開
北米:1983年6月24日
日本:1983年12月
北米興行収入 $33,759,260


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フロリダエバーグレーズ、”エンジェル・ビーチ高校”。
初体験を済ませた翌日、登校したエドワード”ピーウィー”モリス(ダン・モナハン)は、演劇部の講師である母(イルサ・アール)が”シェイクスピア・フェスティバル”のために張り切っていることを不満に思う。

ウェンディ・ウィリアムズ(カーキー・ハンター)との初体験のことを、ビリー・マッカーシー(マーク・ヘリアー)、トミー・ターナー(ワイアット・ナイト)、ミッキー・ジャーヴィス(ロジャー・ウィルソン)らにからかわれたピーウィーは、自分がウェンディを虜にしたことを見せつける。

誰とでも寝るウェンディが相手だったと皆にバカにされたピーウィーは、彼女から、ただの噂だと言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ポーキーズ」(1981)
・「ポーキーズ2」(1983)
・「ポーキーズ/最後の反撃」(1985)

*(簡略ストー リー)
フロリダエバーグレーズ、”エンジェル・ビーチ高校”。
高校生のエドワード”ピーウィー”モリスは、演劇部の講師である母が指導する”シェイクスピア・フェスティバル”の演劇に参加することを不満に思う。
初体験の相手となったウェンディが本気ではなかったと思ったピーウィーだったが、彼女から好意を伝えられて嬉しく思う。
友人のビリーは演劇に興味を持ち、仕方なく母の指導で演劇のリハーサルを始めたピーウィーらだったが、牧師のフレイヴェルと教師のバルブリッカーが、”シェイクスピア”をワイセツで汚らわしいと言って批判し、上演中止を求める。
フレイヴェルらの脅しに屈しない、生徒達やモリス夫人とカーター校長らは、対抗策を考えるのだが・・・。
__________

大ヒット爆笑コメディ「ポーキーズ」(1981)の続編であり、前作の翌日から始まるという設定になっている。

タイトルは”ポーキーズ”のままなのだが、前作で高校生らに破壊されたバー兼売春宿の”ポーキーズ”は登場しない。

シェイクスピア”をワイセツでで汚らわしいと考える牧師や教師らによる、高校で開催される演劇上演を中止活動に対抗する高校生達が巻き起こす騒動が、面白おかしく描かれた作品。

しかし、前作のようなキレはなく、ほぼ同じキャストが再登場する内容に新鮮味も感じられない。

前作で約1億1100万ドルを稼ぎ出した興行収入は、1/3以下の約3400万ドルと激減するが、前作は驚異的な大ヒットであり、その時代のこの手の作品にしては健闘したとも言える。

今回は母親(イルサ・アール)が演劇部の講師として登場する、相変わらずドジでからかわれてばかりいる高校生のダン・モナハン、その親友のマーク・ヘリアーワイアット・ナイトトニー・ガニオスロジャー・ウィルソン、その兄である警官のアート・ヒンデル、ピーウィーに手を貸す友人スコット・コロンビー、本作では大いに活躍する女子高生のカーキー・ハンター、演劇に反対する教師のナンシー・パーソンズ、校長のエリック・クリスマス、コーチのビル・ハインドマン、高校生らを裏切り痛い目に遭う市議会議員のエドワード・ウィンター、先住民の高校生ジョセフ・ランニングフォックス、演劇を中止させようとする牧師ビル・ウィリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021