4238 Movies

恐怖のメロディ Play Misty for Me (1971)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1ヵ月後の「ダーティハリー」(1971)公開を控えたクリント・イーストウッドの演出家としての原点がここにある、主演を兼ねた記念すべき初監督作品。
女性ストーカーに襲われる人気DJの恐怖体験を描く、ジェシカ・ウォルタードナ・ミルズドン・シーゲル他共演のサスペンス・スリラー。


スリラー/ホラー

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クリント・イーストウッド
製作:ロバート・デイリー
脚本
ジョー・ヘイムズ

ディーン・リーズナー
撮影:ブルース・サーティース
編集:カール・パインジター
音楽
ディー・バートン

エロル・ガーナーミスティ

出演
デイブ・ガーヴァー:クリント・イーストウッド
イヴリン・ドレイパー:ジェシカ・ウォルター
トビー・ウィリアムズ:ドナ・ミルズ
マッカラム巡査部長:ジョン・ラーチ
マッジ・ブレナー:アイリーン・ハーヴェイ
アル・モンテ:ジェームズ・マクイーチン
バーディー:クラリス・テイラー
マーフィー:ドン・シーゲル
フランク:ジャック・ギング

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1971年製作 102分
公開
北米:1971年11月3日
日本:1972年4月15日
製作費 $725,000
北米興行収入 $10,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、カーメル・バイ・ザ・シー
地元ラジオ局”KRML”の人気DJデイブ・ガーヴァー(クリント・イーストウッド)は、局に向かい同僚のアル・モンテ(ジェームズ・マクイーチン)と交替する。

そしてガーヴァーは、いつもの女性から、エロル・ガーナーの”ミスティ”のリクエストを受ける。

仕事を終えたガーヴァーは、マーフィー(ドン・シーゲル)のバーに立ち寄り、人を待っているという、魅力的な女性のイヴリン・ドレイパー(ジェシカ・ウォルター)に出会う。

イヴリンを家に送ったガーヴァーは、彼女が待ち合わせをしていたというのは嘘で、”ミスティ”をリクエストしていた女性だと知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ラジオ局”KRML”の人気DJデイブ・ガーヴァーは、エロル・ガーナーの”ミスティ”のリクエストを、いつも同じ女性から受けていた。
ある日ガーヴァーは、馴染みのバーで魅力的な女性イヴリンに出会うが、”ミスティ”をリクエストするのが彼女だと知り、一度だけという約束で二人は愛し合う。
ガーヴァーは、プレイボーイの自分の前から姿を消したていた恋人トビーの所在を知るが、彼女は、もう少し時間が欲しいということを伝える。
やがて、予告なしに現われるイヴリンを迷惑に思うガーヴァーだったが、断りきれず何度か愛し合ってしまう。
その後イヴリンは、トビーと会うようになったいたガーヴァーに嫉妬し、自殺未遂を起し彼のメイドを傷つけ殺しかけてしまう。
精神治療のため療養所に入ったイヴリンから解放されたガーヴァーはトビーとの時を楽しむが、再びイヴリンから”ミスティ”のリクエストを受ける・・・。
__________

初監督ということもありイーストウッドの演出はやや単調にも感じるものの、随所でその才能の片鱗が窺える。

既にスターの風格を感じ、長身のため画面で見栄えのするイーストウッドと、殺人ストーカーを怪演するジェシカ・ウォルターの好演もあり、緊迫感ある作品には仕上がっている。

後にクリント・イーストウッドが市長を務めることにもなる(1986-1988)海岸地帯”カーメル”を舞台に、その風光明媚なロケーションを活かした、ブルース・サーティースの撮影も見所の一つだ。

そして「ダーティハリー」(1971)等の名コンビ、盟友のドン・シーゲルが、バーテンダー役で出演しているのも注目だ。

巡査部長役のジョン・ラーチも、「ダーティハリー」で主人公の上司役を演じている。

主人公の恋人ドナ・ミルズ、同僚のDJジェームズ・マクイーチン、メイド役のクラリス・テイラー、音楽プロデューサーのアイリーン・ハーヴェイ、医師役ジャック・ギングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020