4130 Movies

パーフェクト・センス Perfect Sense (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

原因不明の感染症により人々が五感を失っていく中、あるカップルの運命と生きる道を探求する姿を描く、主演ユアン・マクレガーエヴァ・グリーンコニー・ニールセンユエン・ブレムナー他共演、製作総指揮、監督デヴィッド・マッケンジーによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・マッケンジー
製作総指揮
デヴィッド・マッケンジー

キャロル・シェリダン
ペーター・オールベック・イェンセン

ペーター・ガルデ
ジェイミー・ローレンソン
製作
マルテ・グルナート
ジリアン・バーリー
脚本:キム・フップス・オーカソン

撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ
編集:ジェイク・ロバーツ
音楽:マックス・リヒター

出演
マイケル:ユアン・マクレガー

スーザン:エヴァ・グリーン
ジェニー:コニー・ニールセン
スティーヴン・モントゴメリー:スティーヴン・ディレイン
ジェームズ:ユエン・ブレムナー
マイケルのボス:デニス・ローソン
スーザンの同僚:アラステア・マッケンジー

イギリス 映画
配給
Senator Film Verleih
IFC Films

2011年製作 92分
公開
イギリス:2011年10月7日
北米:2012年2月3日
日本:2012年1月7日
北米興行収入 $2,960


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
感染症学者スーザン(エヴァ・グリーン)は、姉のジェニー(コニー・ニールセン)を訪ねてこの地で暮らしていた。

人気レストランのシェフ、マイケル(ユアン・マクレガー)は店に向かい、裏の路地でボスと(デニス・ローソン)とタバコを吸う。

上司スティーヴン・モントゴメリー(スティーヴン・ディレイン)と病院に向かったスーザンは、嗅覚を失ったという患者に質問する。

臭覚がない以外には何も異常がないことを確認したスティーヴンは、この24時間以内に、ヨーロッパ各地で同じような症状が発症している事実をスーザンに伝える。

患者同士につながりはなく、感染症かどうかは現段階では疑わしい状況だった。

レストランは開店し、マイケルは、同僚のジェームズ(ユエン・ブレムナー)と共に厨房で忙しく動き回る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
感染症学者のスーザンは、嗅覚を失った患者と同じ症状が各地で発症していることを知る。
人々の間に不安が広がる中、スーザンは、近所のレストランのシェフ、マイケルに声をかけられる。
”SOS/重症嗅覚障害症候群”と名付けられた今回の症状が原因で店の客が途絶えたマイケルは、食材が余っていたためスーザンに料理を振舞う。
しかし、症状が現れたマイケルとスーザンも嗅覚を失う。
その状況で、二人は親交を深めて愛し合うようになるのだが、人々は味覚も失ってしまう。
人々は混乱して世の中はパニックとなり、その原因に環境破壊やテロだという憶測も流れる。
しかし人々は、嗅覚と味覚を過去のものとして考え、他の感覚が研ぎ澄まされるようになり、現状での生きる道を探る。
そして、人々は最悪の事態も考えながら、お互いを理解して許し合う心を持つようになるのだが・・・・。
__________

徐々に五感が失われていく現実の怖さ、しかし、それに怯えながらも、その度に新たな生き方を探求しようとする人間の強さが描かれた、SFヒューマン・ラブ・ストーリーとして多くの要素を含んだ異色のドラマ。

人体の外見的な変化が見られるわけでもない、感染症の恐怖を伝え映し出す、デヴィッド・マッケンジーの斬新な映像表現が見どころの作品。

平凡なシェフを演ずる人気スター、ユアン・マクレガーの、抑え気味の演技が注目だ。

それに対し、やや屈折した考えを持つ学者役のエヴァ・グリーンは、地味ではあるが見事な感情表現を見せて好演している。

あまりインパクトがない脇役なのが残念な、ヒロインの姉コニー・ニールセン、ヒロインの研究所の上司スティーヴン・ディレイン、同僚のアラステア・マッケンジー、主人公(ユアン・マクレガー)の同僚シェフ、ユエン・ブレムナー、店主デニス・ローソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020