4238 Movies

オレンジと太陽 Oranges and Sunshine (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イギリスオーストラリア両政府などが関与し、大スキャンダルとなった“児童移民”問題を追求したソーシャルワーカーのマーガレット・ハンフリーズが、1994年に発表した著書”Empty Cradles”を基に製作された、主演エミリー・ワトソンデビッド・ウェナムヒューゴ・ウィーヴィング他共演、監督ジム・ローチによる社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)

エミリー・ワトソン / Emily Watson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジム・ローチ
製作
エミール・シャーマン

カミーラ・ブレイ
原作:マーガレット・ハンフリーズ”Empty Cradles”
脚本:ロナ・マンロ

撮影:デンソン・ベイカー
編集:ダニー・クーパー
音楽:リサ・ジェラルド

出演
マーガレット・ハンフリーズエミリー・ワトソン

レン・コネリー:デビッド・ウェナム
ジャック:ヒューゴ・ウィーヴィング
マーヴ・ハンフリーズ:リチャード・ディレーン
ヴェラ・ウィルソン:ケイト・ラッター
ベン・ハンフリーズ:ハーヴェイ・スクリムショウ
レイチェル・ハンフリーズ:モリー・ウィンザー
ポーリー:タラ・モーリス
ボブ:グレッグ・ストーン
ニッキー:ロレイン・アッシュボーン
シャーロット:フェダレイ・ホームズ

イギリス/オーストラリア 映画
配給
Icon Film Distribution(イギリス)
Cohen Media Group(北米)
2011年製作 105分
公開
イギリス:2011年4月1日
オーストラリア:2011年6月9日
北米:2011年10月21日
日本:2012年4月14日
製作費 $4,500,000
北米興行収入 $100,200
世界 $2,539,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1986年、イギリスノッティンガム
地元のソーシャルワーカーのマーガレット・ハンフリーズ(エミリー・ワトソン)は、ある夜、見知らぬ女性シャーロット(フェダレイ・ホームズ)に話しかけられる。

4歳の時に両親を亡くしたシャーロットは、施設に入れられた後、オーストラリアに連れて行かれ、ノッティンガムが記憶の中にあったというのだ。

子供だけが200人移送されたという話に、それが違法であり不可能だと指摘するマーガレットだったが、資料を渡し真実を訴えて姿を消したシャーロットが気になった。

帰宅したマーガレットは、夫マーヴ(リチャード・ディレーン)や娘レイチェル(モリー・ウィンザー)息子ベン(ハーヴェイ・スクリムショウ)が寝静まった後、シャーロットの資料に目を通す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1986年、イギリスノッティンガム
ソーシャルワーカーのマーガレット・ハンフリーズは、ある日、児童養護施設からオーストラリアに移送されたという女性シャーロットに話しかけられる。
シャーロットから資料を渡され、それが気になったマーガレットは、後日、里子に出されたはずの兄ジャックが、オーストラリアにいることを知ったニッキーの話を聞く。
マーガレットは、二件の話が偶然とは思えなくなり、大使館や政府の資料保管庫で記録を捜す。
児童大量移民の記録は見つからなかったものの、夫マーヴの協力を得たマーガレットは、亡くなったはずのシャーロットの母ヴェラを捜し出し母娘を再会させる。
マーガレットは、ニッキーと共にオーストラリアに向かい、母を想うジャックの苦悩を知る。
帰国したマーガレットは、移民児童の過酷で悲惨な体験と、それに慈善団体や教会、そして政府が関与していた可能性を知り、使命を感じて活動を始めるのだが・・・。
__________

移民として海を渡り成長した大人が、自分の出生についてを探り母親を捜そうとする物語で始まる。
進行と共に、その子供時代に遭った過酷な労働や虐待が明らかになり、国家政府の裏で行なわれた行為の非道さに心を痛めた方は多いはずだ。

公式に謝罪したとはいえ、正に迫害とも言える、イギリスオーストラリア両政府の責任は大きい。

ケン・ローチの息子ジム・ローチの演出は、長編映画デビューではあるが、自国の汚点を真正面から見つめる厳しさと力強さが感じられる。

音楽は、「グラディエーター」(2000)でも知られるリサ・ジェラルドが担当している。

イギリスを代表する実力派女優エミリー・ワトソンは、その眼差しだけで信念を伝える見事な演技を見せてくれる。

風変わりな男として登場するデビッド・ウェナムは、後半で、事件で心を病むまでになる主人公を支える人物を好演している。

同じく、移民として苦悩の日々を歩んだヒューゴ・ウィーヴィング、その姉ロレイン・アッシュボーン、主人公の夫役リチャード・ディレーン、娘モリー・ウィンザー、息子のハーヴェイ・スクリムショウ、移民のグレッグ・ストーン、フェダレイ・ホームズ、その母ケイト・ラッターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020