4239 Movies

マイ・ガール2 My Girl 2 (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

多感な少女が、亡くなった母親の歩んだ人生の探求をするひと夏の体験を描く、ハート・ウォーミング・ドラマ。
マイ・ガール」(1991)の続編。
監督ハワード・ジーフ、主演ダン・エイクロイドジェイミー・リー・カーティスアンナ・クラムスキーオースティン・オブライエングリフィン・ダンリチャード・メイサー他共演の心温まるドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■
監督:ハワード・ジーフ
製作:ブライアン・グレイザー
製作総指揮
デヴィッド・T・フレンドリー

ハワード・ジーフ
脚本:ジャネット・コヴァルチク
撮影:ポール・エリオット
編集:ウェンディ・グリーン・ブリックモント
音楽:クリフ・エデルマン

出演
ハリー・サルテンファス:ダン・エイクロイド

シェリー・デヴォート・サルテンファス:ジェイミー・リー・カーティス
ヴェーダ・マーガレット・サルテンファス:アンナ・クラムスキー
ニック・ジグモンド:オースティン・オブライエン
フィル・サルテンファス:リチャード・メイサー
ローズ・ジグモンド:クリスティーン・エバーソール
サム・ヘルバーン:ゲリット・グラハム
スタンレー・ローゼンフェルド:ベン・スタイン
アルフレッド・ビーダーマイヤー:オーブリー・モリス
ピーター・ウェッブ:リチャード・ベイマー
ヒラリー・ミッチェル:ジョディ・マーケル
ジェフリー・ポメロイ:ジョン・デヴィッド・サウザー
マギー・マルドヴァン:アンジェリン・ボール
ダリル・タナカ:キーオニー・ヤング
オウェット:デヴィッド・パーダム

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1994年製作 99分
公開
北米:1994年2月11日
日本:1994年7月
北米興行収入 $17,359,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1974年、ペンシルベニア州、マディソン
13歳のヴェーダ・マーガレット・サルテンファス(アンナ・クラムスキー)は、葬儀社を営む父ハリー(ダン・エイクロイド)と義母シェリー(ジェイミー・リー・カーティス)とで暮らしていた。

ヴェーダには、もうすぐ弟か妹ができることになるのだが、ハリーは、生まれてくる子供のために部屋を譲るよう彼女に強要する。

子供の誕生に浮かれるハリーに、抵抗を見せるヴェーダだったが、結局は部屋を譲ることにする。

思春期のヴェーダは、男の子のことや大人の女性について興味を抱き始める。

そんな時、ヴェーダは学校の課題で、何かを成し遂げた面識のない人物についてのレポートを書くことになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1974年、ペンシルベニア州、マディソン
13歳になったヴェーダ・サルテンファスは、思春期を迎えて、父ハリーと義母シェリーの間に生まれる子供のことや、異性のことで戸惑いも感じる毎日を送っていた。
そんな時ヴェーダは、学校の課題で、何かを成し遂げた、面識のない人物についてのレポートを書くことになる。
ヴェーダは、迷わず母親についてを書こうと決心するのだが、母との想い出がほとんどない彼女は悩んでしまう。
シェリーの助言で、母の故郷ロサンゼルスに向かい、ヴェーダはそれについてを調べようとする。
伯父フィルや、恋人ローズの息子ニックの協力で、母親のことを調べ始めたヴェーダがったが、やがて大変な事実を知ることになる・・・。
__________

地味な作品ながら魅力的なキャスト、特に、主人公のヴェーダを演じるアンナ・クラムスキーの愛らしさが評判になり、思わぬヒットとなった前作から3年、ハワード・ジーフの監督をはじめ、ほぼ同じスタッフとキャストで製作された作品。

大人の女性への好奇心や、ほとんど覚えのない、母親の歩んだ人生の探求に旅立つ、少し大人に近づいた、主人公ヴェーダの再登場を、嬉しく思った前作のファンは多いはずだ。

日米の生活環境の差はあるものの、主人公と同じ世代の自分は、作品の雰囲気で郷愁に誘われ、涙なくして観られない前作同様、しみじみと子供時代を思い出させてくれる作品でもある。

主人公ヴェーダを演ずるアンナ・クラムスキーは、その後、名門シカゴ大学に進学するだけあり、演技の確かさよりも、聡明さを感じる子役だ。
彼女は、その後も女優を続けているが、日本ではほとんど知られていないのは残念だ。

序盤と終盤のみの登場ながら、主人公を支える両親を、実力派らしくきっちりと演じているダン・エイクロイドジェイミー・リー・カーティス、ヴェーダの案内役で、彼女に恋心を抱く少年オースティン・オブライエン、前作に比べ、かなり重要な役で登場する伯父リチャード・メイサー、その恋人で、サバサバした性格が好印象であるクリスティーン・エバーソール、彼女に言い寄る医師ゲリット・グラハム、母親の同窓生役のベン・スタインリチャード・ベイマージョディ・マーケルジョン・デヴィッド・サウザーキーオニー・ヤング、詩の講師役のオーブリー・モリス、そして母親アンジェリン・ボールなど、共演陣がかなり充実しているのも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020