5135 Movies

ミセス・ハリス、パリへ行く Mrs. Harris Goes to Paris (2022)

1958年に発表された、ポール・ギャリコの小説”Mrs. ‘Arris Goes to Paris”を基に製作された作品。
クリスチャン・ディオールのドレスに魅せられた女性がそれを手に入れる夢を叶えようとする姿を描く、製作、監督、脚本アンソニー・ファビアン、主演レスリー・マンヴィルイザベル・ユペールランバート・ウィルソンアルバ・バプティスタルーカス・ブラボーエレン・トーマスローズ・ウィリアムズジェイソン・アイザックス他共演のコメディ・ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:アンソニー・ファビアン
製作
アンソニー・ファビアン
ザヴィエル・マーチャンド
ギヨーム・バンスキー
製作総指揮
フィリップ・カルカソンヌ
ベアタ・サブーヴァ
リマ・ホートン
ジェン・ゴートン
イルダ・ディフリー
レスリー・マンヴィル
原作:ポール・ギャリコMrs. ‘Arris Goes to Paris
脚本
キャロル・カートライト
アンソニー・ファビアン
キース・トンプソン
オリヴィア・ヘトリード
撮影:フェリックス・ヴィーデマン
編集:バーニー・ピリング
音楽:ラエル・ジョーンズ

出演
エイダ・ハリス:レスリー・マンヴィル
クロディーヌ・コルベール:イザベル・ユペール
シャサンヌ侯爵:ランバート・ウィルソン
ナターシャ:アルバ・バプティスタ
アンドレ・フォーヴェル:ルーカス・ブラボー
ヴァイ・バターフィールド:エレン・トーマス
パメラ・ペンローズ:ローズ・ウィリアムズ
アーチー:ジェイソン・アイザックス
レディ・ダント:アンナ・チャンセラー
ジャイルズ・ニューカム:クリスチャン・マッケイ
イギリス空軍将校:フレディ・フォックス
マダム・アヴァロン:ギレイン・ロンデス
クリスチャン・ディオール:フィリップ・ベルタン
マルグリート:ロクサーヌ・デュラン

イギリス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
フォーカス・フィーチャーズ(世界)
2022年製作 115分
公開
イギリス:2022年9月30日
北米:2022年7月15日
日本:2022年11月18日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $10,433,920
世界 $30,888,410


アカデミー賞
第95回アカデミー賞
・ノミネート
衣裳デザイン賞


ストーリー
1957年、ロンドン
家政婦のエイダ・ハリス(レスリー・マンヴィル)は、第二次大戦中に戦地で消息を絶った夫が戻ることを願っていた。
イギリス空軍からの郵便物を開けられないエイダは、同じ家政婦で友人のヴァイ・バターフィールド(エレン・トーマス)と共にそれを開ける。
遺品の指輪を確認し夫の戦死を知ったエイダは、その後、悲しみを堪えながら日々を過ごす。
ある日エイダは、顧客レディ・ダント(アンナ・チャンセラー)のクリスチャン・ディオールのオートクチュール・ドレスに魅せられる。
エイダは、500ポンドするドレスを買う夢を叶えるために働き、サッカークジが当たり喜ぶ。
友人のアーチー(ジェイソン・アイザックス)が働くドッグレース場でオートクチュールという犬に100ポンド賭けたエイダはスってしまう。
ショックを受けたエイダだったが、夫の遺族年金を受け取れることになり、アーチーが100ポンドの内10ポンドを勝った犬に賭けてくれていたために、掛け金以上を手にする。
その後、582ポンド貯めたエイダは、早速パリに向かう。
ディオールの10周年コレクション会場でエイダは、モデルのナターシャ(アルバ・バプティスタ)が落としたバッグを彼女に渡す。
ディレクターのクロディーヌ・コルベール(イザベル・ユペール)は、その場に不釣り合いのエイダを追い出そうとする。
クロディーヌは、大金を見せてドレスの購入を希望するエイダに手こずる。
会計係のアンドレ・フォーヴェル(ルーカス・ブラボー)は、変革の時期を迎えていたため、経営難を救うことになる現金収入を歓迎してエイダに優しく接する。
その様子を見ていたシャサンヌ侯爵(ランバート・ウィルソン)は、エイダを会場にエスコートする。
気に入ったドレスをマダム・アヴァロン(ギレイン・ロンデス)に購入されてしまったエイダは、第二候補のドレスを仕立てのために、完成まで2週間かかることを知る。
アンドレの妹の部屋に滞在することになったエイダは、惹かれ合うようになったアンドレとナターシャとの親交を深めるのだが・・・。


解説 評価 感想

ポール・ギャリコの小説”Mrs. ‘Arris Goes to Paris”(1958)を基に製作された作品。

短編映画などでも活躍するアンソニー・ファビアンが製作と監督を兼ねて監督し、主演はレスリー・マンヴィルイザベル・ユペールランバート・ウィルソンアルバ・バプティスタルーカス・ブラボーエレン・トーマスローズ・ウィリアムズジェイソン・アイザックスなどが共演した作品。

クリスチャン・ディオールのドレスに魅せられた女性が、それを手に入れる夢を叶えようとする姿を描くコメディ・ドラマ。

物事が上手くいき過ぎる展開も、コメディ・ドラマということを考えれば許せる範囲であり、当時の社会状況の中で、経営の抜本的改革に迫れていた、クリスチャン・ディオールの内情などが描かれているところも興味深い。

小気味良いアンソニー・ファビアンの脚本と演出は軽快で、ほのぼのした雰囲気に終始した愛すべき作品に仕上がっている。

主演のレスリー・マンヴィルは、奔放で誰からも好かれる魅力的な女性を見事に演じ、ゴールデングローブ賞主演女優賞(コメディ・ミュージカル)にノミネートされた。

第95回アカデミー賞では衣裳デザイン賞にノミネートされた。

主人公の存在を迷惑に思うクリスチャン・ディオールのディレクター、イザベル・ユペール、主人公と親しくなる侯爵ランバート・ウィルソン、主人公と親交を深めるモデルのアルバ・バプティスタ、彼女と惹かれ合うようになる会計係ルーカス・ブラボー、主人公の親友である家政婦エレン・トーマス、主人公の顧客ローズ・ウィリアムズ、主人公の友人ジェイソン・アイザックス、主人公の顧客アンナ・チャンセラー、その隣人クリスチャン・マッケイ、主人公を訪ねるイギリス空軍将校のフレディ・フォックス、主人公を嫌うパリの婦人ギレイン・ロンデスクリスチャン・ディオールのフィリップ・ベルタン、スタッフのロクサーヌ・デュランなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022