4501 Movies

アメリカン・グラフィティ2 More American Graffiti (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1973年に公開された、ジョージ・ルーカス監督、脚本、編集による青春ドラマの傑作「アメリカン・グラフィティ」の続編。
思い出の夏の一夜を過ごした若者達の、数年後のそれぞれのニューイヤーズ・イヴを描く、製作総指揮ジョージ・ルーカス、監督、脚本ビル・L・ノートン、出演ポール・ル・マットシンディ・ウィリアムズキャンディ・クラークチャールズ・マーティン・スミスロン・ハワードボー・ホプキンス他共演の青春ドラマ。


ドラマ(青春)

ジョージ・ルーカス / George Lucas 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ビル・L・ノートン

製作総指揮:ジョージ・ルーカス
製作:ハワード・カザンジャン
原作
ジョージ・ルーカス
グロリア・カッツ
ウィラード・ハイク
脚本:ビル・L・ノートン
撮影:ケイレヴ・デシャネル
編集:ティナ・ハーシュ

出演
ジョン・ミルナー:ポール・ル・マット
ローリー・ヘンダーソン・ボランダー:シンディ・ウィリアムズ
デビー・ダナム:キャンディ・クラーク
テリー”トゥード”フィールズ:チャールズ・マーティン・スミス
スティーヴ・ボランダー:ロン・ハワード
ジョー・ヤング:ボー・ホプキンス
キャロル”レインボウ”モリソン:マッケンジー・フィリップス
ニュート:スコット・グレン
エヴァ:アンナ・ビヨ
ベックウィズ:ケン・プレイス
本人:ウルフマン・ジャック
コミューンの少女:ロザンナ・アークエット
ティーンザ:メアリー・ケイ・プレイス
クリーチ少佐:リチャード・ブラッドフォード
ボブ・ファルファ:ハリソン・フォード
アンディ・ヘンダーソン:ウィル・セルツァー
ランス・ハリス:ジョン・ランシング
ロン:ジョナサン・グリース
陸軍軍曹:デルロイ・リンドー
シンクレア:ジム・ホーントン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1979年製作 110分
公開
北米:1979年8月3日
日本:1980年4月26日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $15,014,670


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1964年、ニューイヤーズ・イヴ。
ドラッグ・レースのチャンピオンであるジョン・ミルナー(ポール・ル・マット)は、レースの前に、プロ・チームに入ることをライバルのベックウィズ(ケン・プレイス)に伝える。

レースが始まり、ジョンはベックウィズに負けてしまう。

自慢気なベックウィズにタイヤががたついたとと弁解したジョンは、現れた友人のスティーヴ・ボランダー(ロン・ハワード)と妻のローリー(シンディ・ウィリアムズ)、テリー”トゥード”フィールズ(チャールズ・マーティン・スミス)とその友人のデビー・ダナム(キャンディ・クラーク)に負けたことを知らせる。

予選だから構わないと言うジョンは、妊娠中のローリーとスティーヴから、双子かもしれないと言われる。

テリーは、今夜ベトナムに発つことをジョンに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1964年、ニューイヤーズ・イヴ。
ドラッグ・レースのチャンピオンであるジョン・ミルナーは、優勝かけてレースに挑む・・・。
1965年、ニューイヤーズ・イヴ。
ベトナムで戦うテリー”トゥード”フィールズは、上官に反抗しながら、自分の戦争ではないと考える・・・。
1966年、ニューイヤーズ・イヴ。
テリーを見送ったデビー・ダナムは、恋人のランスとの結婚を考え、彼をバンドに売り込もうとする・・・。
1967年、ニューイヤーズ・イヴ。
ティーヴ・ボランダーと妻のローリーは、双子が生まれて幸せそうに見えるものの、諍いが絶えなかった・・・。
__________

1962年の夏の一夜、その若者達の行動を描いた、ジョージ・ルーカスによる青春ドラマの傑作「アメリカン・グラフィティ」(1973)の続編。

低予算ながら世界的な大ヒットとなり、ジョージ・ルーカスのその後の映画人生を決定づけた作品の続編ということで大いに話題となった。

期待が大きかったものの、それに応えることができず、公開当時は不評に終わった作品ではあるが、数十年の月日が経ち今観直すと、当時の世相などがリアルに盛り込まれ、懐かしい思いで鑑賞できる。

1964年のニューイヤーズ・イヴで主要人物が揃って登場し、その後は、1967年までのニューイヤーズ・イヴに別れてそれぞれの人生が描かれる、興味深い内容になっている。

また、各時代が違ったスクリーンサイズで映し出される工夫も凝らされている。

スター・ウォーズ」(1977)の成功により世界的スターとなったハリソン・フォードが、前作と同じ”ボブ・ファルファ”役でパトロール警官として登場し、同じく前作で重要な役柄を演じたDJのウルフマン・ジャックも声だけで出演している。

それ以外にも、バンドメンバー役でスコット・グレン、ジョン・ミルナーの友人役でメアリー・ケイ・プレイス、コミューンの少女でロザンナ・アークエット陸軍軍曹役でデルロイ・リンドーなど、後に活躍するスターが脇役として出演しているのも注目だ。

ドラッグ・レースのチャンピオンであるポール・ル・マット、夫ロン・ハワードといがみ合った末に若いし愛を確かめるシンディ・ウィリアムズ、結婚を考える恋人(ジョン・ランシング)のために奔走するキャンディ・クラークベトナムで戦いながら自分らしく生きる青年を好演するチャールズ・マーティン・スミス、彼と共に戦い戦死する、前作でも登場した”ファラオ”のリーダー、ボー・ホプキンス、前作でジョン(ポール・ル・マット)につき合ってもらった少女マッケンジー・フィリップス、ジョンと親交を深めるアイスランド人の学生アンナ・ビヨ、ジョンのライバルであるレーサーのケン・プレイス、テリー(チャールズ・マーティン・スミス)が憎む上官のリチャード・ブラッドフォード、ローリー(シンディ・ウィリアムズ)の弟ウィル・セルツァー、テリーが助けるヘリのパイロット、ジム・ホーントンなどが共演する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021