4292 Movies

ウエディング宣言 Monster-in-Law (2005)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

運命的に出会った男女が、息子を溺愛する母親にその仲を裂かれそうになり巻き起こる騒動を描く、監督ロバート・ルケティック、主演ジェニファー・ロペスジェーン・フォンダマイケル・ヴァルタン他共演のラブ・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ルケティック
製作
クリス・ベンダー

J・C・スピンク
ポーラ・ワインスタイン
脚本:アーニャ・コショフ
撮影:ラッセル・カーペンター
編集
スコット・ヒル
ケヴィン・テント

音楽:デヴィッド・ニューマン

出演
ジェニファー・ロペス:シャーロット”チャーリー”カンティリーニ
ジェーン・フォンダ:ヴィオラ・フィールズ
マイケル・ヴァルタン:ケヴィン・フィールズ
ワンダ・サイクス:ルビー
アダム・スコット:レミー
アニー・パリッセ:モーガン
モネット・メイザー:フィオナ
スティーブン・ダナム:ポール・チェンバレン医師
エレイン・ストリッチ:ガートルード

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ
2005年製作 101分
公開
北米:2005年5月13日
日本:未公開
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $82,931,300
世界 $154,749,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニアヴェニス・ビーチ
派遣社員チャーリー・カンティリーニ(ジェニファー・ロペス)は、ある日、ケヴィン・フィールズ(マイケル・ヴァルタン)を浜辺で見かけ、その後カフェでも出会う。

パーティー会場の仕事に向かったチャーリーは、そこで再びケヴィンを見かけ、友人のレミー(アダム・スコット)とモーガン(アニー・パリッセ)から、彼が最近街に戻った外科医だということを知らされる。

2日で3回も、ケヴィンと出くわしたチャーリーは運命を感じ、彼を意識して様子を窺う。

しかし、チャーリーは、ケヴィンがゲイだと聞き彼を諦めることにする。

ケヴィンからの電話を無視したチャーリーは、浜辺で彼と再会し、ゲイでないことを知らさる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
派遣社員のチャーリー・カンティリーニは、外科医ケヴィンと運命的な出会いをする。
程なく2人は恋仲になるが、息子ケヴィンを溺愛する母親ヴィオラは、彼の手前、一応チャーリーを歓迎する。
しかし、突然、ケヴィンがヴィオラの前でチャーリーにプロポーズしてしまう。
卒倒しかけたヴィオラは、2人の結婚を破綻させるために、あの手この手で嫌がらせを始める。
チャーリーは、それに抵抗しながら式の準備を始めるのだが、いがみ合う2人の前に、ヴィオラの義母ガートルードが現れる・・・。
__________

メディア王のテッド・ターナーとの結婚時期(1991-2001)に、俳優活動休止状態だったジェーン・フォンダが、久々の主演級作品として出演したことが話題になった。

ジェニファー・ロペスのキュートな魅力と、貫禄と迫力十分の演技で迫る大女優のジェーン・フォンダの”闘い”が、嫌味なく痛快に描かれた作品。

原題は”Monster-in-Law”で、これはもちろん”mother-in-law”(義母)を文字った、”とんでもない意地悪姑”という意味であり、凝ったタイトルには感心してしまう。

残念ながら、日本では未公開に終わった作品ではあるが、6000万ドルをかけた大作で、全世界では約1億5500万ドルのヒットとなった。

北米興行収入 $82,931,300

70歳を前にしたジェーン・フォンダなのだが、スーパーモデル並みの見事なスタイルは圧巻で、その存在感にはさすがのジェニファー・ロペスも圧倒されている。

2人の嫌がらせ合戦は、さながらスポーツのようで、ジャッジ役とも言える付き人のワンダ・サイクスの、とぼけたキャラクターもいい味を出している。

2人の争いを冷静に見つめる恋人、そして息子のマイケル・ ヴァルタン、主人公の友人役アニー・パリッセアニー・パリッセ、そして、大ベテランのエレイン・ストリッチが、ヴィオラ(J・フォンダ)の義母役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020