4478 Movies

メッセージ・イン・ア・ボトル Message in a Bottle (1999)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1998年に発表された、ニコラス・スパークスのベストセラー小説”Message in a Bottle”を基に製作された作品。
最愛の妻を亡くして悲しみに暮れる男性と、その思いを綴ったボトルに入った手紙を見つけたジャーナリストとの愛を描く、監督ルイス・マンドーキ、主演ケビン・コスナーロビン・ライト・ペンポール・ニューマンジョン・サヴェージイリーナ・ダグラスロビー・コルトレーン他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ルイス・マンドーキ

製作
デニーズ・ディ・ノヴィ
ジム・ウィルソン
ケビン・コスナー
原作:ニコラス・スパークスMessage in a Bottle
脚本:ジェラルド・ディペゴ
撮影:キャレブ・デシャネル
編集:スティーヴン・ワイズバーグ
音楽:ガブリエル・ヤレド

出演
ギャレット・ブレイク:ケビン・コスナー
テリーサ・オズボーン:ロビン・ライト・ペン
ドッジ・ブレイク:ポール・ニューマン
ジョニー・ランド:ジョン・サヴェージ
リーナ・ポール:イリーナ・ダグラス
チャーリー・トスキ:ロビー・コルトレーン
ジェイソン・オズボーン:ジェシー・ジェームズ
マータ・ランド:ベセル・レスリー
ハンク・ランド:トム・アルドリッジ
キャサリン・ブレイク:スーザン・ブライトビル
アンディ:ラファエル・スバージ
アニー:パトリシア・ベルチャー
チェット:リチャード・ハミルトン
遭難した少女:ヘイデン・パネッティーア

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1999年製作 131分
公開
北米:1999年2月12日
日本:1999年6月12日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $52,880,020
世界 $118,880,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シングルマザーのテリーサ・オズボーン(ロビン・ライト・ペン)は、息子のジェイソン(ジェシー・ジェームズ)を別れた夫に預けてケープコッドに向かう。

いつものホテルで休暇を過ごすテリーサは、ジョギング中の海岸で、手紙が入ったボトルを見つける。

キャサリンという女性に宛てた愛情溢れるその内容に心打たれたテリーサは、シカゴに戻る。

シカゴ・トリビューン”の調査員であるテリーサは、同僚のリーナ・ポール(イリーナ・ダグラス)らに手紙を読んで聞かせる。

上司のチャーリー・トスキ(ロビー・コルトレーン)は、手紙の内容よりも、テリーサ自身のことを心配する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シカゴ・トリビューン”の調査員であるシングルマザーのテリーサは、休暇中のケープコッドでジョギングしている際、浜辺でボトルに入った手紙を見つける。
妻キャサリンへの愛を綴ったその内容に心打たれたテリーサは、それを社に持ち帰る。
上司のチャーリーがそれを記事にしてしまい、大きな反響を呼び投書が殺到する。
他の手紙を見つけた読者からの情報を基に、ノースカロライナアウターバンクスにその手紙を書いた男性がいることが分かったテリーサは、現地に向かう。
船の修理をするギャレット・ブレイクに会ったテリーサは、手紙のことを話せないまま、彼との親交を深め、やがて愛し合うようになるのだが・・・。
__________

人気作家ニコラス・スパークスのベストセラー小説の映画化で、大物スターのキャスティングも話題になった、8000万ドルをかけた大作でもある。

心に沁みるドラマチックな物語であり、悲しみに耐えながら生きる主人公と、彼と出会ったジャーナリストの大人のロマンス描いた深いドラマ。

原作を知らずに観ていると、様々な苦難を乗り越えた男女が結局は結ばれるドラマに思えるのだが、クライマックスに訪れる悲劇により、物語はメロドラマとして終わる。

しかし、それにより、残された者が新しい人生を歩み始める道を見つけるという希望も描く、心地よい雰囲気でラストを迎える。

キャレブ・デシャネルの、自然を生かした美しい映像も印象に残る。

上記のように8000万ドルをかけた大作であることを考えると、成功と考えるのは微妙だが、北米興行収入は約5300万ドル、全世界では約1億1900万ドルのまずまずのヒットとなった。

主人公を演ずるケビン・コスナーは、何をやっても叩かれる先が見えないスランプに陥っていた頃の作品なのだが、当時の状況を考えずに観ると、実に魅力的な海の男を好演している。

全作を鑑賞しているわけではないが、主人公を愛するジャーナリストを演ずるロビン・ライト・ペンが、最も美しく思えた作品でもある。

頑固ではあるが息子を想う気持ちをストレートに伝える、主人公の父親を雰囲気ある演技で演ずるポール・ニューマン、主人公と争う義弟のジョン・サヴェージ、ヒロインの同僚である友人のイリーナ・ダグラス、人間味のある二人の上司ロビー・コルトレーン、ヒロインの息子ジェシー・ジェームズ、主人公の妻(スーザン・ブライトビル)の両親トム・アルドリッジベセル・レスリー、ヒロインの同僚ラファエル・スバージパトリシア・ベルチャー、ダイナーの店主リチャード・ハミルトン、主人公が助ける海で遭難した少女のヘイデン・パネッティーアなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021