That's Movie Talk!     4036 Movies

憧れのモニカ・ヴェロア Meet Monica Velour (2010) 3.5/5 (34)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

かつて活躍したポルノ女優に憧れる少年の一途な思いを描く、監督、脚本キース・ベアデン、主演キム・キャトラル、ダスティン・イングラム、キース・デヴィッドブライアン・デネヒー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:キース・ベアデン
製作
ゲイリー・ギルバート

ジョーダン・ホロウィッツ
脚本:キース・ベアデン

撮影:マサノブ・タカヤナギ
編集:ナオミ・ジェラティ
音楽:アンドリュー・ホランダー

出演
モニカ・ヴェロア:キム・キャトラル

トビー・ハルバート:ダスティン・イングラム
クロード:キース・デヴィッド

ポップ・ポップ:ブライアン・デネヒー
ロニー:サム・マクマレー
クレブ・オーナー:トニー・コックス
アマンダ・パク:ジー・ヤン・ハン
ケニー・スティンダール:ダニエル・イェルスキー

アメリカ 映画
配給 Gilbert Films
2010年製作 98分
公開
北米:2011年4月8日
日本:未公開
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $32,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントン州、オーバーン
17歳の高校生トビー・ハルバート(ダスティン・イングラム)は、家業のホットドッグの移動販売を手伝っていた。

祖父ポップ・ポップ(ブライアン・デネヒー)と暮らすトビーは、12歳の親友ケニー・スティンダール(ダニエル・イェルスキー)を乗せて自宅に帰る。

トビーは、1970~1980年代に活躍したポルノ女優モニカ・ヴェロア(キム・キャトラル)に憧れる異常な趣味を持っていた。

卒業式を終えたトビーは、祖父からホットドッグ・トラックを贈られるものの、嬉しくない彼はそれを売ろうとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ワシントン州、オーバーン
17歳の高校生トビーは、1970~1980年代に活躍したポルノ女優モニカ・ヴェロアに憧れていた。
卒業祝いに、家業だったホットドッグ・トラックを祖父から贈られたトビーは、それを売ろうとする。
車の買主が現れてインディアナ州在住だと知ったトビーは、近隣のクラブにモニカが出演することを知り驚く。
トラックの買主クロードに連絡したトビーは、現地のストリップ・クラブに出演したモニカのステージに感激する。
しかし、トビーが客とトラブルを起こし、その責任を問われたモニカは解雇されてしまう。
痛めつけられたトビーを連れて自宅であるトレーラーハウスに向かったモニカは、仕方なく彼を泊める。
翌日、モニカが別居中の夫と娘の親権問題などで揉めていることを知ったトビーは、彼女の幸せを考えて行動を開始するのだが・・・。
__________

かつて人気ポルノ女優だった中年女性と、オタクであるかなり異常な趣味の持ち主の少年との関係を描くヒューマン・ドラマ・タッチのコメディ。

人生経験の浅い少年が、親以上の年齢差のあるスターだった女性に憧れて恋し、痛みや挫折を経験しながら成長する姿を、アメリカの社会問題などを絡め、独特の風土などを映し出す映像で描く一作となっている。

商業映画とは言えない作品で、アメリカ本土でも限定公開(4館)されただけで、日本では劇場未公開だった。

既に50歳を過ぎていたキム・キャトラルが、人生に疲れた女性を体当たりの演技で演じ好演している。

正にオタク、異様な雰囲気を感じさせながらも心優しい少年を演ずるダスティン・イングラム、その祖父ブライアン・デネヒー、少年に助言するトラックの買主をいい味で演ずるキース・デヴィッド、主人公の夫サム・マクマレー、ストリップ・クラブのオーナー、トニー・コックス、少年が心惹かれる少女ジー・ヤン・ハン、隣人の少年ダニエル・イェルスキーなどが共演している。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ワシントン州、オーバーン
17歳の高校生トビーは、1970~1980年代に活躍したポルノ女優モニカ・ヴェロアに憧れていた。
卒業祝いに、家業だったホットドッグ・トラックを祖父から贈られたトビーは、それを売ろうとする。
車の買主が現れてインディアナ州在住だと知ったトビーは、近隣のクラブにモニカが出演することを知り驚く。
トラックの買主クロードに連絡したトビーは、現地のストリップ・クラブに出演したモニカのステージに感激する。
しかし、トビーが客とトラブルを起こし、その責任を問われたモニカは解雇されてしまう。
痛めつけられたトビーを連れて自宅であるトレーラーハウスに向かったモニカは、仕方なく彼を泊める。
翌日、モニカが別居中の夫と娘の親権問題などで揉めていることを知ったトビーは、彼女の幸せを考えて行動を開始するのだが・・・。
__________

かつて人気ポルノ女優だった中年女性と、オタクであるかなり異常な趣味の持ち主の少年との関係を描くヒューマン・ドラマ・タッチのコメディ。

人生経験の浅い少年が、親以上の年齢差のあるスターだった女性に憧れて恋し、痛みや挫折を経験しながら成長する姿を、アメリカの社会問題などを絡め、独特の風土などを映し出す映像で描く一作となっている。

商業映画とは言えない作品で、アメリカ本土でも限定公開(4館)されただけで、日本では劇場未公開だった。

既に50歳を過ぎていたキム・キャトラルが、人生に疲れた女性を体当たりの演技で演じ好演している。

正にオタク、異様な雰囲気を感じさせながらも心優しい少年を演ずるダスティン・イングラム、その祖父ブライアン・デネヒー、少年に助言するトラックの買主をいい味で演ずるキース・デヴィッド、主人公の夫サム・マクマレー、ストリップ・クラブのオーナー、トニー・コックス、少年が心惹かれる少女ジー・ヤン・ハン、隣人の少年ダニエル・イェルスキーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up