4544 Movies

エム・バタフライ M. Butterfly (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1988年に初演されたデヴィット・ヘンリー・ファンの戯曲”M.バタフライ”を基に製作された作品。
フランスの外交官と中国人の京劇の歌手との恋を描く、監督デヴィッド・クローネンバーグ、主演ジェレミー・アイアンズジョン・ローンバルバラ・スコヴァイアン・リチャードソン他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・クローネンバーグ

製作:ガブリエラ・マルチネリ
製作総指揮
デヴィット・ヘンリー・ファン
フィリップ・サンド
原作:デヴィット・ヘンリー・ファンM.バタフライ”(戯曲)
脚本:デヴィット・ヘンリー・ファン
撮影:ピーター・サシツキー
編集:ロナルド・サンダース
音楽:ハワード・ショア

出演
ルネ・ガリマール:ジェレミー・アイアンズ
ソン・リリン:ジョン・ローン
ジャンヌ・ガリマール:バルバラ・スコヴァ
トゥーロン大使:イアン・リチャードソン
バーデン夫人:アナベル・レヴェントン
同志チン:シズコ・ホシ
エンタスリン:ヴァーノン・ドブチェフ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1993年製作 101分
公開
北米:1993年10月1日
日本:1994年4月23日
北米興行収入 $1,499,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1964年、北京
フランス大使館の外交官である経理のルネ・ガリマール(ジェレミー・アイアンズ)は、ある夜会で”蝶々夫人”を観劇する。

バーデン夫人(アナベル・レヴェントン)と共に席に着いたガリマールは、主演女優のソン・リリン(ジョン・ローン)の美しさに心を奪われる。

公演後、ソンに声をかけたガリマールは、教養を深めるるため、本当の演劇を知りたければ京劇を観るべきだと言われる。

帰宅したガリマールは、妻のジャンヌ(バルバラ・スコヴァ)に、京劇の歌手の”蝶々夫人”を観たことを話す。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1964年、北京
フランス大使館の外交官である経理のルネ・ガリマールは、ある夜会で”蝶々夫人”を観劇し、主演女優のソンの美しさに心奪われる。
ソンと話したガリマールは誘われて京劇も鑑賞し、彼女に魅了される。
押さえきれない思いをソンに伝えたガリマールは、心を許した彼女との親交を深める。
その後ガリマールは、ソンの秘密を知らないまま、その関係はやがて愛に変わるのだが・・・。
__________

1988年にトニー賞を受賞したデヴィット・ヘンリー・ファンの戯曲”M.バタフライ”を基に、デヴィッド・クローネンバーグが監督したラブ・ストーリー。

戦慄の絆」(1988)で組んだデヴィッド・クローネンバーグジェレミー・アイアンズが再び挑んだ異色の恋愛劇で、撮影のピーター・サシツキー、編集のロナルド・サンダース、そして音楽のハワード・ショアなど、同作とほぼ同じスタッフで製作された作品。

文化大革命前夜の北京で始まる物語は、思想的堕落の罪に問われていた女優(男)が、当局にスパイ活動を強要され、東洋的な愛情表現を利用ししながらフランス人外交官と関係を持ち、それが愛に変わる姿を情緒的に描く内容となっている。

実力派として高い評価を受けるジェレミー・アイアンズの繊細な感情表現は見事だ。
人生の浮き沈みを経験しながら、その瞬間に味わった最高の喜びを想いつつ命を絶つ男性を深く演じている。

主人公が心奪われる”女優”を演ずるジョン・ローンの女装姿に無理があり、男に戻った姿の方が美しさを感じてしまう。
相手がいくら東洋的な愛情表現に応じてくれたとは言え、子供まで生まれる関係を違和感なく演出するのには無理がある。

主人公の妻バルバラ・スコヴァフランス大使のイアン・リチャードソン、主人公と関係する夫人アナベル・レヴェントン、ソン(ジョン・ローン)にスパイを強要する当局員シズコ・ホシマコ岩松夫人)、フランス情報局員のヴァーノン・ドブチェフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021