4295 Movies

M★A★S★H マッシュ M*A*S*H (1970)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1968年に発表された、リチャード・フーカーの小説”MASH: A Novel About Three ArmyDoctors”の映画化。
医師としては優秀だが、軍の規律を無視し勝手気ままに生きる若い軍医達の生き様を描く、監督ロバート・アルトマン、主演ドナルド・サザーランドトム・スケリットエリオット・グールドロバート・デュヴァルサリー・ケラーマン他共演によるブラック・コメディの傑作。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ロバート・アルトマン
製作:インゴ・プレミンジャー
原作:リチャード・フーカーMASH: A Novel About Three ArmyDoctors
脚本:リング・ランドナーJr.
撮影:ハロルド・E・スタイン
編集:ダンフォード・B・グリーン
音楽:ジョニー・マンデル

出演
ベンジャミン・フランクリン”ホークアイ”ピアース大尉:ドナルド・サザーランド

オーガスタス・ベッドフォード”デューク”フォレスト大尉:トム・スケリット
ジョン・フランシス・エグゼヴィア”トラッパー・ジョン”マッキンタイア大尉:エリオット・グールド
フランク・バーンズ少佐:ロバート・デュヴァル
マーガレット”ホット・リップス”ホーリハン少佐:サリー・ケラーマン
ヘンリー・ブレイモア・ブレイク中佐:ロジャー・ボーエン
ジョン・パトリック”デイゴ・レッド”マルケヒー神父:ルネ・オーベルジョノワ
ウォルター・コスキウスコ”ザ・ペインレス・ポール”ウォルドウスキー大尉:ジョン・シャック
マリア”ディッシュ”シュナイダー中尉:ジョー・アン・プフラグ
”レーダー”オリーリー伍長:ゲイリー・バーゴフ
チャーリー・ハモンド准将:G・ウッド
イゼキエル・ブラッドバリー”ミ・レイ”マーストン4世大尉:マイケル・マーフィー
オリヴァー・ジョーンズ大尉:フレッド・ウィリアムソン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1970年製作 115分
公開
北米:1970年1月25日
日本:1970年7月18日
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $73,200,000


アカデミー賞
第43回アカデミー賞

・受賞
脚色賞
・ノミネート
作品・監督
助演女優(サリー・ケラーマン
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1951年、朝鮮戦争下、南朝鮮。
ベンジャミン・フランクリン”ホークアイ”ピアース大尉(ドナルド・サザーランド)とオーガスタス・ベッドフォード”デューク”フォレスト大尉(トム・スケリット)の二人の軍医が、第4077M・A・S・Hアメリカ陸軍移動外科病院)に配属され、盗んだジープで現地に向かう。

食堂で看護師長マリア”ディッシュ”シュナイダー(ジョー・アン・プフラグ)に声をかけるホークアイとデュークが見かけない顔だったっために、指揮官であるヘンリー・ブレイモア・ブレイク中佐(ロジャー・ボーエン)は、二人に近づき話をする。

二人が配属されたことを知ったブレイクは、ジョン・パトリック”デイゴ・レッド”マルケヒー神父(ルネ・オーベルジョノワ)、歯科医のウォルター・コスキウスコ”ザ・ペインレス・ポール”ウォルドウスキー大尉(ジョン・シャック)、”レーダー”オリーリー伍長(ゲイリー・バーゴフ)らを紹介する。

ホークアイとデュークは、フランク・バーンズ少佐(ロバート・デュヴァル)と同じ宿舎になる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1951年、朝鮮戦争下、南朝鮮。
第4077M・A・S・Hアメリカ陸軍移動外科病院)に、ホークアイ・ピアース大尉、デューク・フォレスト大尉、トラッパー・ジョン・マッキンタイア大尉ら、三人の軍医が配属される。
腕は立つものの、看護師を追いかけ回す毎日を送っていた彼らの前に、新任看護師長ホーリハン少佐が現れる。
三人の他の態度、軍紀の乱れに呆れたホーリハンは、協力してその報告書を上げようとしていたバーンズ少佐と親密になってしまう。
しかし、凝りもしない三人と仲間達は、さらなる悪巧みを考える・・・。
__________

これでもかと言わんばかりの、主人公三人の常軌を逸した行動と、かなりリアルに描写される手術シーンの対比などで、悲惨で痛ましい戦争の現実を描き痛烈に批判しているブラック・コメディ。

さらに、作品の内容とは全くイメージの違う、物悲しい主題曲”Suicide Is Painless”も、戦争への皮肉を込めたメッセージとして効果をあげている。

ユーモアとエロティシズムを掛け合わせたロバート・アルトマンの演出は、ベトナム戦争で疲弊した当時の人々や若者達の心情や社会情勢を見事に反映している。

1996年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第43回アカデミー賞では、作品賞以下5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演女優(サリー・ケラーマン
編集賞

また、カンヌ国際映画祭ではパルムドールも受賞した。

興行収入は、北米のみで7300万ドルを超す大ヒットを記録した。

医師としては優秀なのだが、とてつもない馬鹿げた振る舞いを繰り返すドナルド・サザーランドトム・スケリットエリオット・グールドらにとっては、その後、活躍するチャンスを掴むきっかけとなった作品で、無名に近かった三人の、特異なキャラクターは異彩を放っている。

陰気で祈りばかり捧げている軍医ロバート・デュヴァル、お色気で迫る看護師長のサリー・ケラーマンM・A・S・Hの指揮官で、部下達の暴走も我関せずといった感じの中佐ロジャー・ボーエン、自殺願望を克服する大尉のジョン・シャック、従軍神父のルネ・オーベルジョノワ、魅力的な看護師ジョー・アン・プフラグ、気弱だがメカに強い伍長のゲイリー・バーゴフ、フットボールに目のない将軍役のG・ウッド、元NFLの名プレイヤーで、現役時代の背番号と同じ、”24”でフットボールの試合に登場するフレッド・ウィリアムソン、主人公の二人が日本に向かった際に行動を共にする軍医マイケル・マーフィーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020