4219 Movies

マージン・コール Margin Call (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2007-2008年の”世界金融危機”が起きる直前の時期をモデルに、窮地に陥ったある大手投資銀行の内情を描く、主演ケヴィン・スペイシーポール・ベタニージェレミー・アイアンズザカリー・クイントサイモン・ベイカー他共演、監督、脚本J・C・チャンダーによるドラマ。


ドラマ

ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:J・C・チャンダー
製作総指揮
ジョシュア・ブラム
マイケル・コルソ
カーク・ダミコ
カシアン・エルウィズ

ローズ・ガングーザ
アンソニー・グダス
ランディ・マニス
ローラ・リスター
製作
ロバート・オグデン・バーナム
マイケル・ベナローヤ

ニール・ドッドソン
ザカリー・クイント

脚本:J・C・チャンダー
撮影:フランク・G・デマルコ
編集:ピート・ボドロー
音楽:ネイサン・ラーソン

出演
サム・ロジャース:ケヴィン・スペイシー

ウィル・エマーソン:ポール・ベタニー
ジョン・トゥルド:ジェレミー・アイアンズ
ピーター・サリヴァン:ザカリー・クイント
セス・ブレッグマン:ペン・バッジリー
ジャレッド・コーエン:サイモン・ベイカー
エリック・デール:スタンリー・トゥッチ
サラ・ロバートソン:デミ・ムーア
ラメシュ・シャー:アーシフ・マンドヴィ
ヘザー・バーク:アシュリー・ウィリアムズ
メアリー・ロジャース:メアリー・マクドネル
ルイス・カーメロ:アル・サピエンザ

アメリカ 映画
配給
ライオンズゲート

Roadside Attractions
2011年製作 106分
公開
北米:2011年10月21日
日本:未公開
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $5,353,590
世界 $16,086,250


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークウォール街
ある大手投資銀行で、突然のリストラが始まり、多くの社員が職場を離れることになる。

トレーディング管理部長ウィル・エマーソン(ポール・ベタニー)は、若手社員ピーター・サリヴァン(ザカリー・クイント)やセス・ブレッグマン(ペン・バッジリー)と共に、解雇勧告担当者が現われたことを気にする。

ピーターの上司で、リスク管理部門の責任者エリック・デール(スタンリー・トゥッチ)は、実務をストップさせられ、個人情報や携帯電話の使用、社内への出入りも禁止され、荷物をまとめて、会社から退去するよう命ぜられる。

ウィルに声をかけられたデールは、今回の解雇が、部長のサラ・ロバートソン(デミ・ムーア)のせいだと知り苛立つ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨークウォール街
ある大手投資銀行で、突然、大規模なリストラが始まる。
トレーディング管理部長のウィル・エマーソンは、リスク管理部門の若手社員ピーターとセスに、冷静に振舞うよう指示を出す。
そんな中、ピーターの上司デールが解雇勧告を受け、会社から即刻、退去を命ぜられる。
世話になったデールを気遣うピーターは、別れ際に、彼から”用心しろ”と言われ、USBメモリを渡される。
残業してデータを分析したピーターは、重大な問題に気づき、ウィルとセスをオフィスに呼び戻す。
自社の資産価値以上の損失が出る可能性を知ったウィルは、投資部門責任者のサム・ロジャースをオフィスに呼ぶ。
状況を知らされたロジャースは動揺し、上司の統括責任者コーエンや、リスク管理部長サラなどの意見を聞くことになる。
コーエンはその状況から、資産売却しかないと判断するが、ロジャースは、部下を破滅に追い遣り、社の信用をなくす行動に賛成できない。
明け方も近くなり、緊急会議が招集され、CEOのトゥルドは、分析を行ったピーターからMBS/不動産担保証券の取引で、リスク管理上、大きな問題が生じたことの説明を受ける。
コーエンやサラに対処案を求めたトゥルドは、資産売却を強行する判断を下すが、ロジャースはそれに賛成できない・・・。
__________

冒頭から、お決まりの、平社員と管理職など、日本では考えられないフランクな関係などに頷きながら、リストラ勧告のシーンも、最近ではよく見られるので冷静には見ていられる。

その後の大事件の可能性と共に、重役、CEOと、次々と登場する人物の個性が、役職と共に資質のレベルアップしていく描写が実に興味深く描かれ、ドラマに引き込まれる。

ドキュメンタリー映画を中心に活躍していたJ・C・チャンダーの初監督作品であり、彼自身の脚本は第84回アカデミー賞で脚本賞にノミネートされた。

出演者の顔ぶれだけで、見逃すわけにはいかないと思わせる豪華キャスト、作品自体も見応えるのだが、北米では拡大公開には至らず、日本では劇場未公開に終わったのは残念な作品。

平社員で数千万円、幹部でその10倍以上、CEOに居たっては、数十億の年収を受け取っている現状がかなり強調されていて、その庶民感覚を逸脱した現実、利益追求に手段を選ばない、身勝手な経営方針などに対する、批判と強烈な皮肉を込めて描かれている。

数十億どころか、百億単位の年収を得る経営者も少なくない。

主演のケヴィン・スペイシーは、リストラが行われている最中に、日に1000ドルの治療費をかけていた瀕死の愛犬のことを考え涙している人物から、危機に直面し、部下や社を思う人間味溢れる重役をいつもながら深みのある演技で熱演している。

中堅幹部としてインパクトある役柄のトレーディング管理部長を好演するポール・ベタニー、善悪は抜きにして、危機を冷静に分析し自らを敗者としないための計画を断行するCEO役のジェレミー・アイアンズ、製作にも参加している、自社の危機を分析によって知る若手社員ザカリー・クイント、同僚ペン・バッジリー、投資部門統括責任者サイモン・ベイカー、リスク管理部門管理職、分析を遣り残して解雇されるスタンリー・トゥッチ、その同僚デミ・ムーア、上層部のアーシフ・マンドヴィ、解雇勧告員のアシュリー・ウィリアムズ、主人公の妻役のメアリー・マクドネル、重役のアル・サピエンザなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020