4240 Movies

心のともしび Magnificent Obsession (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

遊び人の青年がある女性の心と身体を傷つけてしまったことをきっかけに、償いと心の葛藤に苦しむ日々を描く、監督ダグラス・サーク、主演ジェーン・ワイマンロック・ハドソン他共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ダグラス・サーク
製作:ロス・ハンター
原作:ロイド・C・ダグラス
脚本:ロバート・ブリース
撮影:ラッセル・メティ
編集:ミルトン・カラス
音楽:フランク・スキナー

出演
ヘレン・フィリップス:ジェーン・ワイマン

ボブ・メリック:ロック・ハドソン
ジョイス・フィリップス:バーバラ・ラッシュ
ナンシー・アッシュフォード:アグネス・ムーアヘッド
エドワード・ランドルフ:オットー・クルーガー
トム・マスターソン:グレッグ・パーマー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1954年製作 107分
公開
北米:1954年8月7日
日本:1955年2月13日
北米興行収入 $5,200,000


アカデミー賞 ■
第27回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優賞(ジェーン・ワイマン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
親から遺産を引き継いだボブ・メリック(ロック・ハドソン)は、湖で高速ボートを転覆させ意識不明となる。

近所のフィリップ医師邸から蘇生器を借り、メリックは一命を取り留める。

しかし、心臓発作を起こしたフィリップ医師は、蘇生器が手元になかったために亡くなってしまう。

買い物から帰った、フィリップ医師の妻ヘレン(ジェーン・ワイマン)と娘ジョイス(バーバラ・ラッシュ)は、駆けつけていた看護師ナンシー・アッシュフォード(アグネス・ムーアヘッド)からそれを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

遊び人の道楽息子メリックが事故を起こして、彼の治療のために貸し出した蘇生器がなかったために、その持ち主である、人望の厚いフィリップス医師が亡くなってしまう。
それを知ったメリックは心を痛め、未亡人となった医師の妻へレンにあらゆる方法で謝罪して誠意を見せようとするが、それが徒となり、彼女を事故に巻き込み失明させてしまう。
亡き医師の教えを著名な画家から改心していたメリックは、ヘレンの回復のために自らを犠牲にして尽力する。
しかしヘレンは、自分がメリックに重荷だと悟り、彼の元を去り消息を絶ってしまう・・・。
___________

ダグラス・サーク作品でお馴染みのスタッフによる、ラブ・ロマンスの秀作で、人間の誠意と努力が、苦難を乗り越え、気高い愛となり実を結ぶという感動のドラマでもある。

第27回アカデミー賞では、ジェーン・ワイマンが主演女優賞ノミネートされた。

ドラマの中で主人公は失明し、恨みを持つ男性とは知らずに彼と親交を深めていく。
視力が回復して男性が誰かと気づくが、その時にはわだかまりが消える奇跡のドラマと思いきや、失明中に温かい男性の心に触れて、自然に相手が恨みを持つ男性だと気づくとろや、主人公の視力は、観客の期待通りには回復せず、二人の愛が希望と共に深まっていきながら終わる結末など、ダグラス・サークの心憎い演出が冴え渡る。

突然の夫の死から、失明してしまう事故に遭い、さらには深い愛情に苦悩する波乱の人生を送る女性を、ジェーン・ワイマンは、彼女らしい穏やかな演技で見事に演じている。

わがままな道楽息子から一転、改心し、人のために尽くす努力に人生を捧げる青年を演ずるロック・ハドソンは、体格のよさもあるが、画面で一際映え、20代とは思えない貫禄も感じる。

主人公の娘バーバラ・ラッシュ、彼女の恋人で弁護士のグレッグ・パーマー、友人で看護師でもあるアグネス・ムーアヘッド、青年を善行へと導く神懸り的な存在の画家オットー・クルーガーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020