4214 Movies

刑事マディガン Madigan (1968)

  •  
  • 13
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪党に拳銃を奪われる失態で、警視総監からの命令により犯人逮捕を命ぜられる刑事の必死の捜査を描く、監督ドン・シーゲルリチャード・ウィドマークヘンリー・フォンダ他共演のドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ドン・シーゲル
製作:フランク・P・ローゼンバーグ
原作:リチャード・ドハティ”The Commissioner”
脚本
ハワード・ロドマン

エイブラハム・ポロンスキー
撮影:ラッセル・メティ
編集:ミルトン・シフマン
音楽:ドン・コスタ

出演
ダニエル・マディガン:リチャード・ウィドマーク

アンソニー・X・ラッセル:ヘンリー・フォンダ
ジュリア・マディガン:インガー・スティーヴンス
ロッコ・ボナーロ:ハリー・ガーディノ
チャールズ・ケイン:ジェームズ・ホイットモア
トリシア・ベントレー:スーザン・クラーク
ミジェット・カスティグリオーネ:マイケル・ダン
マーヴィン:ウッドロー・パーフリー
ジョーンジー:シェリー・ノース
バーニー・ベネシュ:スティーヴ・イーナット
ベン・ウィリアムズ:ウォーレン・スティーヴンス
ヒューイ:ドン・ストラウド

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1968年製作 101分
公開
北米:1968年3月29日
日本:1968年4月5日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
金曜日、ニューヨークスパニッシュ・ハーレム
ダニエル・マディガン刑事(リチャード・ウィドマーク)と相棒のロッコ・ボナーロ(ハリー・ガーディノ)は、悪党のバーニー・ベネシュ(スティーヴ・イーナット)のアパートに押し入る。

二人は、女といたベネシュを連行しようとするが、隙を見た彼に銃を向けられる。

マディガンとボナーロは、ベネシュに銃を奪われた上に逃げられてしまう。

警視総監のアンソニー・X・ラッセル(ヘンリー・フォンダ)は、本部長チャールズ・ケイン(ジェームズ・ホイットモア)から、マディガンとボナーロの失態を知らされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1962年に発表された、リチャード・ドハティの小説”The Commissioner”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ニューヨークスパニッシュ・ハーレム
刑事ダニエル・マディガンと相棒のボナーロは、連行しようとした悪党ベネシュに銃を奪われた上に逃げられてしまう。
その失態を知った警視総監ラッセルは、72時間以内に犯人を逮捕するよう命ずる。
ラッセルは、旧知である本部長のケインの汚職、今回の事件、影響力のある黒人牧師からの苦情、そして既婚者の愛人トリシアからの別れ話など多くの問題を抱えていた。
マディガンは、捜査に焦る一方、平凡な暮らしを望む妻ジュリアから小言ばかり言われて苛立つ。
ベネシュと関係するノミ屋のミジェットに目を付けたマディガンは、姿を消した彼を捜し出し情報を得るのだが・・・。
__________

原作は警視総監そのものがタイトルになっているが、本作のメインは、拳銃を奪われた刑事の捜査であり、それと並行に、様々な問題を抱える警視総監の、考えを巡らせながらの実務と私生活を描く物語となっている。

何と言っても、「ダーティハリー」(1971)へとつながるドン・シーゲルのキャリアの軌跡が、今となっては実に興味深い作品でもある。

同年の7か月後に公開される「マンハッタン無宿」(1968)でクリント・イーストウッドと組むことになるドン・シーゲルは、本作でも、タイプはやや違うものの、強引な捜査で事件を解決しようとする主人公を登場させ、後の二作につながるキャラクターとして注意しながら見ていると面白い。
その「マンハッタン無宿」や「ダーティハリー」にも出演するスターも要チェックだ。

ドン・シーゲルの、各個性を生かしながらの切れのいい演出、豪華スター競演もファンには嬉しい見逃せない作品。

撮影のラッセル・メティによる、当時の生活文化をリアルに映し出す映像、軽快なドン・コスタの音楽も印象的だ。

妻を愛しながらも、命を懸けた仕事にを重視するしかない、哀歓を感じさせる生き様を見事に演ずるリチャード・ウィドマークと、彼らに指示を出す難しい立場の警視総監として職務に徹しながらも人間味を感じさせる一面も見せる、存在感としては他を圧倒するヘンリー・フォンダも好演している。

主人公の妻インガー・スティーヴンス、主人公の相棒役のハリー・ガーディノ、本部長ジェームズ・ホイットモア、警視総監の愛人スーザン・クラーク、主人公に情報を提供するマイケル・ダン、警視総監補佐ウッドロー・パーフリー、主人公と親交のある歌手シェリー・ノース、犯人スティーヴ・イーナット、主人公達の同僚刑事ウォーレン・スティーヴンス、主人公に協力するドン・ストラウドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020