4311 Movies

マデアおばさんのドタバタNY事件簿 Madea’s Witness Protection (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

出資詐欺の責任を問われ証人保護プログラム下に置かれることになった投資銀行の財務担当責任者の家族を預かることになった女性が巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本、主演タイラー・ペリー、共演ユージン・レヴィデニス・リチャーズロミオ・ミラー他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:タイラー・ペリー
製作
タイラー・ペリー
オジー・アルー
ポール・ホール
脚本:タイラー・ペリー
撮影:アレクサンダー・グラジンスキー
編集:メイシー・ホイ
音楽:アーロン・ジグマン

出演
メイベル”マデア”シモンズ/ブライアン・シモンズ/ジョー・シモンズ:タイラー・ペリー
ジョージ・ニードルマン:ユージン・レヴィ
ケイト・ニードルマン:デニス・リチャーズ
ジェイク・ネルソン:ロミオ・ミラー
バーバラ・ニードルマン:ドリス・ロバーツ
シンディ・ニードルマン:ダニエル・キャンベル
ハウイー・ニードルマン:デヴァン・リオス
ネルソン牧師:ジョン・エイモス
ハティー:マーラ・ギブス
ウォルター・バーンズ:トム・アーノルド
ルーカス:ジェフ・ジョスリン
本人:チャーリー・シーン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2012年製作 114分
公開
北米:2012年6月29日
日本:年月日 未公開
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $65,653,240
世界 $66,899,240


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
投資銀行のCFOであるジョージ・ニードルマン(ユージン・レヴィ)は、あることが気になり、土曜にも拘らず会社に向かおうとする。

ジョージの妻ケイト(デニス・リチャーズ)は、痴呆症気味の義母バーバラ(ドリス・ロバーツ)に薬を飲ませるのに苦労する。

ケイトとは9年前に結婚したことをバーバラに伝えたジョージは、母を落ち着かせて薬を飲ませる。

土曜なのに会社に行くと言うジョージに、息子のハウイー(デヴァン・リオス)の野球の試合を見に行く約束をしていたことを伝えたケイトは、時間までには戻ると言われる。

後妻である自分に反抗する娘のシンディ(ダニエル・キャンベル)の扱いに手古摺るケイトは、ジョージに助けを求める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
投資銀行のCFOであるジョージは、マフィアが絡んだ出資詐欺の責任を負わされて逮捕されてしまう。
アトランタの検事ブライアン・シモンズは、マフィアに狙われるジョージを証人保護プログラム下に置いて、彼に今回のことを証言させようとする。
父ジョーと暮らす叔母のマデアを訪ねたブライアンは、一家を預かることを断る彼女に、月4000ドルの報酬を提示して説得する。
ジョージと家族を迎えたブライアンはマデアの家に向かい、彼らを紹介するのだが・・・。
__________

日本での人気はいま一つではあるが、本国アメリカでは年間1億ドル以上稼ぐ”超大物”タイラー・ペリーが、製作、監督、脚本、主演兼ねた意欲作。

タイラー・ペリーが創造した人気キャラクター”メイベル”マデア”シモンズ”が巻き起こす騒動を描く爆笑コメディ・シリーズの7作目であり、彼は、マデアとその兄ジョー、そしてジョーの息子である検事のブライアンの三役を熱演している。

196cmの巨漢であるタイラー・ペリーが演ずる”マデア”の迫力たるや凄まじく、皮肉屋で豪快な女性を演じて大いに笑わせてくれる。

批評家からはシリーズ他作同様に酷評され、タイラー・ペリー自身もラジー賞の各部門にノミネートされてしまったが、彼の怪演と脇役陣の愉快な演技で、肩の凝らないコメディに仕上がっている。

出資詐欺の責任を負わされる投資銀行のCFOであるユージン・レヴィ、その妻デニス・リチャーズ、詐欺に遭う教会の息子ロミオ・ミラー、ジョージ(ユージン・レヴィ)の母親ドリス・ロバーツ、その孫ダニエル・キャンベルデヴァン・リオス、牧師のジョン・エイモス、マデア(タイラー・ペリー)の隣人マーラ・ギブス、ジョージの上司トム・アーノルド、ブライアン(タイラー・ペリー)の上司ジェフ・ジョスリン、エンドクレジットでチャーリー・シーンがカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020