4237 Movies

ラヴ・ストリームス Love Streams (1984)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

離婚問題を抱え心のバランスが崩れていく姉と、奇行に近い奔放な生活を送る弟、その姉弟の愛情の探求を描く、監督、脚本、出演ジョン・カサヴェテス、主演ジーナ・ローランズシーモア・カッセル他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・カサヴェテス
製作
メナハム・ゴーラン

ヨーラン・グローバス
原作:テッド・アレン
脚本
テッド・アレン

ジョン・カサヴェテス
撮影:アル・ルーバン
編集:ジョーギ・C・ヴィラシノア
音楽:ボー・ハーウッド

出演
サラ・ローソン:ジーナ・ローランズ

ロバート・ハーモン:ジョン・カサヴェテス
スーザン:ダイアン・アボット
デビー・ローソン:リサ・マーサ・ブルイット
ジャック・ローソン:シーモア・カッセル

マルガリータ:マーガレット・アボット
ミルトン・クラヴィッツ:アル・ルーバン

アルビー・スワンソン:ジェイコブ・ショウ
ジョアニー:レスリー・ホープ

アメリカ 映画
配給 Cannon Films

1984年製作 141分
公開
北米:1984年8月24日
日本:1987年10月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
妻とは離婚して、自宅で何人もの女性と奇妙な共同生活をして奔放に生きる作家ロバート・ハーモン(ジョン・カサヴェテス)は、夜はクラブで、気に入った歌手のスーザン(ダイアン・アボット)の歌を聴き、彼女を口説く。

ロバートの姉サラ・ローソン(ジーナ・ローランズ)は、15年間連れ添った夫ジャック(シーモア・カッセル)との離婚を決めて協議に入るが、13歳の娘デビー(リサ・マーサ・ブルイット)の親権は渡さないつもりでいた。

スーザンが席を立ったため、強引に彼女の車に乗り込んだロバートは、酔いながら運転してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1980年に上演された舞台の映画化で、その際のロバート役はジョン・ヴォイトだった。

*(簡略ストー リー)
人気作家ロバート・ハーモンは、妻とは離婚し、自宅で何人もの女性達と奇妙な共同生活を送っていた。
ロバートの姉サラ・ローソンは、15年間連れ添った夫ジャックとの離婚を決め協議に入るものの、娘デビーが自分との生活を拒んだために、ショックを受けて卒倒してしまう。
ある日ロバートは、初めて会う息子アルビーを預かることになり、彼が気にする女性達を引き上げさせ、父子の時間を過ごす。
ヨーロッパに旅立っていたサラは、帰国の際電話で夫ジャックに冷たくされ、仕方なく弟のロバートの元に向かう。
再会を喜ぶ姉弟だったが、ロバートはサラを残し、アルビーを連れてラスベガスに向かってしまう・・・。
__________

20年近く構想を練っていた作品だけに、愛を探求する者が、それを最も大切だと思いながらも失っていくという、ジョン・カサヴェテスが追求し続けるテーマが凝縮されたような作品である。

カサヴェテスは、ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。

夫と娘に対し過剰な愛情捧げたために、心のバランスを崩す女性、夫ジョン・カサヴェテス作品の主人公としては、定番とも言える役柄に挑んだジーナ・ローランズは、50代も過ぎ、やや落ち着いた雰囲気で円熟の演技を見せてくれる。

カサヴェテスも、奔放なその弟役を好演し、妻ジーナ・ローランズが、やや控えめに見える分、主演とも言える演技を見せてくれる。

カサヴェテスの盟友で、主人公の夫役シーモア・カッセル、その娘役のリサ・マーサ・ブルイット、ロバート(カサヴェテス)が口説くクラブ歌手ダイアン・アボット、その母マーガレット・アボット、息子ジェイコブ・ショウ、カサヴェテス・ファミリーで撮影も担当しているアル・ルーバンが弁護士役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020