4214 Movies

リトル・チルドレン Little Children (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2004年に発表された、トム・ペロッタの小説”Little Children”を基に製作された作品。
精神的に成長しきれない大人達や問題を抱えた人々の日常を描く、製作、脚本、監督トッド・フィールド、主演ケイト・ウィンスレットパトリック・ウィルソンジェニファー・コネリージャッキー・アール・ヘイリー他共演による異色のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:トッド・フィールド
製作
トッド・フィールド

アルバード・バーガー
ロン・イェルザ
製作総指揮
ケント・オルターマン

トビー・エメリッヒ
パトリック・J・パーマー
原作:トム・ペロッタLittle Children
脚本
トッド・フィールド

トム・ペロッタ
撮影:アントニオ・カルヴァッシュ
編集:レオ・トロンベッタ
音楽:トーマス・ニューマン

出演
サラ・ピアース:ケイト・ウィンスレット

ブラッド・アダムソン:パトリック・ウィルソン
キャシー・アダムソン:ジェニファー・コネリー
ロニー・マゴーヴィー:ジャッキー・アール・ヘイリー
ラリー・ヘッジス:ノア・エメリッヒ
リチャード・ピアース:グレッグ・エデルマン
メイ・マゴーヴィー:フィリス・サマーヴィル
ルーシー・ピアース:セイディー・ゴールドスタイン
アーロン・アダムソン:タイ・シンプキンス

ブルホーン・ボブ:レイモンド・J・バリー
メアリー・アン:メアリー・B・マッキャン
テレサ:トリニ・アルヴァラード

シェリル:マーシャ・ディートライン
シーラ:ジェーン・アダムス
ケイ:サラ・バクストン
ナレーター:ウィル・ライマン

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライ ン・シネマ

2006年製作 136分
公開
北米:2006年10月6日
日本:2007年7月28日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $5,463,000
世界 $14,821,660


アカデミー賞 ■
第79回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優(ケイト・ウィンスレット)
助演男優(ジャッキー・アール・ヘイリー)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ボストン郊外、ウッドワード・コート。
性犯罪者ロニー・マゴーヴィー(ジャッキー・アール・ヘイリー)が町に戻ったことで、地元住民から抗議の声が上がる。

引っ越して数年の英文学博士だった30歳の主婦サラ・ピアース(ケイト・ウィンスレット)は、3歳の娘ルーシーを連れて公園に行くのが日課だった。

サラは、子供を連れて集まるメアリー・アン(メアリー・B・マッキャン)、テレサ(トリニ・アルヴァラード)、シェリル(マーシャ・ディートライン)らに馴染めず会話に入ろうとしない。

メアリーらの関心は、”プロム・キング”と呼んでいた理想の父親に思えるハンサムなブラッド・アダムソン(パトリック・ウィルソン)で、彼にはドキュメンタリー映画作家として成功している妻キャシー(ジェニファー・コネリー)がいた。

主夫であるブラッドは、幼い息子アーロン(タイ・シンプキンス)の面倒を見ながら司法試験合格を目指していた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ボストン郊外、ウッドワード・コート。
閑静な町に、性犯罪者のロニーが戻り住民から抗議の声が上がる。
引っ越して間もない主婦のサラ・ピアースは、娘を連れて公園に行くのが日課だった。
集まる主婦達に馴染めないサラは、彼女達が注目するハンサムな子連れの男性で、”プロム・キング”と呼ばれるブラッドの存在を知る。
ひょんなことでブラッドに近づき抱擁とキスまでしてしまったサラは、司法試験合格を目指す彼のことが頭から離れなくなる。
ブラッドも、ドキュメンタリー映画作家として成功し美しい妻キャシーから心が離れ、サラとの親交を深め、やがて二人は愛し合ってしまう・・・。
__________

性犯罪者の戻った町の異様な警戒ムードで始まる物語はサスペンス・タッチで進行するのかと思いきや、ユーモアのセンスを含めた不倫劇などをシニカルに描く展開となり観客を画面に引き込む。

幼い子供などが多く登場し、性犯罪者がいつ牙を剥くかを描写する緊張感が漂う中で、濃厚なラブシーンが登場するロマンスが展開するという内容も実に興味深い。

大人になり切れない人々やアメリカの社会問題を描き、原作の面白さを生かし見事に映像化したトッド・フィールドの演出と脚本は高い評価を受け、第79回アカデミー賞では、脚色賞にノミネートされた。
他のノミネート
主演女優(ケイト・ウィンスレット)
助演男優(ジャッキー・アール・ヘイリー)

商業的成功作品ではないが、考えさせられる深い内容、そして実力派人気スター競演は注目だ。

単なる主婦ではなく英文学の修士を終了しているという知的感覚を漂わせながら、成り行きで夫以外の男性に走る女性を見事に演じるケイト・ウィンスレットは、撮影当時まだ30歳手前にして既に大女優の風格を見せている。

完璧に近い妻から心が離れ主人公との愛に溺れるパトリック・ウィルソン、その妻ジェニファー・コネリー、性犯罪者を演じ終盤で存在感を一気に発揮する、好演が光るジャッキー・アール・ヘイリー、彼を監視する元警官の住民ノア・エメリッヒ、主人公の夫グレッグ・エデルマン、性犯罪者の息子を溺愛する母親フィリス・サマーヴィル、フットボール・チームのコーチ、レイモンド・J・バリー、公園に集まる主婦メアリー・B・マッキャン、トリニ・アルヴァラードマーシャ・ディートライン、性犯罪者とデートする女性ジェーン・アダムス、アダルトサイトのモデル、サラ・バクストン、主人公の娘セイディー・ゴールドスタイン、ブラッド(P・ウィルソン)の息子タイ・シンプキンス、そしてナレーターはウィル・ライマンが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020