4233 Movies

魅惑の巴里 Les Girls (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

MGMミュージカルを支えたジーン・ケリージョージ・キューカーと組み、ミッツィ・ゲイナーケイ・ケンドールタイナ・エルグら艶やかな三女優を加えた華やかなミュージカル。


ドラマ(ミュージカル)

ジーン・ケリー / Gene Kelly / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・キューカー
製作:ソル・C・シーゲル
脚本:ジョン・パトリック
撮影:ロバート・サーティース
編集:フェリス・ウェブスター
衣装:オリー=ケリー
美術・装置
ウィリアム・A・ホーニング

ジーン・アレン
エドウィン・B・ウィリス
リチャード・ペフェール
音楽:コール・ポーター

出演
バリー・ニコルズ:ジーン・ケリー

ジョイ・ヘンダーソン:ミッツィ・ゲイナー
シビル・レン:ケイ・ケンドール
アンジェル・デュクロ:タイナ・エルグ
ピエール・デュクロ:ジャック・ベルジュラク
ジェラルド・レン卿:レスリー・フィリップス
判事:ヘンリー・ダニエル

アメリカ 映画
配給 MGM

1957年製作 114分
公開
北米:1957年10月3日
日本:1958年4月15日


アカデミー賞 ■
第30回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン賞
・ノミネート
美術・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アンジェル・デュクロ(タイナ・エルグ)は、かつて、同じ一座のダンサーだったシビル・レン(ケイ・ケンドール)を、名誉毀損で訴える裁判を起こす。

夫ジェラルド(レスリー・フィリップス)を伴い裁判所に現れ、証言台に立ったシビルは、自叙伝”レ・ガールズ”の中で、自殺未遂をしたアンジェルの、その原因となった男性が、夫のピエール(ジャック・ベルジュラク)ではないという記述を認める。

そしてシビルは、その時のことを語り始める。
__________

パリ
バリー・ニコルズ(ジーン・ケリー)率いる舞踏一座は、”バリー・ニコルズ・ガールズ”を上映していた。

シビルは、ルームメイトのジョイ・ヘンダーソン(ミッツィ・ゲイナー)と共に、バリーのオーディションを見学する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
かつての人気ダンサー、アンジェラは、自叙伝を発表した元同僚のシビルを、名誉棄損で訴える。
シビルは、自殺未遂をしたアンジェルの、その原因となった男性が、夫ピエールではないことを証言して過去を語り始める・・・。
バリー・ニコルズ率いる、舞踏一座のダンサー、シビルとジェイの二人にアンジェルが加わり、”レ・ガールズ”として人気が上がる。
その後バリーは、アンジェルに個人指導をするのだが、やがて二人は恋に落ちる。
しかし、アンジェルには婚約者ピエールがいたため、焦った彼女は舞台で失態を演じてバリーに責められてしまう。
失意のアンジェルは、思い余ってガス自殺を図り、それをシビルが発見する・・・。
翌日、証言台に立ったアンジェルだったが、アル中だったシビルこそが、バリーと親密になった挙句に自殺未遂を図ったと証言し、裁判は泥仕合となる・・・。
__________

大スターのジーン・ケリーが、サポート役とも言っていい役柄を演じ、三人のダンサーの美しさがとにかく画面に栄える。

ジョージ・キューカーの演出ということもあり、中規模舞踏一座の物語ではあるが、優雅さと共に、セットのセンスの良さや豪華さが非常に印象に残る作品でもある。

第30回アカデミー賞では、衣装デザイン賞を受賞し、美術・録音賞にノミネートされた。

ダンスのナンバーはそれほど多くはないが、コール・ポーターの美しいメロディに合わせた、スターのパフォーマンスは実に楽しい。

上記のように、ジーン・ケリーが三人の女性を立てている物語だけに、目立ち過ぎない演技ではあるが、ダンスや登場シーンでは、さすがに他とは違うオーラを感じる。

妖艶なダンサー達、結局は主人公のハートを射止めるミッツィ・ゲイナー、2年後、33歳の若さで白血病で亡くなったことが惜しまれる、レックス・ハリソン夫人ケイ・ケンドール、その夫レスリー・フィリップス、可愛らしさも残るタイナ・エルグ、その夫ジャック・ベルジュラク、判事ヘンリー・ダニエルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020