4310 Movies

とらわれて夏 Labor Day (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2009年に発表された、ジョイス・メイナードの小説”レイバーデイ”を基に製作された作品。
息子と暮らす心を閉ざす女性が、匿った脱獄犯との交流により人生を見つめ直す姿を描く、製作、監督、脚本ジェイソン・ライトマン、主演ケイト・ウィンスレットジョシュ・ブローリンガトリン・グリフィストビー・マグワイア、他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジェイソン・ライトマン

製作
リアンヌ・ハルフォン
ラッセル・スミス
ジェイソン・ライトマン
ヘレン・エスタブルック
製作総指揮
マイケル・ビューグ
スティーヴン・M・レイルズ
マーク・ロイバル
原作:ジョイス・メイナードレイバーデイ
脚本:ジェイソン・ライトマン
撮影:エリック・スティールバーグ
編集:デイナ・E・グローバーマン
音楽:ロルフ・ケント

出演
アデル・ウィーラー:ケイト・ウィンスレット
フランク・チェンバース:ジョシュ・ブローリン
ヘンリー・ウィーラー(少年期):ガトリン・グリフィス
ヘンリー・ウィーラー/ナレーター:トビー・マグワイア
ヘンリー・ウィーラー(高校生):ディラン・ミネット
フランク・チェンバース(青年期):トム・リピンスキー
マンディ・チェンバース:マイカ・モンロー
ジェラルド:クラーク・グレッグ
トレッドウェル巡査:ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク
ジャーヴィス:J・K・シモンズ
イヴリン:ブルック・スミス
エレノア:ブリード・フレミング
マージョリー:アレクシー・ギルモア
リチャード:ルーカス・ヘッジズ
バリー:マイカ・フォウラー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2013年製作 111分
公開
北米:2014年1月31日
日本:2014年5月1日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $13,371,530
世界 $20,275,810


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1987年、夏、マサチューセッツ州。
夫に去られたことで心を閉ざすアデル・ウィーラー(ケイト・ウィンスレット)は、13歳の息子のヘンリー(ガトリン・グリフィス)と共に小さな町の郊外で暮らしていた。

アデルと離婚したジェラルドは、マージョリー(アレクシー・ギルモア)と結婚して女の子が生まれ、彼女の連れ後のリチャード(ルーカス・ヘッジズ)との生活を楽しんでいた。

ジェラルドは、情緒不安定気味のアデルのことを考え、ヘンリーも一緒に暮らすことを考える。

ヘンリーは、夫を失ったことではなく、愛を失ったことを悲しむアデルと暮らすことを選び、家事を手伝い肩もみなどをして、子供なりに母を慰めようとした。

映画も観て”デート”もしたヘンリーは、アデルが得意なダンスも教えてもらった。

月に一回しか行かない買い物のため、アデルと共にスーパーに向かったヘンリーは、傷を負った男フランク・チェンバース(ジョシュ・ブローリン)に声をかけられて助けを求められる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1987年、夏、マサチューセッツ州。
夫に去られたことで心を閉ざすアデル・ウィーラーは、13歳の息子のヘンリーと共に小さな町の郊外で暮らしていた。
ある日、ヘンリーと共にスーパーに買い物に行ったアデルは、怪我をしている男フランクに助けを求められ、仕方なく家に連れて行く。
刑務所の病院で盲腸の手術中に逃亡した脱獄犯だったフランクは、危害を加えないことをアデルに約束して匿ってもらうことになる。
動揺するアデルだったが、食事を作り家の仕事をして、ヘンリーにも優しく接するフランクに次第に心を許すようになる・・・。
__________

愛を失ったことへの失望で心を閉ざす女性が、心優しい脱獄犯との交流で人生を見つめ直す姿を描くドラマ。

シニカルなコメディをヒューマニズムを感じさせながら描く、従来のジェイソン・ライトマンの作品とは異質の物語。

評価は賛否両論となり、魅力的なキャストにも拘わらず商業的にも成功したとは言えない結果に終わった。
北米興行収入 $13,371,530
世界 $20,275,810

全体的には観客受けする内容には仕上がっているが、田舎町の郊外の家とは言え、匿われている脱獄犯が外仕事や庭で遊び、引っ越しを知らないはずの家に入った警官が、部屋が片付けられていることを不審に思わなかったり、パトカーがサイレンをならしながら脱獄犯の潜伏場所に向かうなど、頭をかしげる不自然なシーンが多い。

主演のケイト・ウィンスレットは、情緒不安定気味の心を閉ざす息子と暮らす母親から、脱獄犯との親交により新たな人生の道筋を見つける女性を見事に演じている。

主人公と息子に優しく接する脱獄犯を好演するジョシュ・ブローリン、常に思いつめたような表情が印象的な主人公の息子を印象深く演ずるガトリン・グリフィス、その成人期とナレーターを担当するトビー・マグワイア、同じく高校時代のディラン・ミネット、脱獄犯フランクの青年期トム・リピンスキー、その妻マイカ・モンロー、主人公の元夫クラーク・グレッグ、その妻アレクシー・ギルモア、その息子ルーカス・ヘッジズ、パトロール警官のジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、主人公の隣人である、ジェイソン・ライトマン作品の常連J・K・シモンズ、同じく隣人のブルック・スミス、その息子マイカ・フォウラー、ヘンリー(ガトリン・グリフィス)と親交を深める少女のブリード・フレミングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020