4312 Movies

キング・ソロモン King Solomon’s Mines (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1885年に発表された、ヘンリー・ライダー・ハガードの小説”King Solomon’s Mines”を基に製作された「キング・ソロモン」(1937)のリメイク。
”キング・ソロモンの秘宝”を求めて消息を絶った夫を捜す妻と雇われたガイドの冒険を描く、製作サム・ジンバリスト、監督コンプトン・ベネットアンドリュー・マートン、主演デボラ・カースチュワート・グレンジャーリチャード・カールソン他共演のアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督

コンプトン・ベネット
アンドリュー・マートン
製作:サム・ジンバリスト
脚本:ヘレン・ドイチュ
原作:ヘンリー・ライダー・ハガードKing Solomon’s Mines
撮影:ロバート・サーティース
編集
コンラッド・A・ネルヴィッヒ
ラルフ・E・ウィンタース
音楽:ミッシャ・スポリアンスキー

出演
エリザベス・カーティス:デボラ・カー
アラン・クォーターメイン:スチュワート・グレンジャー
ジョン・グード:リチャード・カールソン
ヴァン・ブリュン/スミス:ヒューゴー・ハース
エリック・マスターズ:ローウェル・ギルモア

アメリカ 映画
配給 MGM
1950年製作 103分
公開
北米:1950年11月24日
日本:1952年2月8日
製作費 $2,258,000
北米興行収入 $5,047,000


アカデミー賞
第23回アカデミー賞

・受賞
撮影(カラー)・編集賞
・ノミネート
作品賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1897年、アフリカ
経験豊富なガイドでありハンターのアラン・クォーターメイン(スチュワート・グレンジャー)は、地区弁務官のエリック・マスターズ(ローウェル・ギルモア)から、富豪である名士からの仕事の依頼があったことを知らされる。

8年間も一緒に行動した地元の部族民を失ったばかりのアランは、それを引き受ける気になれなかった。

引退して家を直し、息子をロンドンから呼び寄せるつもりのアランは、エリックから、子供を育てる環境ではないと言われ、それならば自分がイングランドに帰国すると伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1897年、アフリカ
経験豊富なガイドでありハンターのアラン・クォーターメインは、富豪婦人エリザベス・カーティスと兄のジョンから、彼女の夫の捜索を依頼される。
カーティスが”キング・ソロモンの秘宝”を探し求める旅に出たことを知り、当初は断ったアランだったが、破格の報酬を提示されてそれを受けることにする。
出発したアランは、自然の厳しさを軽視するエリザベスと対立しながら旅を続け、様々な危険に遭いながら目的地を目指すのだが・・・。
__________

ヘンリー・ライダー・ハガードの冒険小説を基に製作された「キング・ソロモン」(1973)のリメイクであり、この後も何度も映画化されることになる、最もポピュラーな冒険物語。

今では当たり前のように思える、アフリカの大自然や動物達を映し出す映像は当時としては高く評価され、第23回アカデミー賞ロバート・サーティースが撮影(カラー)を受賞した。
また、編集賞も受賞し、作品賞にもノミネートされた。

”キング・ソロモンの秘宝”を発見するまでのストーリーはやや面白味に欠けるが、クライマックスで描かれる、人間離れした長身部族内の王位奪還の物語は見せ場の一つだ。

”貴婦人”として登場するヒロインを演ずるデボラ・カーが、大自然の厳しさの中で次第に変化していくのだが、形振り構わず旅を続ける後半の彼女の方が、美しく魅力的に見える演出に注目したい。
見かけはエレガントであっても強情であり、終始弱みを見せようとしない女性を彼女は好演している。

そんなヒロインと対立しながらも惹かれ合うようになる、経験豊富で逞しいガイドの”アラン・クォーターメイン”を演じるスチュワート・グレンジャーの熱演も見もので、デボラ・カーとは実生活で不倫関係にあったと言われることを考えると、実に興味深く鑑賞できる。

捜索に加わるヒロインの兄リチャード・カールソン、途中の村で主人公らに関わる指名手配中の殺人犯ヒューゴー・ハース、地区の弁務官ローウェル・ギルモアなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020