4501 Movies

キングスマン Kingsman: The Secret Service (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2012年に発表された、マーク・ミラーデイヴ・ギボンズによるコミック”The Secret Service”を基に製作された作品。
極秘に諜報活動をする組織”キングスマン”が、天才起業家が考える陰謀に立ち向かう姿を描く、製作、監督、脚本マシュー・ヴォーン、主演コリン・ファースサミュエル・L・ジャクソンマーク・ストロングマイケル・ケイン他共演のスパイ・アクション。


アクション/アドベンチャー

マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マシュー・ヴォーン

製作
マシュー・ヴォーン
デヴィッド・リード
アダム・ボーリング
製作総指揮
マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ
スティーヴン・マークス
クローディア・ヴォーン
ピエール・ラグランジェ
原作
The Secret Service
マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ
脚本
ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
撮影:ジョージ・リッチモンド
編集
エディ・ハミルトン
ジョン・ハリス
音楽
ヘンリー・ジャックマン
マシュー・マージェソン

出演
ハリー・ハート/ガラハッド:コリン・ファース
リッチモンド・ヴァレンタイン:サミュエル・L・ジャクソン
マーリン:マーク・ストロング
ゲイリー“エグジー”アンウィン:タロン・エガートン
チェスター・キング/アーサー:マイケル・ケイン
ロクサーヌ”ロキシー”モートン:ソフィ・クックソン
ガゼル:ソフィア・ブテラ
ミシェル・アンウィン:サマンサ・ウォマック
リー・アンウィン:ジョノ・デイヴィース
ディーン・ベイカー:ジェフ・ベル
チャーリー・ヘスケス:エドワード・ホルクロフト
ジェームズ・アーノルド教授:マーク・ハミル
ランスロット:ジャック・ダヴェンポート
ティルデ王女:ハンナ・アルストロム
リンドストローム首相:ビョルン・フローバルグ
尋問者:リチャード・ブレイク
教会のリーダー:コーリイ・ジョンソン

イギリス/アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2015年製作 129分
公開
イギリス:2015年1月29日
北米:2015年2月13日
日本:2015年9月11日
製作費 $81,000,000
北米興行収入 $128,248,210
世界 $403,788,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1997年、中東
あるテロリストを尋問する秘密諜報員は、相手が手榴弾を持っていることに気づき、仲間達を救うために犠牲になる。

ハリー・ハート、コードネーム”ガラハッド”(コリン・ファース)は、訓練して育てたリー・アンウィン(ジョノ・デイヴィース)を死なせたことを仲間のマーリン(マーク・ストロング)に謝罪する。

マーリンは、これで訓練は終わりだとジェームズ(ジャック・ダヴェンポート)に伝え、コードネーム”ランスロット”となった彼を、ハートは”キングスマン”の一員に迎える。

ハートは、後始末は自分がするとランスロットに伝える。

ロンドン
夫の死を妻ミシェル・アンウィン(サマンサ・ウォマック)に伝えたハートは、これ以上は話せないため、何かあれば、裏に刻まれた番号に電話してほしいと言って勲功メダルを渡し、その際に使う”ブローグではなくオックスフォード”という合言葉を教える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「キングスマン」(2014)
・「キングスマン: ゴールデン・サークル」(2017)

*(簡略ストー リー)
ロンドンサヴィル・ロウ
テイラーの”キングスマン”を拠点に、政府とは関係しない諜報活動を行う秘密組織”キングスマン”のハリー・ハート/ガラハッドは、リーダーのアーサーから、諜報員ランスロットが殺害されたことを知らされる。
生物兵器を開発中の組織を追っていたランスロットの殺害事件と、彼の代行要員候補を選ぶようアーサーから指示されたハートは、かつて自分達を救って犠牲になった仲間の息子エグジーに目をつける。
その頃、ランスロットを殺害させたインターネット業界の大物、大富豪で慈善家のヴァレンタインは、攻撃本能を活性化させて抑制本能を止させることができるSIMカードの大量生産を開始して、それを全世界の人々に配布する計画を実行する。
ヴァレンタインの陰謀に気づいたハートは、仲間のマーリンの訓練を受けるエグジーを一人前に育てて、敵に立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

ガイ・リッチーの盟友でもあるプロデューサー、マシュー・ヴォーンが製作、監督、脚本を務め、豪華スターが競演したスパイ・アクション。

マシュー・ヴォーンの感性を生かした軽快な演出、コメディ・タッチで展開する内容は、あらゆる年代が楽しめる快作に仕上がっている。

映画ファンにはたまらないセリフや、名作を意識した脚本など、マシュー・ヴォーンの映像感覚や斬新なアクションなど、見所が多い娯楽の要素満載の作品。

上流階級の者を俗物と考える貧困層の青年が、紳士は作られるものと言う自分を見出してくれた人物の言葉を信じて、逞しく成長していく過程と共に描かれていく、陰謀との戦いが痛快に描かれている。

北米興行収入は約1億2800万ドル、全世界では4億ドルを超える大ヒットとなった。

典型的なイギリス紳士でありながら、秘密諜報員として凄まじい活躍を見せるコリン・ファース、彼に陰謀を阻止されるインターネット業界の大物である大富豪で慈善家のサミュエル・L・ジャクソン、”キングスマン”の訓練生の教官を務めながら陰謀に立ち向かうマーク・ストロング、主人公にスカウトされる、訓練生から諜報員となるタロン・エガートン、キングスマンのリーダーを貫録で演ずるマイケル・ケイン、候補生の中の合格者として作戦に参加するソフィ・クックソン、ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)の部下である殺し屋ソフィア・ブテラ、エグジー(タロン・エガートン)の母親サマンサ・ウォマック、諜報員候補生として冒頭で死亡するその夫のジョノ・デイヴィース、ギャングのボスであるミシェル(サマンサ・ウォマック)の夫ジェフ・ベル、候補生のエドワード・ホルクロフト、ヴァレンタインに捕えられる大学教授のマーク・ハミル、諜報員のジャック・ダヴェンポート、スウェーデン王女のハンナ・アルストロム、首相のビョルン・フローバルグ、キングスマンの尋問者リチャード・ブレイク、差別的集団の教会のリーダー、コーリイ・ジョンソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021