4216 Movies

インヴィンシブル Invincible (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

カレッジ・フットボールの経験さえないヴィンス・パパーリが30歳でNFL入りした実話を基に製作された、主演マーク・ウォールバーググレッグ・キニアエリザベス・バンクス他共演、監督、撮影エリクソン・コアによる感動のサクセス・ストーリー。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト ■
監督:エリクソン・コア
製作総指揮:エズラ・スワードロウ
製作
マーク・シアーディ

ゴードン・グレイ
ケン・モク

脚本:ブラッド・ガン
撮影:エリクソン・コア
編集:ジェラルド・B・グリーンバーグ

音楽:マーク・アイシャム

出演
ヴィンス・パパーリマーク・ウォールバーグ

ディック・ヴァーミールグレッグ・キニア
ジャネット・キャントレル:エリザベス・バンクス
フランク・パパーリ:ケヴィン・コンウェイ
マックス・キャントレル:マイケル・リスポリ
トミー:カーク・アセヴェド
ピート:マイケル・ケリー
ジョニー:ダヴ・デヴィッドフ
クレイニー:マイケル・マルヘレン
レナード・トーズ:マイケル・ヌーリー
ウェイド・チャンバース:ジャック・ケーラー
シャロン・パパーリ:ローラ・グラウディーニ
キャロル・ヴァーミール:ペイジ・ターコー
スペグネッティ夫人:リン・コーエン

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2006年製作 103分
公開
北米:2006年8月25日
日本:未公開
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $57,789,570
世界 $58,480,830


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1975年、フィラデルフィア
NFLの地元チーム”フィラデルフィア・イーグルス”の不甲斐ない成績に嫌気が差すファンの中に、フットボールに思いを寄せる男ヴィンス・パパーリ(マーク・ウォールバーグ)がいた。

1976年夏。
パパーリは、週2回の臨時教師とマックス・キャントレル(マイケル・リスポリ)のバーでバーテンダーのアルバイトで生計を立てていた。

妻シャロン(ローラ・グラウディーニ)は、そんな身分で趣味のストリート・フットボールに興ずるパパーリを非難し、彼は人員削減で教師の職も失ってしまう。

同じ頃、イーグルスのオーナー、レナード・トーズ(マイケル・ヌーリー)は、UCLAから引き抜いたディック・ヴァーミール(グレッグ・キニア)のヘッドコーチ就任を発表する。

ヴァーミールは、自由公募の入団テストを実施することを公にし、パパーリは、友人のトミー(カーク・アセヴェド)やピート(マイケル・ケリー)、ジョニー(ダヴ・デヴィッドフ)らに、テストを受けることを勧められる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1975年、フィラデルフィア
失業して臨時教師とバーテンダーで生計を立てていたヴィンス・パパーリは、NFLの地元チーム”イーグルス”だけが心の支えだった。
しかし、妻はパパーリを見限り家を出てしまい、街全体は不況で、仲間達も苦悩する日々を送っていた。
そんな時、イーグルスはヘッドコーチのヴァーミールを新た迎え、彼は新人を発掘する入団テスト実施を発表する。
仲間内で抜きん出た才能を発揮するパパーリは、周囲の励ましを受けて半信半疑でテストに参加する。
そしてパパーリは、唯一人キャンプに参加することを認められて、プロとの力の差を感じつつも最善を尽くしてプレシーズンまでチームに残るのだが・・・。
__________

どこまで脚色されているかは定かではないが、絵に描いたようなアメリカン・ドリームが事実だということに驚かされる。

プロ中のプロが集結する最高の舞台に失業者が参加できるとは信じ難い話なのだが、これもアメリカという国の度量の広さなのか・・・。
これに限らず、似たような話が数あるということを考えると、そのパワーは計り知れない。

残念ながら日本及び世界では劇場未公開の国が多く、興行成績は全世界トータルで6000万ドル弱に終わった。

イーグルスの本拠地である、”ベテランズ・スタジアム”が象徴的に何度も登場するが、 実際は2004年に取り壊されていたため、スタジアム全景はCGで登場して、ペンシルベニア大学の”フランクリン・フィールド”などが撮影に使用された。
30年以上も地元では”聖地”として愛されたスタジアムへのオマージュのようにも思える。

鍛え上げた肉体で小柄ながら体を張った熱演を見せる、主人公ヴィンス・パパーリ役のマーク・ウォールバーグは、苦しい境遇から精神力で抜け出し、仲間と共に栄光を手にするナイスガイを見事に演じ切っている。

適役でないような気もするが実力派らしく好演するコーチのディック・ヴァーミール役のグレッグ・キニア、主人公を最後には受け入れる”ジャイアンツ”ファンのエリザベス・バンクス、主人公の父ケヴィン・コンウェイ、仲間達のまとめ役、バーのオーナー、マイケル・リスポリ、主人公の友人達、カーク・アセヴェドマイケル・ケリーダヴ・デヴィッドフイーグルスのオーナー役のマイケル・ヌーリー、アシスタント・コーチのマイケル・マルヘレン、TVリポーターのジャック・ケーラー、主人公の妻ローラ・グラウディーニヴァーミールの妻役ペイジ・ターコー、主人公の隣人リン・コーエンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020