4354 Movies

イン・ザ・ベッドルーム In the Bedroom (2001)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1979年に発表された、アンドレ・デビュースの短編”Killings”を基に製作された作品。
年上の女性と付き合っていた一人息子を殺された夫婦の苦悩を描く、製作、監督、脚本トッド・フィールド、主演シシー・スペイセクトム・ウィルキンソンニック・スタールマリサ・トメイ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:トッド・フィールド
製作
グレアム・リーダー
ロス・カッツ

トッド・フィールド
製作総指揮
テッド・ホープ

ジョン・ペノッティ
原作:アンドレ・デビュースKillings
脚本
ロバート・フェスティンガー
トッド・フィールド

撮影:アントニオ・カルヴァッシュ
編集:フランク・レイノルズ
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ルース・ファウラー:シシー・スペイセク

マット・ファウラー:トム・ウィルキンソン
フランク・ファウラー:ニック・スタール
ナタリー・ストラウト:マリサ・トメイ
リチャード・ストラウト:ウィリアム・メイポーザー
マーラ・キーズ:カレン・アレン
ウィリス・グリネル:ウィリアム・ワイズ
ケイティ・グリネル:セリア・ウェストン

大臣:ヴェロニカ・カートライト

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

2001年製作 131分
公開
北米:2001年11月23日
日本:2002年月8日3
製作費 $1,700,000
北米興行収入 $35,900,000
世界 $43,368,780


アカデミー賞 ■
第74回アカデミー賞
・ノミネート
作品
主演男優(トム・ウィルキンソン
主演女優(シシー・スペイセク
助演女優(マリサ・トメイ
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
メイン州、カムデン
町医者のマット・ファウラー(トム・ウィルキンソン)と妻ルース(シシー・スペイセク)の一人息子である大学生のフランク(ニック・スタール)は、帰省してロブスター漁のアルバイトをしていた。

フランクは、年上で二人の息子の母親であるナタリー・ストラウト(マリサ・トメイ)と付き合っていた。

マットの家で、ナタリーの息子の誕生日を祝うパーティーが開かれていたが、そこに彼女の夫リチャード(ウィリアム・メイポーザー)が現れる。

フランクは一応リチャードを歓迎するが、マットとルースはその様子を気にする。

ナタリーとリチャードが正式に離婚していないことも、彼女とフランクが付き合っていることも、マットはルースほど心配していなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
メイン州、カムデン
町医者のマット・ファウラーと妻ルースの一人息子フランクは、二人の息子がいる年上のナタリーと付き合っていた。
ナタリーが正式に離婚もしていないため心配するルースだったが、マットは息子の行動を見守る。
そんな時、ナタリーの夫リチャードが家に押入り暴れる事件があり、駆けつけたフランクが射殺されてしまう。
失意のマットとルースだったが、フランクの死は事故死と判断され、リチャードは保釈されてしまう。
その後、将来がある息子を失ったことで悲しむマットとルースは会話も減り、リチャードに罪を負わせることもできずに苦悩する・・・。
__________

俳優であったトッド・フィールドが、短編映画の製作を経て初監督した作品。

愛する一人息子を失った夫婦の苦悩を切実に描き、その繊細な人間描写が秀逸であるトッド・フィールドの演出手腕は高く評価された。

殆ど会話やセリフのない場面が多く挿入され、それでありながら、登場人物の心情が伝わる描写は素晴らしい。

舞台となる町で人格者として慕われる医師が、苦悩した末に実行するクライマックスで描かれる殺人計画は、それ以前とは全く違うサスペンス・タッチの展開となり、その緊迫感のある演出なども見事だ。

度々思うことだが、派手な作品だけでなく、本作のようなドラマをキッチリと作れるところが、アメリカ映画が世界を席巻できる理由だろう。

第74回アカデミー賞では、作品、主演男優(トム・ウィルキンソン)、主演女優(シシー・スペイセク)、助演女優(マリサ・トメイ)、脚本賞にノミネートされた。

絶望そして苦難を乗り越えようとしてもがき苦しむ夫婦を演じ、言葉で言い表せないような深い演技を見せるシシー・スペイセクトム・ウィルキンソンの演技は絶賛された。

主人公夫婦の息子を演ずるニック・スタール、彼と愛し合い失う辛い立場の女性を印象的に演ずるマリサ・トメイ、その夫役のウィリアム・メイポーザートム・クルーズの従弟)、その弁護士カレン・アレン、主人公夫婦の友人ウィリアム・ワイズとセリア・ウェストン、テレビに映る大臣ヴェロニカ・カートライトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020