4751 Movies

泥棒は幸せのはじまり Identity Thief (2013)

女詐欺師に騙され容疑者となったビジネスマンが巻き起こす騒動を描く、製作、主演ジェイソン・ベイトマンメリッサ・マッカーシージョン・ファヴローアマンダ・ピート他共演、監督セス・ゴードンによるコメディ。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:セス・ゴードン

製作
ジェイソン・ベイトマン

スコット・ステューバー
原案
ジェリー・イーテン

クレイグ・メイジン
脚本:クレイグ・メイジン
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集:ピーター・テッシュナー
音楽:クリストファー・レナーツ

出演
サンディ・ビグロー・パターソン:ジェイソン・ベイトマン

ダイアナ/ドーン・バッジー:メリッサ・マッカーシー
ハロルド・コーニッシュ:ジョン・ファヴロー
トリッシュ・パターソン:アマンダ・ピート
ダニエル・ケイシー:ジョン・チョー
ジュリアン:T.I.
マリソール:ジェネシス・ロドリゲス
ライリー:モリス・チェスナット
追跡集金人:ロバート・パトリック
パオロ・ゴードン:ジョナサン・バンクス
ビッグ・チャック:エリック・ストーンストリート

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2013年製作 111分
公開
北米:2013年2月8日
日本:未公開
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $134,506,900
世界 $173,965,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
コロラドデンバー
ビジネスマンのサンディ・ビグロー・パターソン(ジェイソン・ベイトマン)は、クレジットカード不正利用を監視しているという電話を受ける。

不正利用を試みられたが未然に防げたという相手(メリッサ・マッカーシー)に、サンディは無料の保護プログラムを勧められ、彼女に個人情報を教えてしまう。

情報を基に偽造カードを作ったその女性ダイアナは、クラブに向かい大金を使ってしまう。

しかし、ダイアナはバーテンダーに暴行して逮捕される。

サンディは、妻トリッシュ(アマンダ・ピート)と二人の娘と共に幸せな毎日を送っていた。

経理担当のサンディは、重役ハロルド・コーニッシュ(ジョン・ファヴロー)に呼ばれ、経営陣にボーナスを払えば会社経営の安定が望めるという、社員にとっては徳とは思えない話をされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
コロラドデンバー
ビジネスマンのサンディ・ビグロー・パターソンは、個人情報を盗まれて被害に遭う。
サンディのIDを乗っ取りクレジットカードを作り、フロリダで豪遊を始めたダイアナは、バーで暴行して逮捕されてしまう。
その事件で名前が出たサンディは容疑者となってしまい、会社を辞め新会社に勤めていたサンディは解雇されてしまう。
サンディは無実を証明するために、犯人だと分かっているダイアナを捕え、この場に連れて来ようとするのだが・・・。
__________

セス・ゴードンジェイソン・ベイトマンが、2011年の「モンスター上司」に続いて組んだ作品。

主人公が男女兼用の名前”サンディ”であったため、女詐欺師にカモにされるという設定で、二人が対面した後はロード・ムービーとなり、ギャングらに追跡される犯罪劇にも発展する。

また、詐欺師が不幸な身の上であり、極悪人でないことが分かる終盤は、人情ドラマとして描かれている。

評価は低かったものの興行収入は健闘し、北米では約1億3400万ドル、全世界では約1億7400万ドルのヒットとなった。

平凡なビジネスマンそのもののような主人公を好演するジェイソン・ベイトマン、女詐欺師を豪快に演ずるメリッサ・マッカーシーの熱演は見もので、二人の”戦い”や友情が芽生えるクライマックスもなかなかよろしい。

主人公の上司役のジョン・ファヴロー、主人公の妻アマンダ・ピート、主人公の同僚役のジョン・チョー、主人公らを追うギャング、T.I.ジェネシス・ロドリゲス、そのボス役のジョナサン・バンクス、刑事役のモリス・チェスナット、追跡集金人役のロバート・パトリック、詐欺師と一夜を共にするエリック・ストーンストリートなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022