4213 Movies

ボディ・ハント House at the End of the Street (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

引っ越した家の隣家で起きた殺人事件を気にしながら、その家族と親交を持った女子高校生の恐怖体験を描く、主演ジェニファー・ローレンスマックス・シエリオットエリザベス・シュー他共演、監督マーク・トンデライ、脚本ジョナサン・モストウによるサスペンス・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・トンデライ
製作総指揮
ライアン・カヴァノー

スティーヴ・サミュエルズ
アリソン・シルヴァー
タッカー・トゥーリー
製作
ピーター・ブロック

ハル・リーバーマン
アーロン・ライダー
原案:ジョナサン・モストウ
脚本:デヴィッド・ルーカ
撮影:ミロスラフ・バシャック
編集
スティーヴ・ミルコヴィッチ

カレン・ポーター
音楽:テオ・グリーン

出演
エリッサ・キャシディ:ジェニファー・ローレンス

ライアン・ジェイコブソン:マックス・シエリオット
サラ・キャシディ:エリザベス・シュー
ビル・ウィーヴァー:ギル・ベローズ
タイラー・レイノルズ:ノーラン・ジェラード・ファンク
キャリー・アン:エヴァ・リンク
ジリアン:アリー・マクドナルド

アメリカ 映画
配給 レラティビティ・メディア

2012年製作 101分
公開
北米:2012年9月21日
日本:2012年11月17日
製作費 $6,900,000
北米興行収入 $31,607,600
世界 $39,462,140


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ある夜、少女が両親を殺害して姿を消す。

4年後。
離婚した母サラ・キャシディ(エリザベス・シュー)と共に、シカゴから越してきた高校生のエリッサ(ジェニファー・ローレンス)は、郊外の家で新しい生活を始める。

隣家である殺人事件があった為に、サラは、その家を安く借りることができた。

その日の夜、物音で目が覚めたサラは、空き家のはずの隣家の窓の明かりを目撃して驚く。

隣人レイノルズ家のガーデン・パーティーに、エリッサと招待されたサラは、隣家にはその家族の息子ライアン・ジェイコブソン(マックス・シエリオット)が住んでいることを知らされる。

レイノルズ家のタイラー(ノーラン・ジェラード・ファンク)と知り合ったエリッサは、翌日、彼から飢餓救済の集会に誘われる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
離婚した母サラと共にシカゴから郊外の一軒家に越してきた高校生エリッサ・キャシディは、隣家で起きた殺人事件を知る。
空き家のはずの隣家には、その家族の息子のライアンが住んでいることを知ったサラは、エリッサが彼と会ったことを気にする。
エリッサは、内気で優しいライアンと親交を深めるのだが、実は彼は、失踪したと思われた妹キャリー・アンを地下室に監禁していたのだった。
二人だけで出会うことを禁ずる母サラの忠告も聞かずに、エリッサは、人々から奇異な目で見られるライアンに同情するのだが・・・。
__________

世界中の注目を集める若手実力派スター、ジェニファー・ローレンスの主演作ということで注目の作品。

彼女は、2ヵ月後に公開される「世界にひとつのプレイブック」(2012)で早くもアカデミー主演賞を獲得することになる。

ハリウッド的美女という雰囲気ではないが、貫禄すら感じる、体全体から発するオーラが他の役者とは違うジェニファー・ローレンスの、体を張った熱演は見ものだ。

彼女としては平凡な役柄とも言えるが、微妙な表情の変化や落ち着き払った台詞回しや眼差しは、20代前半とは思えずに見入ってしまう。

それにしても、終盤の種明かしをしてしまうこの邦題は考えものだ。

悲しげな表情には心の傷が隠されていたという結末も残酷である、主人公の隣家に住む青年マックス・シエリオット、彼女が母親役に相応しくなったことで時代の流れを感じる、主人公の母親役エリザベス・シュー、彼女の相談役である警察官ギル・ベローズ、隣人の高校生ノーラン・ジェラード・ファンク、隣家に監禁されていた青年の”妹”エヴァ・リンク、主人公の友人アリー・マクドナルドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020