4506 Movies

ホテル・ルワンダ Hotel Rwanda (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ルワンダ紛争”末期に起きた”ルワンダ虐殺”時に1200人以上の避難民を匿ったホテル支配人の勇気ある行動を描く、製作、監督、脚本テリー・ジョージ、主演ドン・チードルソフィー・オコネドーニック・ノルティホアキン・フェニックスジャン・レノ他共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:テリー・ジョージ
製作
A・キットマン・ホー
テリー・ジョージ

脚本
テリー・ジョージ

ケア・ピアソン
撮影:ロベール・フレース
編集:ナオミ・ジェラティ
音楽
アフロ・ケルト・サウンド・システム

ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
アンドレア・グエラ

出演
ポール・ルセサバギナドン・チードル

タチアナ・ルセサバギナソフィー・オコネドー
オリヴァー大佐:ニック・ノルティ
ジャック・ダグリッシュ:ホアキン・フェニックス
ティレン:ジャン・レノ
オギュスタン・ビジムング将軍:ファナ・モコエナ
デュベ:デズモンド・デュベ
デヴィッド:デヴィッド・オハラ
パット・アーチャー:カーラ・セイモア
ジョルジュ・ルタガンダハキーム・ケイ=カジーム
グレゴワール:トニー・キゴロギ
トーマス・ミラマ:アントニオ・ライオンズ
フィデンス・ミラマ:レレティ・クマロ

イギリス/イタリア/南アフリカ 映画
配給
MGM

Lionsgate Films
2004年製作 121分
公開
イギリス:2005年2月25日
イタリア:2005年3月11日
北米:2004年12月22日
日本:2006年1月14日
製作費 $17,500,000
北米興行収入 $23,472,900
世界 $33,882,240


アカデミー賞 ■
第77回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優(ドン・チードル
助演女優(ソフィー・オコネドー
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1994年、ルワンダ
フツ族ツチ族の長年の敵対が続き、フツ族の過激派民兵組織”インテラハムウェ”の現地リーダー、ジョルジュ・ルタガンダハキーム・ケイ=カジーム)は、旧政府勢力”RPF”(ルワンダ愛国戦線)の一掃をラジオ放送で宣言する。

キガリ
サベナ・ベルギー航空”が経営する”オテル・デ・ミル・コリン”の副支配人ポール・ルセサバギナドン・チードル)は、従業員デュベ(デズモンド・デュベ)と共に空港に向いキューバからの荷物を受け取る。

その後、フツ族であるポールルタガンダに会い、キューバ産の葉巻を渡す。

ポールは集会に誘われるものの、政治に関わる暇がないことを伝え、その場でビールなどを仕入れてホテルに向かう。

ルタガンダが危険人物だとデュベに忠告されたポールは、彼らが愚かなだけでやがて活動も終わると考えていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1994年、ルワンダキガリ
フツ族ツチ族の長年の敵対が続いていた。
サベナ・ベルギー航空”が経営する”オテル・デ・ミル・コリン”の副支配人ポール・ルセサバギナは、軍人や外交官などに気配りして恩を売り、混乱時には家族を救うことを考えていた。
フツ族ポールは、ツチ族の妻タチアナが不安を抱えているため情勢を見守るものの、ハビャリマナ大統領が暗殺されたことをきっかけにして民兵の残虐行為が始まる。
現れた兵士に賄賂を渡すために、タチアナと子供達そして匿った隣人を連れてホテルに向かったポールは、何とか解放される。
国連平和維持軍のオリヴァー大佐の協力を得ながら、混乱するホテル運営を任されたポールは、次々と現れる避難民を見捨てることができずに匿うのだが・・・。
__________

実在の人物の人道的な行為を描いた作品であり、当時の情勢を知るために、まず”ルワンダ紛争”と”ルワンダ虐殺”などについての予習をしてご覧になることをお勧めします。

軍人や外交官などをもてなして恩を売る、世渡りのうまいビジネスマンとしても優秀である主人公ポール・ルセサバギナが、賄賂を全て使い果たしてまでも人命を救おうとする姿を見て、「シンドラーのリスト」(1993)の主人公”オスカー・シンドラー”を思い起こした方は多いはずだ。

民族抹殺の残虐性などは平和国家で暮らしている者にとっては信じ難い行為なのだが、それが本作の舞台に限らず世界各地で行われているかと思うと恐ろしい。

救う価値のない対象と判断すれば、それをゴミのように扱う西側諸国の対応なども描く、社会性に触れた厳しい内容のドラマは、この手の作品の多くと同じように鑑賞に覚悟がいると言ってもいい。

実際は更に悲惨であっただろうと思える映像が次々と登場するが、リアリズムと社会問題を追及する、製作と脚本を兼ねたテリー・ジョージの力強い演出は高く評価された。

第77回アカデミー賞では、そのテリー・ジョージケア・ピアソンが脚本賞に、また主人公夫婦を演じたドン・チードルソフィー・オコネドーが、それぞれ主演男優と助演女優賞にノミネートされた。

キャリア・ベストのパフォーマンスと言えるオスカー候補になったドン・チードルは、支配者階級気取りの恵まれた生活から地獄を見る男性ポール・ルセサバギナの苦闘を見事に演じ、その妻タチアナ役のソフィー・オコネドーの好演も光る。

国連平和維持軍の大佐ニック・ノルティイギリスのテレビ取材班のカメラマン役ホアキン・フェニックス、リポーターのデヴィッド・オハラ、ホテルを経営する”サベナ・ベルギー航空”の社長ジャン・レノオギュスタン・ビジムング将軍のファナ・モコエナ、主人公を慕う部下デズモンド・デュベ赤十字の社員カーラ・セイモアフツ族の過激派民兵組織”インテラハムウェ”のリーダー、ジョルジュ・ルタガンダハキーム・ケイ=カジーム、主人公を憎む従業員トニー・キゴロギ、主人公の義兄アントニオ・ライオンズ、その妻レレティ・クマロなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021