4508 Movies

バウンティ・ジャスティス Honour (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

異民族と愛し合ったために名誉を守る家族から命を狙われる女性と、その殺人を依頼された賞金稼ぎの関係を描く、出演アイーシャ・ハートパディ・コンシダインハーヴィー・ヴァーディ他共演、監督、脚本シャン・カーンによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:シャン・カーン

製作
ニシャ・パルティ
ジェイソン・ニューマーク
脚本:シャン・カーン
撮影:デヴィッド・ヒッグス
編集:ベヴァリー・ミルズ
音楽:テオ・グリーン

出演
モナ:アイーシャ・ハート
賞金稼ぎ:パディ・コンシダイン
モナの母親:ハーヴィー・ヴァーディ
カシム:ファラズ・アユーブ
アデル:シュバム・サラフ
タンヴィル:ニケシュ・パテル

イギリス 映画
配給
108 Media
Pinewood Pictures
2014年製作 104分
公開
イギリス:2014年4月4日
北米:2014年7月11日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
パキスタン人のモナ(アイーシャ・ハート)は荷物を持参して帰宅し、自分行動を非難する母親(ハーヴィー・ヴァーディ)の態度を気にする。

兄カシム(ファラズ・アユーブ)が来ると知ったモナは警戒し、母と共に三人で食事をして、その後、居間でくつろぐ。

母から手の焼ける娘だと言われ愚痴をこぼされたモナは、トイレに行ったカシムに背後から襲われ、ヒモで首を絞められる。

母はモナの足を押さえつけて、カシムはモナが動かなくなったためにヒモを緩める。

帰宅した息子アデル(シュバム・サラフ)に気を確かに持つようにと伝えた母は、空のトランクを二階から下ろすよう指示する。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン
パキスタン人のモナは、イスラム教徒ではあるが異民族の青年タンヴィルと愛し合うようになる。
それが許されないことであるため、モナはタンヴィルと駆け落ちすることを考えるのだが、家族の名誉を守ろうとする母親と息子のカシムは、モナを殺そうとする。
それを実行してモナを森に埋めようとした母親らだったが、生きていたモナは逃亡する。
賞金稼ぎの男を雇った母親は、モナを捜しだし、連れ戻せない場合は殺害するように指示する。
それを引き受けた男は、情報を入手してモナを捜しだすのだが・・・。
__________

同じ宗教間でも許されない異民族の結婚を決意した女性の苦悩、そして、名を汚された家族の名誉を守ろうとする”殺人”を描くサスペンス。

冒頭は外国人への差別問題から始まり、イスラム教徒の家庭で起きる、母親と息子が娘を殺そうとする衝撃的なシーン(この時点では何の説明もないため、観客は事態が全く理解できない)で物語は始まる。

原題の”Honour”が意味するものは単なる”名誉”ではなく、イスラム法の”名誉の殺人”から引用したもので、家族の名誉を汚した殺人は正当化されるという理解の基によるものである。

同じ宗教であっても異民族との性交渉及び結婚も許されない、それが家族の名を汚すことと判断される”死”につながる厳しい戒律は、恐ろしささえ感じる。

母親と兄に命を狙われる女性の父親が既に他界していることがポイントで、家長である父親が生存していた場合でも、母親と同じく娘の命を奪おうとするのか・・・。
そんな家族の問題に、イギリス人の賞金稼ぎが絡み複雑に展開していくという異色作。

異民族と愛し合ったために、家族に命を狙われるイスラム教徒の女性アイーシャ・ハート、彼女の捜索と殺害を依頼される賞金稼ぎを深い演技で演ずるパディ・コンシダイン、娘の不貞を家族の恥と考え殺害を実行する母親ハーヴィー・ヴァーディ、母と共に妹の命を狙う警官のファラズ・アユーブ、その弟シュバム・サラフ、恋人であるパンジャーブ人のニケシュ・パテルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021