4216 Movies

ホーム・アローン Home Alone (1990)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

製作ジョン・ヒューズ、監督クリス・コロンバス、撮影当時9歳のマコーレー・カルキンが大活躍して世界中で大ヒットし5億ドル以上を稼ぎ出した、ジョー・ペシダニエル・スターンジョン・ハードキャサリン・オハラジョン・キャンディ他共演によるハート・ウォーミング・コメデイのメガ・ヒット作。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:クリス・コロンバス
製作:ジョン・ヒューズ
製作総指揮
マーク・レヴィンソン

スコット・M・ローゼンフェルト
脚本:ジョン・ヒューズ
撮影:ジュリオ・マカット
編集:ラジャ・ゴズネル
音楽:ジョン・ウィリアムズ
作詞:レスリー・ブリッカス
(“Somewhere in My Memory”)

出演
ケヴィン・マカリスター:マコーレー・カルキン
ハリー・ライム:ジョー・ペシ
マーヴ・マーチャンツ:ダニエル・スターン
ピーター・マカリスター:ジョン・ハード
ケイト・マカリスター:キャサリン・オハラ
バズ・マカリスター:デヴィン・ラトリー
フランク・マカリスター:ゲリー・バンマン
レスリー・マカリスター:テリー・スネル
リニー・マカリスター:アンジェラ・ゴーサルズ
ミーガン・マカリスター:ヒラリー・ウルフ
フラー・マカリスター:キーラン・カルキン
ジェフ・マカリスター:マイケル・C・マロンナ
ヘザー・マカリスター:クリスティン・ミンター
トレイシー・マカリスター:センタ・モージズ
ロッド・マカリスター:ジェディダイア・コーエン
ソンドラ・マカリスター:ダイアナ・キャンピーヌ
ブルック・マカリスター:アンナ・スロットキー
マーリー老人:ロバーツ・ブロッサム
ガス・ポリンスキー:ジョン・キャンディ
ミッチ・マーフィー:ジェフリー・ワイズマン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1990年製作 103分
公開
北米:1990年11月16日
日本:1991年6月22日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $285,761,240
世界 $533,800,000


アカデミー賞 ■
第63回アカデミー賞
・ノミネート
作曲・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シカゴ
マカリスター家は、クリスマス休暇でパリ旅行に行くことになり、兄一家と共に準備に追われている。

そこに、警官に扮した強盗のハリー・ライム(ジョー・ペシ)が家を下見に来るが、急がしい一家に相手にされない。

一家の末っ子ケヴィン(マコーレー・カルキン)は、長男バズ(デヴィン・ラトリー)にからかわれて騒ぎを起こす。

何とか家の警備や旅行のことを聞き出したハリーは、その場にいたケヴィンに微笑みかけ帰って行く。

母親ケイト(キャサリン・オハラ)に叱られたケヴィンは、屋根裏部屋で寝ることになる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

続編「ホーム・アローン2」(1992)他も公開された。

*(簡略ストー リー)
マカリスター家は兄一家とで、クリスマス休暇をパリで過ごす計画でいた。
末っ子ケヴィンは兄バズと揉め事を起こし、母親ケイトに叱られ、屋根裏部屋に閉じ込められてしまう。
翌朝、出発を前に寝過ごした一家は大慌てとなり、ケヴィンは独り家に置き去りにされてしまう。
そうとも知らずに一家は空港に向かい、ケヴィンもそれに気づきくが、彼は寂しがるどころか、たった一人で独占できる我が家の生活を喜び大はしゃぎする。
しかし、強盗コンビ、ハリーとマーヴが、下見を済ませ、マカリスター家を狙っていた・・・。
__________

家族で過ごすはずのクリスマスが、離れ離れになってしまい、一時は自由を満喫するものの、やはり家族が揃う家が一番大切だとわかるという、伝統的な思いを込めたクリスマス作品として、クリス・コロンバスは、ほのぼのとした雰囲気で描き切り、子供も大人も文句なく楽しめる。

また、子供じみていると言えばそれまでだが、ケヴィンが考える強盗撃退の仕掛けの豊富さも面白い。

製作費1500万ドルの本作は、北米のみで約2億8600万ドル、全世界ではなんと5億3400万ドルの大ヒットとなった。

第63回アカデミー賞は、作曲、歌曲賞にノミネートされた。

ベテラン俳優を圧倒して、奮闘するマコーレー・カルキンの可愛らしさと元気のよさ、また堅物の老人に説教したりするセリフ回しと彼の演技は、当時、世界中の人々を驚かせ魅了した。

しかし、ご承知の通り彼はその後はトラブル続きで、薬物とマリファナ所持で逮捕されている。

ジョー・ペシダニエル・スターンの間抜けな強盗は、愛嬌があり憎めない。

また、キャサリン・オハラの、”真面目”な大慌て振りも、かなり可笑しい。

今は亡きジョン・キャンディの、巨体が登場するだけで楽しいが、巡業の親の辛さをしみじみ語る場面などは、なかなか説得力もある。

本作を観ると、エスカレートし過ぎに思える、日本でのクリスマスのイルミネーションの品のなさがよく分かる。
作品中の各家庭は、シンプルで実に素敵だ。

マカリスター家の家長のジョン・ハード、長男のデヴィン・ラトリー、伯父ゲリー・バンマン、殺人鬼に疑われる隣人の老人ロバーツ・ブロッサムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020