4216 Movies

動く標的 Harper (1966)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1949年に発表された、ハードボイルド作家ロス・マクドナルドによる小説”The Moving Target”の映画化。
蒸発か誘拐か、富豪の失踪の捜査を依頼された私立探偵が、悪人の陰謀や黒幕の罠に翻弄されながらも真相を追求する姿を描く、監督ジャック・スマイト、主演ポール・ニューマンローレン・バコールジュリー・ハリスアーサー・ヒルジャネット・リーロバート・ワグナー他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ローレン・バコール / Lauren Bacall / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジャック・スマイト
製作
ジェリー・ガーシュウィン
エリオット・カストナー

原作:ロス・マクドナルド
脚本:ウィリアム・ゴールドマン
撮影:コンラッド・L・ホール
編集:ステファン・アームステン
音楽:ジョニー・マンデル

出演
ポール・ニューマン:ルー・ハーパー
ローレン・バコール:エレイン・サンプソン
ジュリー・ハリス:ベティ・フレイルス
アーサー・ヒル:アルバート・グレイヴス
ジャネット・リー:スーザン・ハーパー
ロバート・ワグナー:アラン・タガート
ロバート・ウェバー:ドワイト・トロイ
シェリー・ウィンタース:フェイ・エスタブローク
パメラ・ティフィン:ミランダ・サンプソン
ハロルド・グールド:スペンサー保安官
ストローザー・マーティン:クロード
ロイ・ジェンソン:パドラー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1966年製作 120分
公開
北米:1966年2月23日
日本:1966年7月
製作費 $3,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
私立探偵ルー・ハーパー(ポール・ニューマン)は、友人の弁護士アルバート・グレイヴス(アーサー・ヒル)の紹介で、大富豪サンプソン邸を訪れる。

サンプソン夫人、エレイン(ローレン・バコール)は、蒸発した夫の捜索をハーパーに依頼する。

ハーパーは、離婚協議中の妻スーザン(ジャネット・リー)との話し合いにも顔を出さないまま、仕事に取り掛かる。

エレインの義理の娘ミランダ(パメラ・ティフィン)から、義母の嫌味を聞かされたハーパーは、サンプソンと行動を共にしていた専属パイロット、アラン・タガート(ロバート・ワグナー)から主人が消えた時の状況を聞く。

アランに、アルバートの事務所まで送られたハーパーは、若いミランダの婿候補が、はるか年上のアルバートだということを知らされる。

サンプソン家の顧問弁護士アルバートに、ハーパーは費用の割増を要求し、代わりに、ミランダに彼を売り込むことを約束する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1949年に発表された、ハードボイルド作家ロス・マクドナルドによる小説”The Moving Target”の映画化で、彼の作品の20作品ほどに登場する主人公”ルー・アーチャー”が、本作では”ルー・ハーパー”となり、作品の原題が”Harper”となっている。

*(簡略ストー リー)
私立探偵ルー・ハーパーは、友人の弁護士アルバートの紹介で大富豪サンプソン邸を訪れ、夫人エレインから、蒸発した夫の捜索を依頼される。
早速、仕事にとりかかったハーパーだったが、サンプソンの専属パイロットであるアランから、アルバートが、依頼人エレイン義娘ミランダの婿候補だと知らされる。
その後ハーパーは、サンプソンが、かつての人気女優フェイの知人だと知る。
その後ハーパーは、フェイの夫トロイが悪事に手を染めていることに気づく。
その頃、エレインの元に、身代金50万ドルを要求する脅迫状が届く。
そしてハーパーは、サンプソンが蒸発ではなく、事件に巻き込まれていることを確信するのだが・・・。
__________

1975年に、同じロス・マクドナルド原作による続編、「新・動く標的」も公開された。

テレビ・ドラマで活躍していたジャック・スマイトは、本作で注目されるようになり、特に1970年代は「エアポート’75」(1974)、「ミッドウェイ」(1976)などの超大作の監督を務めた。

敏腕とは言えない冴えない私立探偵が、妻との不仲に悩みながらも事件を探ろうとする、直球に変化球、変幻自在の自己流の捜査方法や、どこか裏のありそうな多彩な登場人物などとの駆け引きで見せる、ウィリアム・ゴールドマンの巧みで思わせ振りな脚本も、面白味があり十分に楽しめる。

やや三枚目風のポール・ニューマンの、人間味ある男臭さが、作品にパンチを与え、後にレーサーとなる、彼のスピード狂の片鱗も垣間見ることが出来る。

結局は、夫の死など全く気にしない依頼人で、40代前半にして、さすがに貫禄を見せるローレン・バコール、清純派の雰囲気を払拭して、悪に手を染めるジュリー・ハリス、事件の黒幕ではあるが、気弱で憎めない弁護士アーサー・ヒル、主人公の妻役で要所を引き締める美しいジャネット・リー、いかにもプレイボーイ風で、犯行に加担するロバート・ワグナー、密入国者のブローカー、ロバート・ウェバー、その妻で、アル中の元女優役シェリー・ウィンタース、小悪魔的な魅力が印象的な依頼人の義娘パメラ・ティフィン、保安官ハロルド・グールド、新興宗教の教祖ということになっているストローザー・マーティン、その仲間ロイ・ジェンソンなど、魅力的な共演陣も注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020