4452 Movies

グレムリン Gremlins (1984)

  •  
  •  
  • 110
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

可愛いペットから変身した小悪魔”グレムリン”が巻き起こす騒動を描く、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグフランク・マーシャルキャスリーン・ケネディ、監督ジョー・ダンテ、脚本クリス・コロンバス、主演ザック・ギャリガンフィービー・ケイツホイト・アクストン他共演のコメディ・ホラー。


コメディ

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョー・ダンテ

製作:マイケル・フィネル
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ
フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
脚本:クリス・コロンバス
撮影:ジョン・ホラ
編集:ティナ・ハーシュ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ウィリアム”ビリー”ペルツァー:ザック・ギャリガン
ケイト・ベリンジャー:フィービー・ケイツ
ランドール”ランド”ペルツァー:ホイト・アクストン
リン・ペルツァー:フランシス・リー・マッケイン
ルビー・ディーグル:ポリー・ホリデイ
ピート・フォンテイン:コリー・フェルドマン
アンダーソン:ハリー・ケリーJr.
ミスター・ウィン:ケイ・ルーク
ジェラルド・ホプキンス:ジャッジ・ラインホルド
マレー・ファッターマン:ディック・ミラー
シーラ・ファッターマン:ジャッキー・ジョセフ
モリナーロ医師:ジョン・C・ベッカー
ジョー・ハリス:ベリンダ・バラスキ
ロイ・ハンソン:グリン・ターマン
ロナルド・コーベン:エドワード・アンドリュース
フランク保安官:スコット・ブラディ
ブレット保安官補:ジョナサン・バンクス
ギズモ:ホーウィー・マンデル
ストライプ/モグワイ/グレムリン:フランク・ウェルカー
ロッキン”リッキー”リアルト:ドン・スティール
ロビー(ロボット):マーヴィン・ミラー
モグワイ/グレムリン:フレッド・ニューマン
モグワイ/グレムリン:マーク・ドドソン
モグワイ/グレムリン:マイケル・ウィンスロー
モグワイ/グレムリン:ピーター・カレン
モグワイ/グレムリン:ボブ・バーゲン
モグワイ/グレムリン:マイケル・シーハン
リカンベント自転車に乗る男性:スティーヴン・スピルバーグ
テレビ・ニュース・リポーター:ジム・マックレル
電話ボックスの男性:ジェリー・ゴールドスミス
ジョーンズ:チャック・ジョーンズ
ガソリンスタンドの店員:ケネス・トビー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1984年製作 106分
公開
北米:1984年6月8日
日本:1984年12月8日
製作費 $11,000,000
北米興行収入 $153,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
チャイナタウン
発明家のランドール”ランド”ペルツァー(ホイト・アクストン)は、息子ウィリアム”ビリー”(ザック・ギャリガン)へのクリスマス・プレゼントを探していた。

ランドは、ある怪しげな店でモグワイという動物を見つけて買い取ろうとするが、店主のミスター・ウィン(ケイ・ルーク)はそれを断る。

現金が必要だと言うミスター・ウィンの孫は、外で待たせたランドにモグワイを売る。

少年は、モグワイは明るい光を嫌い日光で死に至り、水に濡らしてはならないことと、真夜中過ぎに食べ物は与えてはいけないとランドに伝える。

キングストン・フォールズ。
銀行員のビリーは、車のエンジンがかからないために、愛犬バーニーと共に走って出勤する。

何んとか遅刻は免れたビリーは、同僚のケイト・ベリンジャー(フィービー・ケイツ)から、不動産業者で意地の悪いルビー・ディーグル(ポリー・ホリデイ)がパブを潰そうとしているのを阻止するために、嘆願書の署名を頼まれる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
クリスマス・シーズン。
発明家のランド・ペルツァーは、チャイナタウンで、息子ビリーのためにプレゼントを探し、ペットのモグワイを手に入れて帰宅する。
モグワイをビリーに渡したランドは、光と水は禁物で、夜中過ぎには食べ物を与えてはいけないことを伝える。
ギズモと名付けられたモグワイはビリーに可愛がられるが、誤ってかかった水滴から5匹のモグワイが生まれる。
更にビリーは、時計が壊れていることに気づかず、夜中過ぎに食べ物を与えてしまったために、ギズモ以外のモグワイはサナギになってしまう。
やがて、生まれ変わった小悪魔”グレムリン”がサナギから孵り、ビリーや町の人々に襲いかかる・・・。
__________

スティーヴン・スピルバーグが、クリス・コロンバスの脚本を気に入り映画化した作品。

父親からプレゼントされたペットとの触れ合いを描くハート・ウォーミング映画かと思いきや、ルールを破ったために、おぞましい姿に変身した”グレムリン”が人間に襲いかかる、ホラーだという内容が実に興味深い。

1980年代初頭に製作されたことを考えると、大量に繁殖したグレムリン達の暴れまわる姿を描写する映像は見事であり、大人でも十分に楽しめる内容に仕上がっている。

1100万ドルで製作された作品は、北米だけで約1億5300万ドルというヒットとなり、1990年には続編の「グレムリン2」が公開された。

翌年公開される「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)の撮影が行われたセットが、オープニング・タイトル時などで使用されているのも注目だ。

電話ボックスの男性として出演もしている、ジェリー・ゴールドスミスの楽しいテーマ曲も印象的。

発明家の父親(ホイト・アクストン)からプレゼントされたペットの飼い方を誤ったために、町を混乱させることになってしまう主人公の青年を演ずるザック・ギャリガン、彼とは銀行の同僚でもある、互いに惹かれ合う仲のフィービー・ケイツ、主人公の母親フランシス・リー・マッケイン、意地悪な不動産業者の婦人ポリー・ホリデイ、主人公の友人の少年コリー・フェルドマン、町の住人である老人ハリー・ケリーJr.、モグワイの持ち主の中国ケイ・ルーク、主人公を嫌う上司ジャッジ・ラインホルド、重機を扱う住人ディック・ミラー、その妻ジャッキー・ジョセフ、医師のジョン・C・ベッカー、町の住人ベリンダ・バラスキ、科学の教師グリン・ターマン、銀行の支店長エドワード・アンドリュース、保安官のスコット・ブラディ、保安官補ジョナサン・バンクスリカンベント自転車に乗る男性のスティーヴン・スピルバーグ、テレビ・ニュース・リポーターのジム・マックレル、電話ボックスの男性ジェリー・ゴールドスミス、町の住人チャック・ジョーンズ、ガソリンスタンドの店員ケネス・トビーなどが共演している。

声の出演
ギズモ:ホーウィー・マンデル
ストライプ/モグワイ/グレムリン:フランク・ウェルカー
ロッキン”リッキー”リアルト:ドン・スティール
ロビー(ロボット):マーヴィン・ミラー
モグワイ/グレムリン:フレッド・ニューマン
モグワイ/グレムリン:マーク・ドドソン
モグワイ/グレムリン:マイケル・ウィンスロー
モグワイ/グレムリン:ピーター・カレン
モグワイ/グレムリン:ボブ・バーゲン
モグワイ/グレムリン:マイケル・シーハン


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021