4237 Movies

グリーン・ランタン Green Lantern (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

DCコミックの人気キャラクター”グリーンランタン”の実写版作品。
宇宙の調和を守る部隊”グリーン・ランタン”に選ばれた、地球人青年パイロットの活躍を描く、監督マーティン・キャンベルライアン・レイノルズブレイク・ライヴリーピーター・サースガードマーク・ストロングアンジェラ・バセットティム・ロビンスジェフリー・ラッシュ共演のアクション・アドベンチャー超大作。


アクション/アドベンチャー

マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・キャンベル

製作総指揮
ハーブ・ゲインズ

アンドリュー・ハース
製作
グレッグ・バーランティ

ドナルド・デ・ライン
脚本
グレッグ・バーランティ

マイケル・グリーン
マーク・グッゲンハイム
マイケル・ゴールデンバーグ
撮影:ディオン・ビーブ
編集:スチュアート・ベアード
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ハル・ジョーダン/グリーン・ランタン:ライアン・レイノルズ

キャロル・フェリス:ブレイク・ライヴリー
ヘクター・ハモンド博士:ピーター・サースガード
シネストロ:マーク・ストロング
アマンダ・ウォラー博士:アンジェラ・バセット
ロバート・ハモンド上院議員:ティム・ロビンス
アビン・サー:テムエラ・モリソン
トーマス・カルマク:タイカ・ワイティティ
カール・フェリス:ジェイ・0・サンダース
マーティン・ジョーダン:ジョン・テニー
トマ・レー:ジェフリー・ラッシュ
キロウォグ:マイケル・クラーク・ダンカン
パララックス:クランシー・ブラウン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 114分
公開
北米:2011年6月17日
日本:2011年9月10日
製作費 $200,000,000
北米興行収入 $116,601,170
世界 $219,851,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
数十億年前、不死身の種族が宇宙最強の力”グリーンの意志の力”を入手した。

彼らは宇宙の“ガーディアン”として宇宙を監視し、拠点を惑星”オア”に築いた。

全宇宙を3600のセクターに分割し、”グリーンの意志の力”を帯びたリングが、各セクターでメンバーを選んだ。

リングに選ばれる者は勇者であり、その3600人が、宇宙の平和維持軍”グリーン・ランタン”だった。

最大の敵は”パララックス”で、伝説の戦士アビン・サーは宿敵を捕らえ、無人惑星”ライウット”に閉じ込めた。

しかし、パララックスは、封印を破りライウットを脱出して復讐を開始する。
__________

6ヶ月後、セクター2814。
アビン・サー(テムエラ・モリソン)はパララックス(クランシー・ブラウン)に襲われて負傷し、近くの星で新たなメンバーを選ぼうとする。

地球。
”フェリス”社製の人工知能を持つ最新鋭戦闘機”セイバー3”の実験飛行で、それを追撃する役目のテスト・パイロット、ハル・ジョーダン(ライアン・レイノルズ)は、飛行中に同僚のキャロル・フェリス(ブレイク・ライヴリー)を囮に使う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
宇宙の調和を保っていた、平和維持軍の”グリーン・ランタン”である、伝説の戦士アビン・サーは、宿敵パララックスを捕らえ無人惑星”ライウット”に閉じ込める。
しかし、パララックスは、アビン・サーに襲い掛かり脱出する。
負傷したアビン・サーは、近くの星、地球で、新たなメンバーを”リング”のパワーで探そうとする。
テスト・パイロット、ハル・ジョーダンがそれに選ばれ、アビン・サーは、栄誉と責任ある役目を受ける誓いを立てるよう彼に伝え息を引き取る。
ジョーダンはグリーン・ランタンの拠点である惑星オアに向かい、トマ・レーから”意志の力”を学び教官キロウォグに鍛えられる。
しかし、最強戦士シネストロは、弱点の”恐怖”を克服できないジョーダンが、アビン・サーの後継者に選ばれたことを疑問を思う。
不安を抱えながら地球に戻ったジョーダンは、幼い頃から心を通わせる、軍需産業の時期社長キャロルに、自分が”リング”に選ばれた理由が分からないことを伝える。
その頃、アビン・サーの遺体を調べた生物学者ハモンドは、パララックスに操られながら、ジョーダンの命を狙おうとする・・・。
__________

製作費2億ドル、驚異の映像と派手なアクション、そして、オールスター・キャスト、さらには「カジノ・ロワイヤル」(2006)などのベテランのマーティン・キャンベルの演出ということで大いに話題になった作品。

しかし、そのどれをとっても、平凡の域を脱することのない、ストーリー他にそれほど斬新さもない作品で、期待外れと言わざるを得ない内容はやや残念だ。

クリス・パインサム・ワーシントン、どちらかの主演で企画されていた作品だが、その他ブラッドレイ・クーパージャレッド・レトジャスティン・ティンバーレイクを含めた人選で、ライアン・レイノルズに決まった主演はまずまずではあるが、素顔で演じない、期待のマーク・ストロングジェフリー・ラッシュ(声)ら実力派の役柄は、ファンにとって今一満足できない。

DCコミック・ファン及び観客、批評家の評価も低く、北米興行収入は約1億1700万ドル、全世界で約2億2000万ドルで、普通の作品ならばヒットと言えるところだが、前記のように、製作費をようやく回収できた程度では成功したとは言えない。

間違いなく続編ができるという終わり方をするのだが、それが実現するのだろうか・・・?

優秀なパイロットとしての資質を持つやんちゃ坊主といった感じの主人公ライアン・レイノルズ、その恋人的な、軍需産業の跡取りブレイク・ライヴリー、パララックス(クランシー・ブラウン/声)に操られる生物学者ピーター・サースガード、その父親で上院議員のティム・ロビンス、グリーン・ランタン最強戦士のマーク・ストロング、政府機関の科学者アンジェラ・バセット、グリーン・ランタンの伝説の戦士テムエラ・モリソン、主人公の親友の科学者タイカ・ワイティティ、軍需産業社長ジェイ・0・サンダース、主人公の父ジョン・テニー、声の出演でグリーン・ランタンのジェフリー・ラッシュマイケル・クラーク・ダンカンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020