4134 Movies

グレース・オブ・モナコ Grace of Monaco (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハリウッドのトップ女優からモナコ大公妃となったグレース・ケリーの苦悩と、国家の危機に立ち向かう姿を描く、監督オリヴィエ・ダアン、主演ニコール・キッドマンティム・ロスフランク・ランジェラパーカー・ポージー他共演の実録ドラマ。


ドラマ

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:オリヴィエ・ダアン

製作
ピエランジュ・ル・ポギャム
ウダイ・チョプラ
アラッシュ・アメル
製作総指揮
クローディア・ブルーエンヒューバー
ユータ・フレデバイル
ビル・ジョンソン
ジョナサン・ライマン
ジム・サイベル
脚本:アラッシュ・アメル
撮影:エリック・ゴーティエ
編集:オリヴィエ・ガジャン
音楽:クリストファー・ガニング

出演
グレース・ケリーニコール・キッドマン
レーニエ3世ティム・ロス
フランシス・タッカー神父:フランク・ランジェラ
マッジ・ティヴィ=フォコン:パーカー・ポージー
ルパート・アレン:マイロ・ヴィンティミリア
フェルナンド・デリエール伯爵:デレク・ジャコビ
マリア・カラスパス・ベガ
アントワネット公女ジェラルディン・ソマーヴィル
アリストテレス・オナシスロバート・リンゼイ
ジャン=シャルル・レイ:ニコラス・ファレル
アルフレッド・ヒッチコックロジャー・アシュトン=グリフィス
バチオッキ伯爵夫人:ジャンヌ・バリバール
ドラヴェンヌ:イヴ・ジャック
エミール・ペレティエオリヴィエ・ラブルダン
シャルル・ド・ゴールアンドレ・ペンヴルン
ロバート・マクナマラ・アメリカ合衆国国防長官:フィリップ・ダレンシー

フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア/スイス 映画
配給
ワインスタイン・カンパニー(北米)
Gaumont Film Company(フランス)
20014年製作 103分
公開
フランス:2014年5月14日
ベルギー:2014年5月21日
イタリア:2014年5月15日
北米:2015年5月25日
日本:2014年10月18日
製作費 $30,000,000
世界 $26,576,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1956年、ハリウッド
上流社会」の撮影を終えた女優グレース・ケリーニコール・キッドマン)は、モナコレーニエ3世大公(ティム・ロス)との結婚を控えていた。

グレースは、家族と共に豪華客船で出航する。

1961年12月、モナコ
現地を訪れた映画監督アルフレッド・ヒッチコックロジャー・アシュトン=グリフィス)は、宮殿でグレースの側近マッジ・ティヴィ=フォコン(パーカー・ポージー)に迎えられる。

ヒッチコックと再会したグレースは、企画中の映画「マーニー」の脚本を渡される。

ギリシャの海運王アリストテレス・オナシスロバート・リンゼイ)の船で行われたパーティーに出席していたレーニエは、オナシスの愛人であるソプラノ歌手マリア・カラスパス・ベガ)に案内されて現れたグレースを迎える。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1956年、ハリウッドのトップ女優グレース・ケリーは、モナコレーニエ3世大公と結婚する。
1961年、宮殿を訪れた映画監督アルフレッド・ヒッチコックは、企画中の映画「マーニー」の脚本をグレースに渡す。
世界が注目した誰もが羨む結婚生活だったが、その後のグレースは、自由な発言も許されず孤立していたため、ハリウッドへの復帰を考える。
1962年、フランスは、長引くアルジェリア戦争の戦費を調達するため、モナコに対し徴税と税金の支払い義務を一方的に突きつける。
レーニエはそれに反発し、ヨーロッパ各国に支援を求めようとする。
その間、グレースの女優復帰が騒動となってしまい、彼女はモナコを離れることも考えるのだが、それは家族を捨てることを意味した。
苦悩するグレースは、大公妃として国や家族を支えるか、女優の道を選ぶか選択を迫られる・・・。
__________

人気絶頂でハリウッドを去りモナコの大公妃となったグレース・ケリーの女優復帰問題と、フランスによる圧力に抵抗するモナコの当時の実情を描いたドラマ。

グレース・ケリーの女優復帰が主なテーマで進む序盤から、国家の存亡の問題にそれを絡めていく展開となり、国を捨てる覚悟もあった主人公が思い止まり、国家や大公、そして家族を守り支えるために闘う姿を淡々と描いた作品。

トップ・スターのニコール・キッドマンが、ハリウッド史上に残る女優グレース・ケリーを、どのように演ずるかが注目された作品。

映画ファンならどなたもご存じであるグレース・ケリーを演じれるのは、ニコール・キッドマンくらいしかいないと言えばそれまでなのだが、残念ながら、ニコール・キッドマンが”彼女自身”を演じているようにしか見えない。

美貌もそれなりの雰囲気もグレース・ケリー風ではあるのだが、ファッション関係のコマーシャルに出演しているニコール・キッドマンを見ているだけのような、オリヴィエ・ダアンの深みのない平面的な演出やニコール・キッドマンの演技も、今一、精彩を欠く。

豪華スター競演の話題作なのだが、北米ではテレビ放映しかされなかったという冷遇振りで、興行収入は世界でも約2700万ドルに終わり、製作費の3000万ドルを回収できなかった。

美しさの極みということだけは認めたいグレース・ケリーを演ずるニコール・キッドマン、本人を真似する必要もないが、その雰囲気ではないのが残念なレーニエ3世ティム・ロス、主人公の後見人である神父のフランク・ランジェラ、スパイを疑われる主人公の側近パーカー・ポージーハリウッドPR担当者マイロ・ヴィンティミリア、主人公の教育係となる伯爵デレク・ジャコビマリア・カラスパス・ベガ、国を裏切る大公の姉アントワネット公女ジェラルディン・ソマーヴィル、その夫ニコラス・ファレル、大公の友人でもあるギリシャの海運王アリストテレス・オナシスロバート・リンゼイアルフレッド・ヒッチコックロジャー・アシュトン=グリフィス、主人公に協力する伯爵夫人のジャンヌ・バリバール、内務大臣のイヴ・ジャック、国務大臣エミール・ペレティエオリヴィエ・ラブルダンフランス大統領シャルル・ド・ゴールアンドレ・ペンヴルンロバート・マクナマラ・アメリカ国防長官のフィリップ・ダレンシーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020