4350 Movies

二世部隊 Go for Broke! (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦中に歴史に残る戦果を挙げたアメリカ陸軍の日系人部隊”第442連隊戦闘団”の活躍を描く、監督、脚本ロバート・ピロッシュ、主演ヴァン・ジョンソンレイン・ナカノ他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ピロッシュ
製作:ドア・シャリー
脚本:ロバート・ピロッシュ
撮影:ポール・ヴォーゲル
編集:ジェームズ・E・ニューカム

音楽:アルベルト・コロンボ

出演
マイケル・グレイソン少尉:ヴァン・ジョンソン
サム:レイン・ナカノ
チック:ジョージ・ミキ
フランク:アキラ・フクナガ
タカシ・オオハラ:ヘンリー・オヤサト
トミー・カマクラ:ヘンリー・ナカムラ
ロジーナ:ジャンナ・マリア・カナーレ

チャールズ・W・ペンス大佐:ワーナー・アンダーソン
ソラリ大尉:ダン・リス
ウィルソン・I・カリー軍曹:ドン・ハガティ

少尉:リチャード・アンダーソン

アメリカ 映画
配給 MGM

1951年製作 92分
公開
北米:1951年5月24日
日本:1951年12月7日
製作費 $1,337,000
北米興行収入 $2,531,000
世界 $3,337,000


アカデミー賞 ■
第24回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年、ミシシッピ州、キャンプ・シェルビー
新任のアメリカ陸軍少尉マイケル・グレイソン(ヴァン・ジョンソン)は、”第442連隊戦闘団”部隊に赴任する。

チャールズ・W・ペンス大佐(ワーナー・アンダーソン)の元に向かったグレイソンは、厳しい訓練になると言われるるものの”第36歩兵師団”への転属を希望する。

師団のあるテキサス出身だと伝えたグレイソンは、その州兵から士官学校に進み、戻れると思っていたことを話す。

そんな理由を認める気のないペンスは、日系人兵士を”ジャップ”と言って軽蔑するグレイソンの考えを非難し、部隊に残るよう命ずる。

中隊長のソラリ大尉(ダン・リス)に歓迎されたグレイソンは、再び日系人を疑うが敵国のスパイなどいないと言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1943年、ミシシッピ州、キャンプ・シェルビー
アメリカ陸軍の日系人部隊”第442連隊戦闘団”に赴任したマイケル・グレイソン少尉は、敵国である日本人に偏見を持ちながら厳しい訓練を続ける。
1944年5月、出兵命令を受けた部隊はイタリア戦線に向い、日系人の優秀な戦い振りと苦楽を共にする内に、グレイソンは彼らとの信頼関係が生まれる。
フランスに移動した部隊は、グレイソンが転属を希望していた”第36歩兵師団”の所属となり、激しい戦いを続ける・・・。
__________

第二次大戦を舞台にした作品は多くあるが、アメリカの敵国である日本からの移住者の二世で組織された”第442連隊戦闘団”を描く作品として非常に興味深い。

アメリカが移住国家のため、大戦時に敵国出身者の兵士はいたのは当然なのだが、本作では見分けがつけにくい欧米人に比べ、容姿が一目で分かる日本人への偏見が重点に描かれている。

体力的には劣るが、日本人がいかに優秀であったかが確認できる作品でもある。
アメリカ軍事史上で最も多くの勲章を授与された部隊だったことを考えると、アメリカの誇りでもある兵士達の活躍は、敵国とは言え日本人として尊敬さえ感じる。

本作はアメリカ本国でも多くの人々に受け入れられ、興行収入は約250万ドルという、当時としては大ヒットを記録した。

第24回アカデミー賞では、脚本賞にノミネートされた。

主演のヴァン・ジョンソンは、当初は敵国の日本及びその二世に対し嫌悪の眼差しで接しながら、次第に彼らと心触れ合い小隊を率いることを誇りに思うようになる士官を熱演する。

大戦中、実際に陸軍に志願し第442連隊に配属された軍曹役のレイン・ナカノ、兵士ジョージ・ミキ、アキラ・フクナガ、ヘンリー・オヤサト、ヘンリー・ナカムラ、主人公がイタリアで出会う女性ジャンナ・マリア・カナーレ、司令官ワーナー・アンダーソン、大尉ダン・リス、日本人を嫌う軍曹ドン・ハガティ、少尉リチャード・アンダーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020