4213 Movies

オー!マイ・ゴースト Ghost Town (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人間嫌いの歯科医が、ひょんなことから現世に未練のある幽霊が見えるようになり、ある幽霊の男のために奔走する姿を描く、監督、脚本デヴィッド・コープ、主演リッキー・ジャーヴェイスティア・レオーニグレッグ・キニアビリー・キャンベルクリステン・ウィグ他共演のヒューマン・ファンタジー・コメディ。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・コープ
製作:ギャヴィン・ポローン
脚本
デヴィッド・コープ

ジョン・カンプス
撮影:フレッド・マーフィ
編集:サム・シーグ
音楽:ジェフ・ザネリ

出演
バートラム・ピンカス:リッキー・ジャーヴェイス

グウェン・ハーリヒー:ティア・レオーニ
フランク・ハーリヒー:グレッグ・キニア
リチャード:ビリー・キャンベル
外科医:クリステン・ウィグ
マージョリー・ピックソール:ダナ・アイヴィ
ジャハンギール・プラッシャール医師:アーシフ・マンドヴィ

アメリカ 映画
配給
ドリームワークス

スパイグラス・エンターテインメント
パラマウント・ピクチャーズ
2008年製作 102分
公開
北米:2008年9月19日
日本:未公開
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $13,214,030
世界 $27,074,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
街角を歩いていたフランク・ハーリヒー(グレッグ・キニア)は、頭上から落下してきたクーラーを避けるが、バスに轢かれ死亡する。

神経質で几帳面、さらに人間不信の歯科医バートラム・ピンカス(リッキー・ジャーヴェイス)は、子供が産まれた同僚医師のジャハンギール・プラッシャール(アーシフ・マンドヴィ)に、その祝いに誘われるが、 逃げるように帰宅してしまう。

大腸内視鏡検査を受けたバートラムは、病院から出た後に、”自分達が見えるのか?” と聞かれ、何人もの人々に後を追われる。

担当医(クリステン・ウィグ)に相談に行ったバートラムは、実は麻酔が効いている最中、7分間の臨死状態になったことを知らされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
歯科医バートラム・ピンカスは、神経質で人間不信だった。
ある日バートラムは、麻酔で臨床体験をしてしまったのをきっかけに、幽霊が見えるようになってしまう。
それを知った幽霊フランクは、バートラムの協力で、妻グウェンの再婚を阻止しようとする。
フランクは、まとわりつく幽霊から解放してあげる代わりに、グエンの再婚を阻止する協力をバートラムに求める。
そして、グウェンをバートラムになびかせようと考えるフランクだった。
やがて、人間嫌いだったバートラムは、次第にグウェンに心惹かれるようになってしまう・・・。
____________

商業的に成功した作品ではないが、魅力的なキャストにも拘らず、日本では劇場未公開に終わった。

三流映画を連想させる邦題で、見る機会を失っている方も多いはずなのが残念だ。

イギリスの人気コメディアン、リッキー・ジャーヴェイス主演の快心作と言っていい作品で、スターらしからぬ、どこにでもいそうな、素朴な外見から漂う彼の雰囲気に、なんともしれない人を引き付ける魅力を感じる、玄人好みのする素晴らしい俳優だ。

”普通”(人間不信ではあるが)なのに実に新鮮、その不思議な人物像が、ファンタジックな内容とジャストフィットしていて、今後も彼の出演作であれば、是非観たいという、そんな気にさせてくれる。

監督は、脚本家として多くの話題作を手がけるデヴィッド・コープで、人間性や人の優しさなどもきっちり描き、ツボを押さえた演出も実にいい。

脇役に徹するグレッグ・キニアの、メリハリの効いた演技も見もので、ティア・レオーニの役柄も、彼女のキャラクターに見事にマッチしている。

彼女のフィアンセで人権派の弁護士役ビリー・キャンベル、外科医クリステン・ウィグ、娘と不仲の内に亡くなりそれを悔やむ幽霊ダナ・アイヴィ、主人公の同僚医師アーシフ・マンドヴィなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020