4551 Movies

ゲッタウェイ スーパースネーク Getaway (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻を誘拐された元レーサーが、謎の男の指示に従いながら陰謀に立ち向かう姿を描く、製作総指揮ジョエル・シルヴァー、製作、監督コートニー・ソロモン、主演イーサン・ホークセレーナ・ゴメスジョン・ヴォイト他共演のサスペンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:コートニー・ソロモン

製作
コートニー・ソロモン
アラン・ゼマン
モシュ・ディアマント
クリストファー・ミルバーン
製作総指揮
ジュリアス・R・ナッソー
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
ロバート・ジョーンズ
ボビー・ランゲロフ
デニス・L・ペリーノ
クローディア・ブリュームフーバー
イアン・ハッチンソン
ジョエル・シルヴァー
スティーヴ・リチャーズ
脚本
ショーン・フィネガン
グレッグ・マクスウェル・パーカー
撮影:ヤロン・レヴィ
編集:ライアン・デュフレヌ
音楽:ジャスティン・バーネット

出演
ブレント・マグナ:イーサン・ホーク
キッド:セレーナ・ゴメス
ボイズ:ジョン・ヴォイト
リアン・マグナ:レベッカ・バディグ
男:ポール・フリーマン
男:ブルース・ペイン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2013年製作 90分
公開
北米:2013年8月30日
日本:2014年9月20日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $10,501,940


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
クリスマス・シーズン、ブルガリアソフィア
帰宅した元レーサーのブレント・マグナ(イーサン・ホーク)は、家の中が荒らされ妻リアン(レベッカ・バディグ)の姿が見えないことに気づく。

非通知の電話を受けたマグナは、午後4時にビターシャの駐車場に行くようにという指示を男/ボイス(ジョン・ヴォイト)から受ける。

”P2”に特別な車”シェルビー・マスタングGT500”があると言われ、車内外のカメラで監視するそれに乗って、マグナは丘の上に行くよう指示される。

妻を救いたければ命令通りに行動しろと言われたマグナは、警察に通報または逮捕された場合は、彼女は死ぬと言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
クリスマス・シーズン、ブルガリアソフィア
帰宅した元レーサーのブレント・マグナは、家の中が荒らされ妻リアンの姿が見えないことに気づく。
謎の男/ボイスから電話を受けたマグナは、リアンが誘拐されたことを知り、駐車場にある”シェルビー・マスタングGT500”に乗り指示通りに行動しなければ妻を殺すと言われる。
ボイスの指示通りに街中を暴走するマグナは、銃を持った少女/キッドに銃を向けられるものの、それを奪う。
キッドがシェルビーの持ち主だと知ったマグナは、次第にエスカレートしていくボイスの指示に翻弄され、彼の目的を探りながら行動するのだが・・・。
__________

本作は、主人公が運転することになる、”シェルビー・マスタングGT500”などの生みの親、元レーサーであるカーデザイナーのキャロル・シェルビー(1923-2012)に捧げられた作品で、エンドロールの終わりにそれが明記される。

アメリカ国内を舞台にしたハリウッド作品であれば見慣れたアクションとも言えるのだが、東欧の古都、ブルガリアの首都ソフィアを舞台にしているところががポイント。

その街並みや風景などが新鮮で、CGなどを使わない実写の、狭い路地などでのド派手なカーアクションは見応えがある。

しかし、ワーナー・ブラザーズの配給で北米拡大公開されたものの、期待を裏切り評価は低く、興行的には失敗に終わった作品。

作費 $18,000,000
北米興行収入 $10,501,940

スーパーマン的ではない主人公の元レーサーを演ずるイーサン・ホークは、人間味を感じさせるいい役柄を熱演しているが、彼に協力することになるシェルビーの持ち主である少女セレーナ・ゴメスが、人並み外れたテクノロジーの知識を発揮する設定などにやや無理があり、ご都合主義的なところが気になる。

主人公と少女に指示を与える謎の男で、ラストでしか表情が映らないジョン・ヴォイト、主人公の妻レベッカ・バディグ、謎の男の影武者的なポール・フリーマン、謎の男の部下ブルース・ペインなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021