4213 Movies

ファニー・ガール Funny Girl (1968)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

大興行主フローレンツ・ジークフェルドJr.に見出され、ブロードウェイで活躍した実在のコメディアンヌであり歌手のファニー・ブライスの自伝的作品。
製作レイ・スターク、監督ウィリアム・ワイラーハーバート・ロス(ミュージカル・ナンバー)、主演のバーブラ・ストライサンドアカデミー主演賞を受賞、オマー・シャリフウォルター・ピジョンアン・フランシス他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督
ウィリアム・ワイラー

ハーバート・ロス(ミュージカル・ナンバー)
製作:レイ・スターク

脚本:イソベル・レナート
撮影:ハリー・ストラドリング
編集
モーリー・ワイントローブ

ウィリアム・サンズ
音楽
ジュール・スタイン

ボブ・メリル

出演
バーブラ・ストライサンドファニー・ブライス

オマー・シャリフニック・アーンステイン
ウォルター・ピジョンフローレンツ・ジークフェルドJr.
アン・フランシス:ジョージア・ジェームズ
ケイ・メドフォード:ローズ・ブライス
ジェラルド・モア:トム・ブランカ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1968年製作 154分
公開
北米:1968年9月19日
日本:1969年2月1日
製作費 $14,100,000
北米興行収入 $58,500,000


アカデミー賞 ■
第41回アカデミー賞
・受賞
主演女優賞(バーブラ・ストライサンド)
・ノミネート
作品
助演女優(ケイ・メドフォード)
編集・撮影・歌曲
ミュージカル音楽・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークブロードウェイジークフェルド・フォリーズ
主演スター、ファニー・ブライス(バーブラ・ストライサンド)は、早めに劇場に現れ、ステージを前に思い出に耽る・・・。
__________

ダンサーを目指すファニーは、やせ細った手足に大きな鼻が特徴の快活な女性だったが、 舞台の仕事には付けずにいた。

何とか余興程度の役をもらったファニーは失態をしてしまうが、それが観客を喜ばせ、アンコールの独唱で大喝采を受ける。

ギャンブラーのニック・アーンステイン(オマー・シャリフ)は、ファニーが気に入り接近する。

アーンステインは、ギャンブラーらしく彼女の才能を劇場主に高く売ることに成功する。

そんなある日、ファニーに、ブロードウェイの大興行主であるフローレンツ・ジークフェルドJr.(ウォルター・ピジョン)からの電報が届く。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ダンサーを目指すファニー・ブライスは、ある日、小さな役で失態をしてしまうが、それが受けて大喝采を浴びる。
やがて、役がついてステージをこなしていたファニーは、ギャンブラーのニック・アーンステインと知り合う。
ブロードウェイの興行主フローレンツ・ジークフェルドJr.に気に入られたファニーは、彼のステージに立つことになる。
神のような存在である、ジークフェルドの指示を無視してステージをこなしたファニーだったが、それも観客に受けて、彼を納得させてしまう。
スターとなったファニーに、アーンステインは再び接近するものの、予定に縛られたくない彼は旅立ってしまう。
しかし、巡業先で再会した二人は愛を深め、ファニーは休業を決意してアーンステインとの生活を選ぶ。
そして、アーンステインはギャンブラーとしての運を手に入れ、ファニーとの優雅な生活を始めるのだが・・・。
__________

1964年にブロードウェイで初演された同名ミュージカルのオリジナル・キャストであり、歌手として既にグラミー賞も獲得していたバーブラ・ストライサンドの当り役で、映画デビューの彼女は本作でいきなりでアカデミー主演賞も受賞した。

しかし、製作者レイ・スタークの妻だったファニー・ブライスの娘は、バーブラ・ストライサンドの主演に反対したという裏話もある。

1975年には続編的な作品「ファニー・レディ」が、本作でミュージカル・ナンバーを監督したハーバート・ロスの監督で製作された。

周囲を圧倒するオーラを放つ、バーブラ・ストライサンドの魅力を最大限に活かしたウィリアム・ワイラーの力感溢れる演出は見応え十分だ。
ドラマ部分を演出したウィリアム・ワイラーの、実質的には最後の名作と言っていい作品でもある。

第41回アカデミー賞では8部門でノミネートされたが、バーブラ・ストライサンドの主演賞のみの受賞に終わった。
・ノミネート
作品
助演女優(ケイ・メドフォード)
編集・撮影・歌曲・ミュージカル音楽・録音賞

ジュール・スタイン作曲、ボブ・メリル作詞のナンバーは16曲が用意され、舞台からのオリジナル曲も7曲含まれている。

20代半ばにして、その存在感と歌唱力に圧倒されるバーブラ・ストライサンドの、文字通りワンマンショー的な作品でもある。

ギャンブラーのニック・アーンステインを演ずるオマー・シャリフは、完全に堕落してしまう男には描かれず、終始プライドを持った紳士を好演している。

ミニヴァー夫人」(1942)てウィリアム・ワイラーと組んだウォルター・ピジョンが、大興行主フローレンツ・ジークフェルドJr.を、ファニーの女優仲間役でアン・フランシス、母親役でアカデミー助演賞にノミネートされたケイ・メドフォードアーンステインを助けようとする賭博場の経営者ジェラルド・モア等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020